『War Thunder』開発のGaijin Entertainment、内製ゲームエンジン「Dagor Engine」をオープンソースで公開

2023.11.07
ニュース
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • Gaijin Entertainment、内製ゲームエンジン「Dagor Engine」のソースコードをGitHubで公開
  • 同社開発の『War Thunder』などで使われているゲームエンジン
  • BSD-3 Clauseライセンスのオープンソースとして提供されている

2023年11月2日(現地時間)、Gaijin Entertainmentは内製ゲームエンジン「Dagor Engine」を、オープンソースとしてGitHub上に公開したことを発表しました。

Gaijin Entertainmentはハンガリーに本社を構えるゲーム開発会社で、MMOミリタリーシム『War Thunder』などを開発しています。

「Gaijin Entertainment」ロゴ(画像は『War Thunder』プレスキットより引用)

『War Thunder』スクリーンショット(画像は『War Thunder』プレスキットより引用)

Dagor EngineはGaijin Entertainmentの内製エンジンで、リアルタイム物理エンジンミドルウェア「PhysX」などが組み込まれています。

Before
After

(Dagor Engineは2022年にバージョン6.5へアップデートされた。左は6.5、右は以前のバージョンのもの。画像は『War Thunder』開発者ブログより引用)

公開されたDagor Engineのソースコードは、GitHubにてサンプルとともにダウンロード可能です。BSD-3 Clauseライセンスのオープンソースとして提供されており、商用利用も許可されています。

対応OSはWindows 10以降で、16GB以上のRAM200GB以上のHDD/SSDが必要とのこと。なお、今回公開されたDagor Engineのバージョンは明言されていません。

サンプルのスクリーンショット

Gaijin Entertainmentにとって内製ツールのオープンソース化はDagor Engineが初めてではなく、スクリプト言語「daScript 」「Quirrel」も同様にオープンソースとして公開しています。

同社のニュースリリースによれば、Dagor Engineのオープンソース化は大きなビジョンの一部であり、11月中にその続報を発表するとのこと。

Dagor Engineの詳細はGitHubページを、今回の発表についてはニュースリリースをご確認ください。

「Dagor Engine」 GitHubDagor Engine gone Open Source

関連記事

500以上のアニメーションを同梱。UE5.4の「Motion Matching」学習に役立つサンプルプロジェクトをEpic Gamesが無料公開
2024.06.13
ゲーム業界を目指す学生のCEDEC2024/TGS2024参加をサポート。IGDA日本、「スカラーシッププログラム」参加者を募集中
2024.06.13
株式会社デジタルハーツ 渡辺 栄宏氏による「全開発者におくるデバッグ入門! 個人開発でも使えるQA Tipsや基礎的な考え方をご紹介」のスライドを公開!【ゲームメーカーズ スクランブル2024】
2024.06.13
プロデューサー ディレクター 脚本家 山中拓也氏による「心に残る物語のつくりかた」の講演動画・スライドを公開!【ゲームメーカーズ スクランブル2024】
2024.06.13
Blender4.2 LTSのベータ版がリリース。EEVEEの改善やレンダリングの強化による主要な既存機能の変更をピックアップ
2024.06.12
「Substance 3D Modeler」が1.11にアップデート。シーン内オブジェクトの管理に役立つScene Outlinerや、指定オブジェクトだけエクスポートできる機能が正式に追加
2024.06.12

注目記事ランキング

2024.06.07 - 2024.06.14
VIEW MORE

連載・特集ピックアップ

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

フレームレート(Frame Rate)
フレームレート 1秒あたり何回フレームを表示するかを示す数値。フレームレートの単位のことをFPS(frames per second)と呼ぶ。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!