Godot Engineの家庭用ゲーム機対応モジュールの価格プランが公開。1プラットフォーム 800ドル/年(チームごと)から

2023.12.13
ニュースGodot
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!

Godotエンジンのエンタープライズサポートを提供する部門W4 Gamesは、Godot家庭用ゲーム機向けモジュールとサポートについての価格プランを発表しました。

W4 Gamesは、Godotエンジンの家庭用ゲーム機対応も含めたエンタープライズサポートを提供するための受け皿として2022年8月に設立された法人です。Godotは10年の歴史を持つオープンソースのゲームエンジンで、MicrosoftやEpic MegaGrantsの開発資金支援を受けて開発されています。

オープンソースゆえ商用活用についてはサポートに限界があり、これまではGodotを使用した家庭用ゲーム機の展開についても各パブリッシャーや開発者が独自に対応を行っていました。そこでGodot開発者の一人であるJuan Linietsky氏がW4 Gamesを設立し、家庭用ゲーム機対応を有償で行う仕組みが整備されました。W4 Gamesはさらに今月、シリーズAで$1500万の資金調達を行っています。

W4 Games raises $15M to drive video game development inflection with Godot Engine

Godotはオープンソースのゲームエンジンですので、自力でNintendo SwitchやPlayStation 5, Xbox Series X|Sへの対応を行うことももちろん可能ですが、多くの開発リソースが必要になります。W4 Gamesはこれを有償で提供することで、Godotのエコシステムを補完する形になります。

価格プラン

今回発表された価格プランは、対応プラットフォームとゲーム開発のチーム数によって決まります。

Starter Pro Enterprise
開発チームの上限数 8 20 上限なし
1プラットフォーム $800 /年
チームごと
$4,000 / 年
チームごと
カスタム価格
2プラットフォーム $1,500 / 年
チームごと
$7,500 / 年
チームごと
カスタム価格
3プラットフォーム $2,000 / 年
チームごと
$10,000 / 年
チームごと
カスタム価格
パブリッシャーや
移植担当会社からの利用
✖️ ✔️ ✔️
バグ対応 通常 迅速対応 迅速対応
緊急対応 ✖️ オプション オプション

たとえば個人〜8名までのチームでゲーム開発を行い、Nintendo Switchへの移植開発期間を1年で行う場合は800ドル(≒116,542円, 2023/12/12現在)となります。

開発スケジュール

現在Godot用家庭用ゲーム機移植システムは開発中で、Nintendo SwitchとXbox Series X|S向けが2024年第1四半期、PlayStation 5向けが第2四半期の予定とされています。Godotのバージョンは4.2以上になります。また、C#での開発が完全サポートされるとのことです。その他のFAQについては、公式のアナウンスをご確認ください。

現在、アーリーアクセスの募集を行っています。いまGodotでゲーム開発をされている方で家庭用ゲーム機の展開を考えている場合は、申し込んでみてはいかがでしょうか。

W4 Gamesの公式アナウンスはこちら

W4 Games Announces Pricing Model for Console Ports

本記事はIndieGamesJp.devとのメディア提携により掲載しています。

元記事URL:https://indiegamesjp.dev/?p=8791

関連記事

オープンソースのゲームエンジン『Godot 4.2』アップデート。GDExtensionのホットリロードに対応したほか、AMDのアップスケーリング技術「FSR 2.2」をサポート
2023.12.01
Unreal EngineやUnity、Godot Engineなどのアドベントカレンダーも。Qiitaによる2023年版の記事投稿イベントが開催
2023.11.01
Godot Engineの学び方からコントリビューターの心構えまで4講演。『Godot勉強会 #1』のスライド資料が公開
2023.10.27
「Godot Engine」、最新バージョン『Godot 4.2』のベータ版がリリース。CPUパーティクルをGPUパーティクルへ変換する機能が導入
2023.10.24
「第2回GYAAR Studio インディーゲームコンテスト」の受賞15作品が発表。プラチナ賞は、悪徳商人からオタカラを盗むアイテム収集アクションゲーム『BANDIT KNIGHT』が受賞
2024.03.04
「シリアスゲーム」の成り立ちから開発方法、課題や展望まで事例を交えて解説。コロナ社がシリアスゲーム入門書籍を発売
2024.03.04

注目記事ランキング

2024.02.27 - 2024.03.05
1
『フォートナイト』で動く本格的なゲームが作れるツール「UEFN」とは?従来のクリエイティブモードから進化したポイントを一挙紹介!
2
【CHALLENGE1】「クリエイター ポータル」を使って、UEFNで作成した島を世界中に公開する
3
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
4
UEFNで使えるプログラミング言語「Verse」のノウハウが集結。『UEFN.Tokyo 勉強会 03 Verse Night』レポート
5
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧
6
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.1「アイテム系」
7
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.5「島の設定」
8
フォートナイトとUEFNがv28.30にアップデート。「NPCスポナー」が、スポーン・撃破時のエフェクトや移動速度のカスタマイズに対応
9
【STEP2】UEFNの基本的な使い方を覚えよう
10
【CHALLENGE2-1】フレンドと一緒にゲームを作ろう――UEFNプロジェクトをチームメンバーとリアルタイムで共同編集する
11
【STEP1】「UEFN」を入手しよう
12
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
13
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.4「ゲームシステム系」
14
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part1
15
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.2「ユーティリティ系」
16
フルカラー書籍「UEFN(Unreal Editor For Fortnite)でゲームづくりを始めよう!」、ついに本日発売!全国書店で好評発売中!
17
NIKEのAir Maxをテーマにしたフォートナイトの島『Airphoria』、制作に関するチュートリアルが公開
18
【CHALLENGE3】UEFNの機能「ランドスケープ」を使ってオリジナルの地形を作る
19
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part1
20
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part2
21
『フォートナイト』で建築ビジュアライゼーション!?UEFNでオリジナルの世界観をどう作り上げたか、その手法を解説【UNREAL FEST 2023 TOKYO】
22
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.3「プレイヤー系」
23
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.6「チーム・対戦系」Part1
24
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part2
25
フォートナイトとUEFNがv26.30にアップデート。ロビー画面が一新され、クリエイターが島ごとにロビー背景を自由にカスタムできるように
26
【STEP6-1】「オリジナルキャラクターを登場させよう」――Fabでアセットをダウンロードしよう
27
「UEFN」って実際どうなの? 編集部が3時間で「みんなで遊べるアクションゲーム(?)」を作ってみた
28
【STEP5-1】スタート時のカウントダウンを作る
29
【STEP4-1】コース外に出たらデスする仕組みを作る
30
【STEP4-2】リスポーンとチェックポイントの仕組みを作る
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

レンダリング(Rendering)
レンダリング コンピューターグラフィックスにおける、各種データ(3Dモデルなど)をプログラムを用いて計算し、画像として表示すること。レンダリングを行うプログラムをレンダラー(Renderer)と呼ぶ。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!