締切駆動開発って良いよね!編集部員がゲームを作って『東京ゲームダンジョン4』に出展してみたら最高だった

2024.01.24
注目記事ゲームの舞台裏イベントレポート
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!

ゲームメーカーズ編集部の神谷です。1月19日・20日に開催されたインディーゲームイベント『東京ゲームダンジョン4』で、趣味で開発しているゲームを初めて披露しました。結論からいうと、とても楽しかったです!

「出展してみたいけど、出展者のクオリティがみんな高そうでこわい……」「このレベルで出展してもいいのかな?」という方の後押しとなれば幸いです。

TEXT / 神谷 優斗

目次

『東京ゲームダンジョン4』とは

東京ゲームダンジョン」は、2022年8月から続くインディーゲームの展示会です。4回目となる今回は2024年1月20日・21日の2日間、東京都立産業貿易センター浜松町館で開催されました。

私は今回が初めてのイベント出展です。会場では、個人制作中のパズルゲーム(プロトタイプ)と、友人とUEFN(※)を使って制作しているボスバトルの島(プロトタイプ)を展示しました。

※ フォートナイト上で遊べるゲームを制作するツール「Unreal Editor For Fortnite」の略称。フォートナイト上で遊べるゲームの単位は「島」または「マップ」と呼ばれる

ルールに従って動くキャラをうまく誘導し、ステージ上の敵キャラを全滅させることが目的のパズルゲーム。開発環境はUnreal Engine 5とRust

UEFNで作っているボスバトル

まずは出展申し込み

私には1つのゲームを少し作っては「こっちの方がおもしろくなるな」とまったく別のゲームを作り始めてしまう癖があります。締切があれば、締切までは1つのゲームを作り続けるだろうと考え、展示イベントへの出展を決めました。

 公式サイトに載っている「締切がほしい人」を見て出展を決意した(画像は公式サイトより引用)

イベントに出展するには、当然出展申し込みを行う必要があります。

『東京ゲームダンジョン4』の出展申し込み開始日時は、開催3ヶ月前の2023年10月21日0時からでした。

出展の可否はゲームイベントでは珍しく、先着順で決まります。申し込みを開始した翌日の6時30分には申し込みが終了していたようですから、東京ゲームダンジョンに申し込むかどうかは、申し込み開始までに決断しておくのがよさそうです。

出展を申し込んだ時点では、私のゲームは動くものが何一つありませんでした(頭の中では動いていたんです)が、「まあ何とかなるやろ」と軽いノリで申し込みを済ませました。

『東京ゲームダンジョン4』への出展申し込みでは、ブース(机)のサイズと出展日を選びます。私はとりあえずゲームをある程度作り上げるための締切がほしいだけなので、出展は1日かつ半分枠(机の半分を使用可能)でいいかな。3,300円(税込)。

当時の進捗で見せられるものはこれだけ

申し込み後、開催2か月前の11月21日までに作品名や内容説明などの出展情報を提出します。

当時はゲームシステム以外何一つ決まっていなかったため、作品のイラスト素材すら作っていませんでした。突貫工事で下記のようにしましたが、できればちゃんと用意した方がよいでしょう。

なお、出展者情報は12月31日まで再提出を受け付けていたため、開発が進んだ後で改めて素材を用意することも可能でした。私は年明けまでコードしか書いていなかったため、特に更新できる情報はありませんでしたが。

開催日当日!

そこから開発を進め、なんとか展示できるものを用意して当日を迎えました!本当はパズルゲームのみ出展する予定でしたが、開催3日前に友人と盛り上がり、一緒に開発しているUEFNの島も出展することになりました。

3か月でコードも増えた

現地へ向かい、12時の開場までに設営を済ませます。

当日は私と友人の2人で参加しました。開場の1時間半前に到着しましたが、UEFNの通信環境でトラブルがあり、設営はぎりぎりまでかかりました。

開発に手をかけすぎたため、展示はあっさり。ホワイトボードは当日購入した

私が申し込んだ半分枠は90cm×90cmの広さ。24インチディスプレイを2台置くスペースはないため、2人同時に遊んでもらいたい場合はポータブルゲーミングPCを使うか、机1台をすべて使うプランに申し込むのがよいように感じました。

