「ティラノスクリプト」製ゲームで3Dモデルが動く。VRMファイルを扱えるプラグイン『VRoid plugin for TyranoScript』が無料で公開

2024.03.12
ニュース
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • ノベルゲーム開発ツール「ティラノスクリプト」で、VRMファイルが使えるようになるプラグイン『VRoid plugin for TyranoScript』が公開
  • 400種類以上のポーズデータを収録。ポーズ・表情などの変化はイージング関数によって自然な動きを表現
  • ブラウザ上で動くデモも公開されている

ノベルゲーム開発ツール「ティラノスクリプト」用のプラグインとして、VRMファイルを扱えるようになる『VRoid plugin for TyranoScript』公開されました。開発者はねこの氏。

「ティラノスクリプト」は、シケモクMK氏が開発しているノベルゲーム開発用ツールです。HTML5で動作し、PCやスマートフォン、ブラウザなど、さまざまな環境で動作します。

今回公開された『VRoid plugin for TyranoScript』は、ティラノスクリプト内で、VRoidなどで使われるVRMファイルを扱えるようにするプラグインです。

本プラグインの概要は、以下の通りです。

  • VRM0.x 及び VRM1.0に対応
  • 400種類以上のポーズデータを収録
  • ポーズや表情などの変化をイージング関数による自然な動きや、特徴のある動作で変更可能
  • VRMアニメーション(.vrmaファイル)や、Adobe Mixamoで作成可能なFBXファイルによるアニメーションの再生に対応
  • ライトや風発生機能を使ったエモい演出
  • 動作環境によって自動的にパフォーマンスチューニングする機能(スマホ環境だと低負荷に自動設定。手動設定による切り替えも可)
  • ティラノスタジオ内で、表情データの作成、カメラワークの確認、高解像度でのVRoid画像の撮影など開発機能も充実

また、ブラウザ上で動作するデモも公開中

プラグインに配布されているファイルには、動作デモに使用しているものと同じシナリオデータがサンプルとして同梱されています。少しの書き換えで、任意のモデルを動作させることを可能としています。

動作デモのメニュー画面(画像はnoteより引用)

本プラグインの制作者は、本プラグインを用いて1つのゲームを完成させているため、その過程で追加された命令や、開発をサポートする機能なども揃っているとのことです。

詳細は、こちらをご確認ください。

ティラノスクリプト向けVRoidプラグイン「ティラノスクリプト」 公式サイト

関連記事

インディーゲームの大規模テストプレイプラットフォーム「G.Round」の日本語対応が進行中。日本からのテストプレイヤーやデベロッパーを募集
2024.07.12
Godot Engineを採用した「RPG Maker」シリーズ最新の2Dアクションゲーム制作ツール『ACTION GAME MAKER』が、2025年リリースを目指し開発中
2024.07.12
エピック ゲームズ ジャパンによる講演も行われた「第2回 Unreal Engine KYUSHU LT会 in 鹿児島」、アーカイブ動画および一部のスライド資料が公開
2024.07.11
ゲームのボイス制作全般を担う新たな分野「ボイスデザイン」とは。Audiokineticのブログで解説記事が公開
2024.07.11
『GGST』『戦場のフーガ2』などを扱ったセッションを期間限定で無料配信。ダイキン工業、CGクリエイター向けイベント開催に先立ち、7/22(月)から4本の動画を配信
2024.07.10
デザインツール「Affinity」シリーズの3製品、6か月無料の試用版を提供開始。各製品のセールも実施中
2024.07.09

注目記事ランキング

2024.07.08 - 2024.07.15
VIEW MORE

連載・特集ピックアップ

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

レベル(Level)
レベル
  1. ゲーム開発において、位置情報を持つオブジェクトが配置されている地形。
  2. RPGなどのゲームにおいて、キャラクターの成長度合いを示す数値。レベルアップなど。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!