明日10/5(水)よりApp Storeで「Tier」が価格改定。最低価格は120円から160円に

2022.10.04
ニュースiOS
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • 明日10/5(水)よりApp Store内の課金額が変更
  • 最低価格が120円から160円へ
  • Apple指定価格すべてが上昇

2022年10月5日(水)から、App StoreでのAppとApp内課金(自動更新サブスクリプションを除く)の価格が変更されます。今までのApp Storeの有料における最低価格は120円でしたが、今回の価格改定後は160円が最低価格になります。

App Store内の課金額は、開発者がAppleから指定された価格「Tier」を選び決定します。今回の価格改定では、すべてのTierが価格上昇しており、ユーザー・開発者ともに注意が必要です。

詳細はこちらをご確認ください。

価格改定後の価格表(Apple公式サイトより引用)

価格改定前の価格表(Apple公式サイトより引用)

AppおよびApp内課金の税金と価格の変更について Apple公式サイト

関連記事

モノクロ携帯ゲーム機『Playdate』でSwiftを使ったゲームを動かせるか?Swift公式ブログが開発の試行錯誤をソースコード付きで紹介
2024.03.15
App Storeで『Xbox Cloud Gaming』や『GeForce NOW』などのアプリ化が可能に。アプリ開発者向けガイドラインが改訂
2024.01.26
glTFモデル用ビューワー『Khronos glTF Viewer』、iOS向けに無料でリリース。ソースコードはオープンソースで公開され、商用利用可能
2023.12.13
NianticのUnity向けAR開発ツール「Lightship ARDK」が3.0にアップデート。VPS導入により、現実で近くにいるプレイヤー同士によるマルチプレイに対応
2023.11.03
4月25日よりApp Storeへの提出要件がXcode 14.1以降に。Xcode 14.3対応のベータ版SDKも配布開始
2023.03.29
2D向けゲームエンジン「GameMaker」で2024年にリリースされる機能は?新しいコードエディターやPrefab機能など、提供予定の機能を紹介する記事をYoYo Gamesが公開
2024.05.20

注目記事ランキング

2024.05.14 - 2024.05.21
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

フォワードシェーディング(Forward Shading)
フォワードシェーディング オブジェクト毎にライティングの計算を行い、その計算結果を描画するレンダリング手法。フォワードレンダリングともいう。ディファードシェーディング(Deferred Shading)に比べてポストプロセスの自由度は低いが、(何も物を配置しなかった際にかかる)最低限の描画コストが低く、アンチエイリアス処理などにおいてフォワードシェーディングの方が有効な分野も存在する。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!