アプリボットが新卒エンジニアの技術研修内容を資料付きで公開。データ設計、パフォーマンスチューニングなど全11回のスライド資料

2023.04.03
ニュースゲームづくりの知識お役立ち情報公開資料まとめ
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • アプリボットが自社で行っている新卒エンジニアの技術研修内容を公開
  • ゲーム開発の概観や、データ設計、チームビルディングなど全11回構成のスライド資料
  • 研修内容は担当する分野の現場社員が設計している

アプリボットが技術ブログにて、2022年の新卒エンジニアに対して行った技術研修の資料を公開しました。

アプリボットではこのような技術研修を2020年より実施。本研修は担当する分野の現場社員が研修講師となって設計しており、内容の追加など毎年改良が加えられています。

2023年3月29日に公開された2022年の研修資料はゲーム開発の概観から始まり、データ設計、通信など全11回のスライドで構成されています。

「第1回 モバイルゲーム開発概観」では、モバイルゲーム開発に関する知識全般を紹介。第2回以降の学習意義への理解を深める内容(画像はアプリボット技術ブログから引用)

「第3回 データ設計」では運用中にマスターデータやユーザーデータの変更を行う場合の解決策などを公開(画像はアプリボット技術ブログから引用)

本年より追加された項目にはチームビルディング、パフォーマンスチューニングなどがあります。

「第6回 チームビルディング」。ソフトウェア開発はチームで行うものであり、良いチーム作りやチームの運用について知れる(画像はアプリボット技術ブログから引用)

「第10回 パフォーマンスチューニング」ではゲームの面白さを最大限表現するためにパフォーマンスをどう調整していくべきか解説

なお、社外秘情報にあたる内容はスライドが削除されています。

詳細はアプリボット技術ブログ『Techbot!』をご覧ください。

アプリボット技術ブログ『Techbot!』2022年エンジニア新卒の技術研修について(研修資料付き)

関連記事

Godot Engine勉強会「Godot Meetup Tokyo Vol.2」、7/26(金)19時から渋谷で開催
2024.07.18
Unreal Engine 5.4.3がリリース。Mac向けにパッケージ化する際に起こるエラーの修正や、BaseDeviceProfiles.iniの2024年発売のiPadへの対応など
2024.07.17
税込5万円以下でMini LED・量子ドットを採用した「Xiaomi Mini LED ゲーミングモニター G Pro 27i」、7/25(木)に発売
2024.07.16
インディーゲームの大規模テストプレイプラットフォーム「G.Round」の日本語対応が進行中。日本からのテストプレイヤーやデベロッパーを募集
2024.07.12
Godot Engineを採用した「RPG Maker」シリーズ最新の2Dアクションゲーム制作ツール『ACTION GAME MAKER』が、2025年リリースを目指し開発中
2024.07.12
エピック ゲームズ ジャパンによる講演も行われた「第2回 Unreal Engine KYUSHU LT会 in 鹿児島」、アーカイブ動画および一部のスライド資料が公開
2024.07.11

注目記事ランキング

2024.07.11 - 2024.07.18
VIEW MORE

連載・特集ピックアップ

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

パッケージ化
パッケージカ ゲーム開発において、ゲームの実行に必要なデータのみを、実行ファイルとそれに付随するデータの形式に変換すること。プラットフォームに合わせたファイルフォーマットに変換するほか、この段階でアセットファイルを再利用や改ざんすることができないように暗号化することが多い。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!