今回は、以下の機材を持ち込みました。

パズルSteam Deck + ドック + マウス + キーボード
UEFNPS5 & Switch(2台で同じマッチに接続)
共用:ディスプレイ

運営側でディスプレイが用意されており、事前に申し込めば会場で借りられました。「会場は家から近いし、事前申し込みも面倒だから直接持って行くかぁ」と自宅から直接持参しましたが、運ぶのが予想以上に大変でしたので利用をオススメします。

なんとか準備も終わったところで開場時間に。周囲に比べるとやはり簡素な設営でしたが、結果としては10人程度の方に遊んでいただけました。

ゲーム画面が派手ではないこともあり、正直誰も来ないだろうと思っていたため、非常にうれしいです。「大当たりでした」と話してくださる方もおり、出展してよかったと思えました。

普段メディアとして質問する側に立つことが多いため、質問されるのは新鮮でした。特に、「このシステムってどういう経緯で思いついたんですか」という質問にはハッとさせられました。自分の考えを整理するよい機会になりそうです。

人によってルールを理解する速度が違ったり、詰まるところが違ったりするため、テストプレイとしても有益でした。その中で「後で説明しようと思っていたこの仕組みにはみんなすぐ気付くんだ」「ここは急に難しくしすぎたな」など、プレイヤーさんが感じ取る共通点も見えてきます。プレイを見て得た知見は、ゲームの調整に大きく役立てられそうです。

以下は個人的な振り返りです。ご参考までにどうぞ。

プレイに制限時間を設けるのは効果的だった

展示用のビルドでは、試遊を15分間のタイムアタック形式にしました。結果として、時間制限には「集中してプレイしてもらえる」「もっとやりたかったと思わせられる」などの利点がありました。

実際に「最後まで行けなくて悔しいので、もう1回来てもいいですか」と言ってくださる方もいました。

私はゲーム内にタイマーを実装して時間を計測しましたが、100円ショップなどで手に入るタイマー、スマートフォンのアプリなどで、十分役割は果たせそうです。

ルール説明は必須だった

現段階ではゲームシステムが分かりづらく、出展前日に実装したルール説明画面がなければおもしろさを感じてもらえない可能性が大きく高まっただろうと感じました。

この画面はプレイ前のルール説明にも活用できたため、ルールをまとめた紙などは用意した方がよさそうです。

急遽入れたルール説明。ページ送りのアイコンが小さすぎたのは反省点

1人だと出展は大変かもしれない

出展者が2人いると、ほかの作品を見て回る際やお手洗いなどで気軽に席を外せました。1人での出展は相当大変なのではないかと思います。

2人体制であれば、ブースに出展者がいて試遊しやすい環境を保てるでしょう。

UEFNの島を展示する場合はネットワークを考慮する必要がある

UEFNはフォートナイトに接続する必要がある都合上、ネットワークの安定性に大きく依存します。会場には関係者に向けてWi-Fi環境が提供されていたものの、関係者だけでも人数は多く、「通信が安定せずマッチに入れない」「同期ずれによって弾抜け、敵の瞬間移動などが起こる」などトラブルが頻発しました。

UEFNの島をイベントで展示する際は安定したネットワークを用意すべきでしょうが、ノウハウがないため詳しい方に相談したいところです。

参加にかかった費用

今回かかった費用は以下の通りです。

出展料:3,300円
ドック:3,000円
マウス:1,000円
ホワイトボード:400円
———————————
計:7,700円

このコストで「締切ができる」「テストプレイになる」「プロモーションできる」と思えば非常にお得ですね!実際に、出展料が安いことは初出展の心理的なハードルを大きく下げてくれました。

以上が出展の感想です。ゴールデンウィーク中に開催される予定の『東京ゲームダンジョン5』にもぜひ参加したいです!

