エントリー期間は6/30(金)午前11時59分まで。インディーゲーム紹介番組『INDIE Live Expo 2023 Summer Spotlight』、出展タイトルの受付を開始

2023.06.21
ニュース
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • インディーゲーム紹介番組『INDIE Live Expo 2023 Summer Spotlight』の出展タイトルを募集
  • 紹介本数は50本程度。一度に紹介する本数や紹介タイミングが調整される
  • エントリー料は無料。2023年6月30日(金)午前11時59分まで受付

INDIE Live Expo実行委員会は、2023年8月1日(火)に放送するインディーゲーム紹介番組『INDIE Live Expo 2023 Summer Spotlight』において、同番組で紹介するゲームタイトルの申し込み受付を開始しました。

『INDIE Live Expo』は、「ゲームへの貢献」をテーマに世界中に最新のインディーゲーム情報を発信する、日本最大級のインディーゲーム紹介番組です。

今回放送される『INDIE Live Expo 2023 Summer Spotlight』は、従来の「なるべく多くの作品を紹介する」コンセプトから離れ、各作品のクオリティをより際立たせるため、各作品に集中することを試みると発表されています。

番組内のコーナー「INDIE Waves」は従来通り15秒動画でゲームタイトルが紹介されますが、より印象を残すため、一度に紹介する本数や紹介タイミングを調整するとのこと。

また、「Streamer Show」という形態で日本ユーザーに向けた長時間番組も放送することが発表されています。

『INDIE Live Expo 2023 Summer Spotlight』への申し込みは、「エントリーフォーム」から行います。

紹介タイトル数は50本程度が予定されており、50件以上の応募があった場合はINDIE Live Expo実行委員会による選考が実施されます。

エントリー料は無料で、原則1団体1タイトルまで応募可能。これまでの『INDIE Live Expo』で紹介されたことがなく、2022年8月2日〜2023年8月1日の間に製品版、早期アクセス版、体験版がリリースされているゲームであることも、今回の応募条件に挙げられています。

エントリー期間は、2023年6月30日(金)午前11時59分まで。7月中旬をめどに審査結果の連絡が届くとのこと。

詳細は、こちらをご確認ください。

世界最大級のインディーゲーム情報番組「INDIE Live Expo 2023 Summer Spotlight」出展タイトル受付開始

関連記事

UEでローカルLLMを実装するプラグイン、「技術書典16」でUE技術書を販売した挑戦の記録など。技術勉強会「UE Tokyo .dev #3」の講演資料が公開
2024.06.19
Niantic、Web上で3D/XRコンテンツを制作できるビジュアルエディター「Niantic Studio」パブリックベータ版を無料リリース。3Dスキャンアプリ「Scaniverse」も更新
2024.06.19
ロジクールで「最もポータブル」を謳うワイヤレスキーボード。最薄部4.3mm、重さ222gの「Keys-to-Go 2」、6/27(木)に発売
2024.06.18
Epic Games、UEとUEFNにおけるオーディオ技術の紹介記事を公開。メタバースのサウンド構築に使える「MetaSounds」、音楽制作ツールセット「Patchwork」なども解説
2024.06.18
株式会社ホットスタッフ・プロモーション コヤ所長(小山 順一朗)氏による「【公開】ヒット作品のつくり方」の講演動画・スライドを公開!【ゲームメーカーズ スクランブル2024】
2024.06.18
スクワッドスターズ株式会社 岡田 和也氏による「猫でも分かる ゲームエンジンのサンプルを面白くする方法」の講演動画・スライドを公開!【ゲームメーカーズ スクランブル2024】
2024.06.18

注目記事ランキング

2024.06.13 - 2024.06.20
VIEW MORE

連載・特集ピックアップ

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

マージ(Merge)
マージ 何か複数のものをまとめて1つに融合・統合すること。ゲーム開発において、多くの場合、異なる作業者が同一のファイルを編集したのち、ひとつに統合する作業のこと。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!