フォートナイトとUEFNがv28.20にアップデート。「キーの長押しによるチャージシステムの実装」などを実現する「入力トリガーの仕掛け」が登場

2024.02.08
ニュースクリエイティブモードフォートナイトUEFN
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!

この記事の3行まとめ

  • フォートナイトがv28.20にアップデート
  • プレイヤーの入力を検知できる仕掛けが登場
  • イベントの起動回数を収集できる仕掛けも導入される

2024年2月7日(水)、Epic Gamesフォートナイトv28.20にアップデートしました。

それに伴い、クリエイティブやUnreal Editor For Fortnite(以下、UEFN)においても、さまざまな変更が加えられました。

入力を検知する「入力トリガーの仕掛け」が登場

プレイヤーが特定の入力を開始・終了したときにイベントを送信する仕掛け「入力トリガーの仕掛け」が追加されました。

(画像は公式ドキュメントより引用)

入力トリガーの仕掛けは、射撃しゃがみインタラクトなどに対応した入力を検知できます。これにより、従来では不可能だった「エイム中かどうかの判定」や「キーの長押しによるチャージシステムの実装」などが実現できるようになりました。

検知できる入力の一覧

イベントの起動回数を収集する「分析データの仕掛け」が登場

分析用のイベントを設定し、そのイベントが呼ばれた回数を収集する仕掛け「分析データの仕掛け」が追加されました。

収集されたデータは、クリエイターポータルの「分析データの仕掛け」ダッシュボードから閲覧できます。

「分析データの仕掛け」ダッシュボード(画像は公式サイトより引用)

チェックポイントなどに分析用イベントの送信を紐づけることで、プレイヤーが「どこを難しいと感じているのか」や「どこで離脱しているのか」などを判別できます。

従来よりイベントの起動回数を取得するのに用いられてきた「栄誉の仕掛け」と比べて、分析データの仕掛けにはXPを付与せず、ゲーム上の演出なしにイベントの起動回数を収集できるメリットがあります。

分析データの仕掛けに関する詳細は、公式サイトをご覧ください。

バトルロイヤル チャプター5の武器が利用可能に

バトルロイヤル チャプター5で新たに登場したMOD対応武器9種が、クリエイティブでも使えるようになりました。

これらの武器には、チャプター5から導入された、大容量マガジンやサプレッサーといった「MOD」を使って性能をカスタマイズする新しいシステムに対応しています。

(画像は公式サイトより引用)

併せて、武器のMODを付け替える仕掛け「武器MODベンチ」もクリエイティブに追加されました。

MOD対応武器は、ほかの武器と同様に宝箱や「アイテムスポナー」、「アイテムグランター」を使って生成できます。MODを装着した状態で生成するには、仕掛け「MOD付き武器ケースギャラリー」を用います。

そのほか、今回のアップデートでは、プレイヤーが座れる「イスの仕掛け」や島の設定項目「移動スピードのチューニング」などの新たなコンテンツが追加されています。

アップデートの詳細は公式サイトおよびリリースノートをご確認ください。

フォートナイト エコシステム V28.2028.20 Release Notes

関連記事

フォートナイトとUEFNがv28.30にアップデート。「NPCスポナー」が、スポーン・撃破時のエフェクトや移動速度のカスタマイズに対応
2024.02.26
UEFNで使えるプログラミング言語「Verse」のノウハウが集結。『UEFN.Tokyo 勉強会 03 Verse Night』レポート
2024.02.22
NIKEのAir Maxをテーマにしたフォートナイトの島『Airphoria』、制作に関するチュートリアルが公開
2024.02.15
フォートナイトとUEFNがv28.10にアップデート。UEFNにのみ早期アクセス版としてNPCスポナーの仕掛けが追加
2024.01.24
2023年アドベントカレンダーから、ゲームメーカーズ編集部が注目した16記事を一挙紹介!
2023.12.26
『CGWORLD JAM vol.05』でゲームメーカーズが登壇したセッションのアーカイブ動画が公開!
2023.12.20

注目記事ランキング

2024.02.27 - 2024.03.05
1
『フォートナイト』で動く本格的なゲームが作れるツール「UEFN」とは?従来のクリエイティブモードから進化したポイントを一挙紹介!
2
【CHALLENGE1】「クリエイター ポータル」を使って、UEFNで作成した島を世界中に公開する
3
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
4
UEFNで使えるプログラミング言語「Verse」のノウハウが集結。『UEFN.Tokyo 勉強会 03 Verse Night』レポート
5
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧
6
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.1「アイテム系」
7
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.5「島の設定」
8
フォートナイトとUEFNがv28.30にアップデート。「NPCスポナー」が、スポーン・撃破時のエフェクトや移動速度のカスタマイズに対応
9
【STEP2】UEFNの基本的な使い方を覚えよう
10
【CHALLENGE2-1】フレンドと一緒にゲームを作ろう――UEFNプロジェクトをチームメンバーとリアルタイムで共同編集する
11
【STEP1】「UEFN」を入手しよう
12
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
13
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.4「ゲームシステム系」
14
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part1
15
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.2「ユーティリティ系」
16
フルカラー書籍「UEFN(Unreal Editor For Fortnite)でゲームづくりを始めよう!」、ついに本日発売!全国書店で好評発売中!
17
NIKEのAir Maxをテーマにしたフォートナイトの島『Airphoria』、制作に関するチュートリアルが公開
18
【CHALLENGE3】UEFNの機能「ランドスケープ」を使ってオリジナルの地形を作る
19
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part1
20
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part2
21
『フォートナイト』で建築ビジュアライゼーション!?UEFNでオリジナルの世界観をどう作り上げたか、その手法を解説【UNREAL FEST 2023 TOKYO】
22
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.3「プレイヤー系」
23
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.6「チーム・対戦系」Part1
24
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part2
25
フォートナイトとUEFNがv26.30にアップデート。ロビー画面が一新され、クリエイターが島ごとにロビー背景を自由にカスタムできるように
26
【STEP6-1】「オリジナルキャラクターを登場させよう」――Fabでアセットをダウンロードしよう
27
「UEFN」って実際どうなの? 編集部が3時間で「みんなで遊べるアクションゲーム(?)」を作ってみた
28
【STEP5-1】スタート時のカウントダウンを作る
29
【STEP4-1】コース外に出たらデスする仕組みを作る
30
【STEP4-2】リスポーンとチェックポイントの仕組みを作る
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

レンダリング(Rendering)
レンダリング コンピューターグラフィックスにおける、各種データ(3Dモデルなど)をプログラムを用いて計算し、画像として表示すること。レンダリングを行うプログラムをレンダラー(Renderer)と呼ぶ。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!