テキストからAIでモーションを作成・編集できるUE5用プラグイン『MotionTwin』のベータ版がリリース。AIを使った複数のモーションの滑らかなつなぎ合わせも可能

2024.01.05
ニュースお役立ち情報ツール紹介3DCGAIアニメーションアンリアルエンジン
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • RealTwinがUnreal Engine 5用プラグイン「MotionTwin」ベータ版をリリース
  • テキストを入力することで、AIが自動で指定したモーションを生成する
  • アクションの順序・プロンプト・持続時間を指定して、複数のモーションを滑らかにつなぎ合わせることも可能

RealTwinは2024年1月5日、AIを使ってモーションを生成・編集できるUnreal Engine 5用(以降、Unreal EngineはUEと表記)プラグイン「MotionTwin」のベータ版をリリースしました。

「A person takes a bow(お辞儀をする)」などの入力で、自動でモーションが生成される(画像は公式ページより引用)

MotionTwin」はXRソリューションを提供する企業であるRealTwinによって開発されたUE 5用プラグインです。テキストでアクションの内容を入力することで、AIがモーションを自動で生成します。

生成されたモーションは編集したり他のキャラクターにリターゲットしたりすることが可能です。アクションの順序・プロンプト・持続時間を指定することで、複数のアクションを滑らかにつなぎ合わせることもできます。

さらに、Trajectory Controlを使って、生成するモーションがどちらを向いてどのようなルートでアクションするかも設定できます。

YouTube動画『[MotionTwin] Motion Edit』

YouTube動画『[MotionTwin Beta] Trajectory Control』

「MotionTwin」でモーションを生成・編集するには、1フレームにつき1クレジットが必要です。例えば、30fpsで2秒のモーションを生成・編集する場合、60クレジットを消費します。ベータ参加者には無料の1,500クレジットが配布されます。このクレジットはベータ期間中、毎週更新されます。

現在公開されているベータ版を使うには、公式ページにてアカウント登録が必要です。

UE側にプラグインをインストールした後に、プロジェクト設定画面からMotionTwinのアカウントページに記載されているAPIキーを入力することでプラグインの使用が可能になります。インストール方法や使い方の詳細はドキュメントをご覧ください。

『MotionTwin』 公式ページ『MotionTwin』ドキュメント

関連記事

Unity Technologies、初心者から上級者まで幅広くカバーしたアニメーションの電子書籍を無料で公開。Blenderからのインポート、AIナビゲーションなど解説
2024.06.14
500以上のアニメーションを同梱。UE5.4の「Motion Matching」学習に役立つサンプルプロジェクトをEpic Gamesが無料公開
2024.06.13
Blender4.2 LTSのベータ版がリリース。EEVEEの改善やレンダリングの強化による主要な既存機能の変更をピックアップ
2024.06.12
「Substance 3D Modeler」が1.11にアップデート。シーン内オブジェクトの管理に役立つScene Outlinerや、指定オブジェクトだけエクスポートできる機能が正式に追加
2024.06.12
「Unreal Engine」2024年6月の無料マーケットプレイスコンテンツが公開!バイキングの家をイメージしたアセットや、インベントリを実現するブループリントアセットなど
2024.06.05
Unreal Engine 5.4.2がリリース。「Motion Design」のClonerにおける機能改善や、リターゲットに関する不具合の修正など
2024.06.05

注目記事ランキング

2024.06.08 - 2024.06.15
VIEW MORE

連載・特集ピックアップ

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

レベル(Level)
レベル
  1. ゲーム開発において、位置情報を持つオブジェクトが配置されている地形。
  2. RPGなどのゲームにおいて、キャラクターの成長度合いを示す数値。レベルアップなど。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!