皆さんも気軽にイベント出展してみてはいかがでしょうか?

出展してみて、チラシやポスターを用意するところまで手を回せる偉大さを実感した

東京ゲームダンジョン 公式サイト
神谷 優斗

コーヒーがゲームデザインと同じくらい好きです

関連記事

Intel初のAI専用プロセッサを備える「Core Ultra」搭載のAlienware最新ノートPC2機種が発表。新製品発表会で実物に触れてきた
2024.02.28
中国では3,000億円市場!『マダミーティング!』レポートから見る、未知のゲーム「マダミス」を“カラオケ級の定番エンタメ”に育てる方法
2024.02.27
「鉄拳」流 ユーザーコミュニティとの付き合い方。競技シーンに対し、公式としてどう関わるか【台北ゲームショウ2024】
2024.02.22
UEFNで使えるプログラミング言語「Verse」のノウハウが集結。『UEFN.Tokyo 勉強会 03 Verse Night』レポート
2024.02.22
インディーゲーム開発者はプレイヤーにどんなことを聞きたい?「東京ゲームダンジョン」「Indie Freaks」と協力して調べた【後編】
2024.02.21
インディーゲーム開発者はプレイヤーにどんなことを聞きたい?「東京ゲームダンジョン」「Indie Freaks」と協力して調べた【前編】
2024.02.21

注目記事ランキング

2024.02.27 - 2024.03.05
1
『フォートナイト』で動く本格的なゲームが作れるツール「UEFN」とは?従来のクリエイティブモードから進化したポイントを一挙紹介!
2
【CHALLENGE1】「クリエイター ポータル」を使って、UEFNで作成した島を世界中に公開する
3
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
4
UEFNで使えるプログラミング言語「Verse」のノウハウが集結。『UEFN.Tokyo 勉強会 03 Verse Night』レポート
5
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧
6
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.1「アイテム系」
7
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.5「島の設定」
8
フォートナイトとUEFNがv28.30にアップデート。「NPCスポナー」が、スポーン・撃破時のエフェクトや移動速度のカスタマイズに対応
9
【STEP2】UEFNの基本的な使い方を覚えよう
10
【CHALLENGE2-1】フレンドと一緒にゲームを作ろう――UEFNプロジェクトをチームメンバーとリアルタイムで共同編集する
11
【STEP1】「UEFN」を入手しよう
12
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
13
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.4「ゲームシステム系」
14
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part1
15
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.2「ユーティリティ系」
16
フルカラー書籍「UEFN(Unreal Editor For Fortnite)でゲームづくりを始めよう!」、ついに本日発売!全国書店で好評発売中!
17
NIKEのAir Maxをテーマにしたフォートナイトの島『Airphoria』、制作に関するチュートリアルが公開
18
【CHALLENGE3】UEFNの機能「ランドスケープ」を使ってオリジナルの地形を作る
19
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part1
20
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part2
21
『フォートナイト』で建築ビジュアライゼーション!?UEFNでオリジナルの世界観をどう作り上げたか、その手法を解説【UNREAL FEST 2023 TOKYO】
22
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.3「プレイヤー系」
23
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.6「チーム・対戦系」Part1
24
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part2
25
フォートナイトとUEFNがv26.30にアップデート。ロビー画面が一新され、クリエイターが島ごとにロビー背景を自由にカスタムできるように
26
【STEP6-1】「オリジナルキャラクターを登場させよう」――Fabでアセットをダウンロードしよう
27
「UEFN」って実際どうなの? 編集部が3時間で「みんなで遊べるアクションゲーム(?)」を作ってみた
28
【STEP5-1】スタート時のカウントダウンを作る
29
【STEP4-1】コース外に出たらデスする仕組みを作る
30
【STEP4-2】リスポーンとチェックポイントの仕組みを作る
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

レンダリング(Rendering)
レンダリング コンピューターグラフィックスにおける、各種データ(3Dモデルなど)をプログラムを用いて計算し、画像として表示すること。レンダリングを行うプログラムをレンダラー(Renderer)と呼ぶ。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!