「ZBrush 2023」から「ZBrush 2024」までの新要素を解説する公式動画が公開。「Anchorブラシ」や「スライムブリッジ」などの新機能をおさらい

2024.04.11
ニュース3DCG
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • Maxonが「ZBrush2023 + 2024の新機能まとめ」と題する動画をYouTubeで公開
  • ZBrushの過去のアップデートで追加された機能をまとめて紹介
  • 粘性のある物体を表現できる「スライムブリッジ」など、各新機能について解説している

Maxonは2024年4月9日(火)、『ZBrush2023 + 2024の新機能まとめ』と題する動画をYouTubeで公開しました。

本動画では、ZBrushのバージョン「2023」「2023.1」「2023.2」「2024」それぞれで実装された機能を紹介しています。

ZBrush 2023では「スライムブリッジ」などが実装

ZBrush 2023では、Maxonが開発するレンダリングエンジン「Redshift」への対応や「Apple silicon」へのネイティブ対応が主要なアップデートとして挙げられました。

そのほか、1, 2か所のマスク間を有機的に接続し、粘性のある物体や血管のような表現ができる機能「スライムブリッジ」も紹介。

ギズモ位置を対称の中心とし、中心軸からずらして配置したオブジェクトをシンメトリーを保ったまま編集できる「ダイナミックシンメトリ」など、合計9つの要素が取り上げられました。

スライムブリッジ(画像は公式サイトより引用)

ダイナミックシンメトリ(画像は『ZBrush2023 + 2024の新機能まとめ』より引用)

ZBrush 2023の新機能紹介は0分20秒~

ZBrush 2023.1では「プロキシポーズ」が追加

マイナーアップデートとなるZBrush 2023.1については、一時的に低解像度のメッシュを作り、その変更内容を元メッシュに反映する「プロキシポーズ」にフォーカス。

同機能を用いることで、高解像度のメッシュに対しても大きな変形が適用できるとのこと。Dynameshを使用している高解像度のモデルや、サブディビジョンレベルの存在しない3Dスキャンデータなどに活用できるとしています。

プロキシポーズ(画像は『ZBrush2023 + 2024の新機能まとめ』より引用)

「プロキシポーズ」の紹介は14分27秒~

ZBrush 2023.2では「Anchorブラシ」が実装

ZBrush 2023.2においては、「Anchorブラシ」の実装や、メッシュ上の指定した点同士を密着させる「コンタクト」の改良、Morphブラシにおけるモーフターゲットの事前設定が不要になるなどのアップデートが紹介されました。

Anchorブラシは、2つのポイントを基準に、移動や回転、スケールなどの変形を行う機能です。なお、ZBrush 2024で本機能の名称は「Anchor Classic」に変更されています。

Anchorブラシ(Anchor Classic)(画像は『ZBrush2023 + 2024の新機能まとめ』より引用)

ZBrush 2023.2の新機能紹介は16分32秒~

ZBrush 2024では「類似に適用」機能などが導入

ZBrush 2024では、類似するトポロジーを持つメッシュすべてに同じ操作を適用する新機能「類似に適用」について解説。

また、サーフェスノイズに「Cinema 4D」で実装されているものと同様のノイズパターンが追加される、Anchor Classic(Anchorブラシ)でマスクの設定が不要となる、Knifeブラシで切り離したメッシュの保持が可能となるなど、既存機能の強化にも言及しています。

類似に適用(画像は『ZBrush2023 + 2024の新機能まとめ』より引用)

ZBrush 2024の新機能紹介は20分42秒~

動画の概要欄には、各アップデートのパッチノートへのリンクが記載されています。

詳細は、『ZBrush2023 + 2024の新機能まとめ』をご確認ください。

ZBrush2023 + 2024の新機能まとめ | YouTube

関連記事

Adobeの「Substance 3D Modeler」のバージョン1.10.50がパブリックベータに。ブーリアンを使った非破壊プリミティブやオブジェクトのアウトライン管理が可能に
2024.05.20
『NieR Replicant ver.1.22474487139…』におけるHoudiniの活用事例、トイロジックがブログで紹介。UVスクロールで複雑なエフェクトを作成
2024.05.13
3Dモデルの見た目は変わらず、データサイズを3分の1に。インフィニットループ、自社ブログで頂点レイアウトについて解説
2024.05.13
【Adobe・Maya・ZBrushなど】学生向け無料・割引プランがあるDCCツールまとめ
2024.05.12
1,000種類以上のベースメッシュを無料で公開している「The Base Mesh」がリニューアル。ダウンロード形式にGLBファイルが追加、3Dビューワーの搭載など
2024.05.07
Epic Games、NaniteとGPU駆動のマテリアルパイプラインの関連を解説した「GDC 2024」の講演資料を公開。ノート付スライド資料は無料
2024.04.30

注目記事ランキング

2024.05.14 - 2024.05.21
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

フォワードシェーディング(Forward Shading)
フォワードシェーディング オブジェクト毎にライティングの計算を行い、その計算結果を描画するレンダリング手法。フォワードレンダリングともいう。ディファードシェーディング(Deferred Shading)に比べてポストプロセスの自由度は低いが、(何も物を配置しなかった際にかかる)最低限の描画コストが低く、アンチエイリアス処理などにおいてフォワードシェーディングの方が有効な分野も存在する。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!