3Dスキャンアプリを提供するLuma AI、3D Gaussian Splatting対応のライブラリ「Luma WebGL Library」を公開。Three.jsやReact-Three-Fiberと連携して使用可能

2023.12.08
ニュース
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!

この記事の3行まとめ

  • Luma AI、Three.jsやReact-Three-Fiberなどと連携できるWebGLライブラリ「Luma WebGL Library」を公開
  • 3D Gaussian Splatting用のライブラリで、高品質な3DモデルをWeb上で表示できる
  • エフェクトの追加や背景の削除も可能としている

Luma AIは2023年12月7日(木)、3D Gaussian Splatting(※)に対応したWebGLライブラリ「Luma WebGL Library」を公開しました。

※ 2023年8月に発表された3DCG技術。静止画をベースに3Dモデルを生成可能で、生成精度の高さに対して高速にレンダリングできる点などを特徴としている

Luma AIは、iOS向け3Dスキャンアプリ『Luma AI』を提供しています。

機械学習モデル「NeRF」を利用した3Dモデル生成のほか、2023年10月には3D Gaussian Splattingにも対応しており、スマートフォンを用いて手軽にフォトリアルな3Dモデルを生成できます。

また、生成したオブジェクトはプラグインを用いることでUnreal Engine 5へインポートできます。

関連記事
NeRFを利用した3Dスキャンアプリ『Luma AI』、UE5向けプラグイン『Luma Unreal Engine Plugin』Version 0.3をリリース
2023.07.26

このたび公開された「Luma WebGL Library」は、Webブラウザ上で3DCGを描画する「Three.js」や、Three.jsを「React」と統合する「React-Three-Fiber」と連携するWebGLライブラリです。

3D Gaussian Splattingにも対応しており、Luma WebGL Libraryを活用することでフォトリアルかつインタラクティブな3DモデルをWeb上に公開できます。

(画像は公式Xより引用)

3Dシーンはレイヤー化が可能。背景とモデルを分割して処理することで、背景を削除できます。

背景の除去前(左)と背景の除去後(右)の比較(画像は公式ドキュメントより引用)

また、3Dモデルのシェーダーを調整してマテリアルを透過させることも可能です。

エフェクトの追加にも対応しており、空間モデルに霧をかけるなど、幅広い表現ができます。

透過を用いて、球体の外側と内側で描画する景色を変える様子(画像は公式Xより引用)

空間モデルに霧をかけている様子。本来は快晴のモデル(画像は公式Xより引用)

その他、3Dモデルを同一シーン内に複数配置し、片方のみを移動できる表示や、XR機能を有効にし、VR画面として表示することなども可能です。

「Luma WebGL Library」のWebページでは、インストール手順や各機能の説明、デモが用意されています。

詳細は、Webページをご確認ください。

「Luma WebGL Library」Webページ『Luma AI』公式サイト

関連記事

「第2回GYAAR Studio インディーゲームコンテスト」の受賞15作品が発表。プラチナ賞は、悪徳商人からオタカラを盗むアイテム収集アクションゲーム『BANDIT KNIGHT』が受賞
2024.03.04
「シリアスゲーム」の成り立ちから開発方法、課題や展望まで事例を交えて解説。コロナ社がシリアスゲーム入門書籍を発売
2024.03.04
Unity上でFBXからインポートした3Dモデルを、参照を残したままPrefab化する方法を紹介。「COYOTE 3DCG STUDIO」の技術ブログで解説記事が公開
2024.03.04
Adobe、USDファイルをFBXやglTFなど5つのフォーマットに変換できるプラグイン群「USD File Format Plugins」をオープンソースで公開
2024.03.01
SDFを活用した低負荷なアニメ調のシェーディングをUE5で実装。alwei氏が解説記事を公開
2024.03.01
PLATEAU、3D都市モデルを使った位置情報共有ゲームをつくるチュートリアル記事を公開。ゲームの制作から、サーバーの準備、アプリの配信まで詳細に解説
2024.03.01

注目記事ランキング

2024.02.27 - 2024.03.05
1
『フォートナイト』で動く本格的なゲームが作れるツール「UEFN」とは?従来のクリエイティブモードから進化したポイントを一挙紹介!
2
【CHALLENGE1】「クリエイター ポータル」を使って、UEFNで作成した島を世界中に公開する
3
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
4
UEFNで使えるプログラミング言語「Verse」のノウハウが集結。『UEFN.Tokyo 勉強会 03 Verse Night』レポート
5
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧
6
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.1「アイテム系」
7
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.5「島の設定」
8
フォートナイトとUEFNがv28.30にアップデート。「NPCスポナー」が、スポーン・撃破時のエフェクトや移動速度のカスタマイズに対応
9
【STEP2】UEFNの基本的な使い方を覚えよう
10
【CHALLENGE2-1】フレンドと一緒にゲームを作ろう――UEFNプロジェクトをチームメンバーとリアルタイムで共同編集する
11
【STEP1】「UEFN」を入手しよう
12
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
13
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.4「ゲームシステム系」
14
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part1
15
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.2「ユーティリティ系」
16
フルカラー書籍「UEFN(Unreal Editor For Fortnite)でゲームづくりを始めよう!」、ついに本日発売!全国書店で好評発売中!
17
NIKEのAir Maxをテーマにしたフォートナイトの島『Airphoria』、制作に関するチュートリアルが公開
18
【CHALLENGE3】UEFNの機能「ランドスケープ」を使ってオリジナルの地形を作る
19
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part1
20
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part2
21
『フォートナイト』で建築ビジュアライゼーション!?UEFNでオリジナルの世界観をどう作り上げたか、その手法を解説【UNREAL FEST 2023 TOKYO】
22
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.3「プレイヤー系」
23
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.6「チーム・対戦系」Part1
24
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part2
25
フォートナイトとUEFNがv26.30にアップデート。ロビー画面が一新され、クリエイターが島ごとにロビー背景を自由にカスタムできるように
26
【STEP6-1】「オリジナルキャラクターを登場させよう」――Fabでアセットをダウンロードしよう
27
「UEFN」って実際どうなの? 編集部が3時間で「みんなで遊べるアクションゲーム(?)」を作ってみた
28
【STEP5-1】スタート時のカウントダウンを作る
29
【STEP4-1】コース外に出たらデスする仕組みを作る
30
【STEP4-2】リスポーンとチェックポイントの仕組みを作る
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

レンダリング(Rendering)
レンダリング コンピューターグラフィックスにおける、各種データ(3Dモデルなど)をプログラムを用いて計算し、画像として表示すること。レンダリングを行うプログラムをレンダラー(Renderer)と呼ぶ。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!