VR都市開発ゲーム『Spacefolk City』のオーディオデザイナーによる技術解説記事がakBlogで公開。ラジオや宇宙のサウンド表現の工夫を紹介

2022.12.13
ニュースサウンド
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!

この記事の3行まとめ

  • VR都市開発ゲーム『Spacefolk City』のオーディオデザイナーが、ラジオや宇宙のサウンド表現について解説
  • Wwiseでの制作における工夫が語られる
  • VR機器のスピーカーや作品の雰囲気に合わせたBGM制作についても

Audiokineticは同社が運営するブログakBlogにて、VR向け都市建設ゲーム『Spacefolk City』のオーディオデザイナーがサウンド制作について解説した記事を公開しました。

Spacefolk City』は、宇宙をテーマにしたVR都市建設ゲーム。プレイヤーは、Spacefolkと呼ばれるバナナやバケツ型の頭を持つキャラクターたちと協力して宇宙に都市を建設し、超新星になる太陽から住民たちを助けます。

今回の記事では、本作品に登場するラジオ局「Spacefolk FM」に流れるサウンドトラックや、登場人物が話すSpacefolk語を手がけたアレックス・メイ氏が、Wwiseでのサウンド制作で工夫した点を紹介しています。

『Spacefolk City』の音声デモ

ラジオの表現

本作ではFMラジオ独特の雰囲気を演出するために、局名をアナウンスするDJの声も収録されています。音楽とDJの声とを繰り返すだけでなく、エグジットキューにも工夫を加えたとのこと。

これは実際のラジオ放送にある、局名のアナウンスをさまざまな形式(音楽付き、音楽なし)やタイミングで流すことの再現に使われています。エグジットキューを操作し、アナウンスパターンも複数用意することで、タイミングやパターンの違ったリアルなラジオ放送を流せるようになりました。

音声のみの局名アナウンスの例:音声が聞こえる2秒前に赤のエグジットキュー(画像はakBlogから引用)

LOUDNESS(ラウドネス)機能

本作のラジオには、一部のオーディオ機器に搭載されていたラウドネス機能が搭載されています。ラウドネス機能は本来、小さなボリュームで聞く際に低音と高音をブーストする機能ですが、アレックス氏のかつての体験をもとに、ラウドネス機能を切ってしまうとボリュームが細くなるよう再現しています。

(画像はakBlogから引用)

宇宙の演出

本作のBGMは、プレイヤーが自由にオン・オフを操作できます。BGMがオフになったとき、wet率を100%にすることで、音楽が宇宙のはるか遠くでなっているように聞こえ、これが宇宙の雰囲気にマッチしたとのこと。

(画像はakBlogから引用)

本記事では、VR機器に内蔵された小型スピーカーや作品の雰囲気に合わせたBGM制作などについても語られています。

詳細は、akBlog「『Spacefolk City』の音楽」をご確認ください。

『Spacefolk City』公式サイトakBlog「『Spacefolk City』の音楽」

関連記事

オーディオミドルウェア「Wwise」のサウンドをUnreal Engineで再生。「書かれた通りに設定すれば必ず動作する」ガイド、Audiokineticが公開
2024.04.18
中世の雰囲気を演出するSEを多数収録。GameMaker向けの無料アセットバンドル『MEDIEVAL SOUND EFFECTS』が公開
2024.04.01
振動で「ズシンと重い」や「左右に揺れる」感触を表現!「ハプティクス」の紹介記事がakBlogで公開
2024.03.30
Sonniss、計27.5GB超のサウンドデータパックを無料で配布。GDC 2024の開催を記念した『GDC 2024 – Game Audio Bundle』
2024.03.22
ゲームサウンドに適した音声コーデックはどれ?Audiokinetic、「コーデックの選択ガイド」記事を公開
2024.03.15
音声圧縮コーデック「Opus」バージョン1.5がリリース。信号の処理・生成に機械学習が導入され、パケットロスが起こっても音声が途切れにくくなる
2024.03.08

注目記事ランキング

2024.04.14 - 2024.04.21
1
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
2
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧
3
『フォートナイト』で動く本格的なゲームが作れるツール「UEFN」とは?従来のクリエイティブモードから進化したポイントを一挙紹介!
4
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.1「アイテム系」
5
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.5「島の設定」
6
【CHALLENGE1】「クリエイター ポータル」を使って、UEFNで作成した島を世界中に公開する
7
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.2「ユーティリティ系」
8
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part1
9
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.6「チーム・対戦系」Part1
10
フォートナイトとUEFNがv29.20にアップデート。見下ろし視点でもプレイヤーキャラクターの向きを操作できるようになった
11
【CHALLENGE3】UEFNの機能「ランドスケープ」を使ってオリジナルの地形を作る
12
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.4「ゲームシステム系」
13
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part2
14
UEFNで使えるプログラミング言語「Verse」のノウハウが集結。『UEFN.Tokyo 勉強会 03 Verse Night』レポート
15
フルカラー書籍「UEFN(Unreal Editor For Fortnite)でゲームづくりを始めよう!」、ついに本日発売!全国書店で好評発売中!
16
『フォートナイト』で建築ビジュアライゼーション!?UEFNでオリジナルの世界観をどう作り上げたか、その手法を解説【UNREAL FEST 2023 TOKYO】
17
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part1
18
【STEP2】UEFNの基本的な使い方を覚えよう
19
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.3「プレイヤー系」
20
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.9「建築物系」Part1
21
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part2
22
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.8「ゾーン系」
23
【CHALLENGE2-1】フレンドと一緒にゲームを作ろう――UEFNプロジェクトをチームメンバーとリアルタイムで共同編集する
24
GDC 2024で行われた「State of Unreal」UEFN関連の発表内容まとめ。UEFNがMetaHumanを正式サポート
25
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
26
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.9「建築物系」Part2
27
【STEP1】「UEFN」を入手しよう
28
フォートナイトとUEFNがv29.00にアップデート。Verse上でセーブデータが定義可能になったほか、ポストプロセスを制御する仕掛けが登場
29
【STEP4-2】リスポーンとチェックポイントの仕組みを作る
30
「UEFN」って実際どうなの? 編集部が3時間で「みんなで遊べるアクションゲーム(?)」を作ってみた
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

フォワードシェーディング(Forward Shading)
フォワードシェーディング オブジェクト毎にライティングの計算を行い、その計算結果を描画するレンダリング手法。フォワードレンダリングともいう。ディファードシェーディング(Deferred Shading)に比べてポストプロセスの自由度は低いが、(何も物を配置しなかった際にかかる)最低限の描画コストが低く、アンチエイリアス処理などにおいてフォワードシェーディングの方が有効な分野も存在する。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!