『ショーン・オブ・ザ・デッド』から着想を得た『Hi-Fi RUSH』開発者インタビュー記事、エピック ゲームズ ジャパンが公開

2023.03.24
ニュースアンリアルエンジン
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!

この記事の3行まとめ

  • 『Hi-Fi RUSH』開発者のインタビュー記事がUnreal Engine公式サイトにて公開
  • コメディ・ホラー映画『ショーン・オブ・ザ・デッド』のシーンから発想を得たと『Hi-Fi RUSH』の開発経緯を語る
  • Unreal Engineが役立ったポイントや技術的な工夫についても解説されている

エピック ゲームズ ジャパンは、Unreal Engine公式サイトのインタビューページで『ショーン・オブ・ザ・デッドとフューチュラマに着想を得た Hi-Fi RUSH』と題した記事を公開しました。

Hi-Fi RUSH』は『Ghostwire: Tokyo』の開発で知られるTango Gameworksが制作したリズムアクションゲームです。ビートに合わせて攻撃し、音楽とシンクロするユニークな体験は本作の見どころの一つです。

インタビューには『Hi-Fi RUSH』 ゲーム ディレクターのJohn Johanas氏、リード グラフィックス プログラマーの田中康介氏、リード プログラマーの中村祐二氏が登場。

ビートに合わせてアクションするというコンセプトがどのように生まれたのか、そしてこの独特のゲーム体験をどのようにプロトタイプ開発したのかを話しています。さらに、アクションと音楽を同期させるうえで工夫している点といった技術面についても答えました。

Tango Gameworksはホラーゲームとの関連で知られるスタジオだが、本作のようなポップな作風に対して社内の抵抗はなかったとのこと(画像はUnreal Engineブログより引用)

本作の特徴である「音楽とアクションをシンクロさせる」という発想はコメディ・ホラー映画『ショーン・オブ・ザ・デッド』でキャラクターがQUEENの曲に合わせて戦うシーンから得たものだとJohanas氏は語ります。

高校・大学でバンド演奏の経験があったJohanas氏は楽器を演奏しながら「たたきつける」ことの強烈さを知っていました。そこで、すべての攻撃を音楽に連動させ、まるでライブ演奏しているような体験ができるアクションゲームを開発したいと思い至ったそうです。

しかし、実現のためにはこのユニークなアイデアがゲームとして機能することをプロトタイプ開発の段階で示す必要がありました。

プロトタイプ開発では、Unreal Engine(以下、UE)を使用することで専門家でなくても小さなチームで領域を超えた仕事が可能になったとのこと。その後に待ち受けた、ゲーム内でシステムと音楽を確実に同期させるという困難を乗り越えるのに役立ったUEのツールについてもインタビューで解説されました。

画像はUnreal Engineブログより引用

その他、アートワークの制作などについても言及しています。

「カラフル」、「シャープ」、「クリーン」の3つのキーワードを使って社内でスタイルを定義した(画像はUnreal Engineブログより引用)

インタビューの詳細は、Unreal Engineブログ『ショーン・オブ・ザ・デッドとフューチュラマに着想を得た Hi-Fi RUSHをご確認ください。

『ショーン・オブ・ザ・デッドとフューチュラマに着想を得た Hi-Fi RUSH』Unreal Engine公式サイト『Hi-Fi RUSH』公式サイト

関連記事

Unreal Engineユーザーコミュニティによる技術勉強会『UE Tokyo .dev #2』、配信アーカイブと一部の発表資料を公開
2023.11.29
Epic Games Japan主催の勉強会「EOS/UE5 Deep Dive 2023」が12月14日、15日に秋葉原アキバホールにて開催。一般の参加枠もあり
2023.11.29
UEおよびUnityのアセットストアやAdobeなどが、2023年のブラックフライデーセールを開催中!
2023.11.24
編集部員が1日でヴァンサバ風ローグライクゲームを作ってみた。キャラクター変更からオリジナルの攻撃パターン作成までを解説!
2023.11.22
UE4で開発中のゲームをUE5に移行するには。サバイバルゲーム『Nightingale』開発チームによる事例紹介記事をEpic Gamesが公開
2023.11.20
「Unreal Engine」2023年11月の無料マーケットプレイスコンテンツが公開!ローポリ風の街を表現した環境アセットや、ヴァンサバライクな3Dゲームを作れるBPアセットなど
2023.11.08

注目記事ランキング

2023.11.26 - 2023.12.03
1
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
2
『フォートナイト』で動く本格的なゲームが作れるツール「UEFN」とは?従来のクリエイティブモードから進化したポイントを一挙紹介!
3
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧
4
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.1「アイテム系」
5
【CHALLENGE1】「クリエイター ポータル」を使って、UEFNで作成した島を世界中に公開する
6
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.5「島の設定」
7
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.4「ゲームシステム系」
8
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part1
9
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.2「ユーティリティ系」
10
【STEP2】UEFNの基本的な使い方を覚えよう
11
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part1
12
フォートナイトとUEFNがv26.30にアップデート。ロビー画面が一新され、クリエイターが島ごとにロビー背景を自由にカスタムできるように
13
フォートナイトとUEFNがv27.10にアップデート。プレイヤーに与える武器のマガジン内に入っている初期弾薬量を設定するオプションが追加
14
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.3「プレイヤー系」
15
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part2
16
【CHALLENGE2-1】フレンドと一緒にゲームを作ろう――UEFNプロジェクトをチームメンバーとリアルタイムで共同編集する
17
日産自動車、UEFNで作られたマップ『Electrify the World』を期間限定公開。EVコンセプトカーが登場する世界を楽しめる
18
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.6「チーム・対戦系」Part1
19
【CHALLENGE3】UEFNの機能「ランドスケープ」を使ってオリジナルの地形を作る
20
『フォートナイト』で建築ビジュアライゼーション!?UEFNでオリジナルの世界観をどう作り上げたか、その手法を解説【UNREAL FEST 2023 TOKYO】
21
【STEP4-2】リスポーンとチェックポイントの仕組みを作る
22
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part2
23
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
24
フォートナイト上にオリジナルゲームを開発・公開できるPC専用エディタ『Unreal Editor For Fortnite(UEFN)』、ついにリリース!
25
【フォートナイト クリエイティブ】ドリフトボードで駆け巡る!タイマー付きのレースゲームを作ってみよう
26
【STEP3】オリジナルのアスレチックコースを作ろう
27
「UEFN」って実際どうなの? 編集部が3時間で「みんなで遊べるアクションゲーム(?)」を作ってみた
28
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.8「ゾーン系」
29
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.9「建築物系」Part1
30
フォートナイトとUEFNがv27.00にアップデート。インタラクティブミュージックも実装できる音楽制作ツールセット「Patchwork」が導入された
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

リグ(Rig)
リグ 3Dモデルを動かす場合に、すべてのボーンを編集するのではなく、少ない編集箇所で直感的に動作などを付けるために作られたコントローラーやコントロールする仕組み。 またスケルトン自身をリグと呼ぶ場合もある。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!