Epic Games、MayaとUE5向けツール「Pose Driver Connect」を公開。Mayaで作成したセカンダリアニメーションをUE5に簡単インポート

2023.12.21
ニュースお役立ち情報ツール紹介3DCGMayaアニメーションアンリアルエンジン
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!

この記事の3行まとめ

  • Epic Games、Maya/Unreal Engine 5向けの実験段階のツールセット「Pose Driver Connect」を公開
  • Mayaで作ったセカンダリアニメーションをUEにインポートする際のアニメーション再作成を効率化
  • 類似するキャラクターへのリターゲットもできる

Epic Gamesは、MayaUnreal Engine 5に向けた新たなアニメーションツールセット「Pose Driver Connect」を公開しました。「Pose Driver Connect」を使うことにより、 Autodesk Maya で作成したセカンダリアニメーションをアンリアルエンジンにインポートする際、アニメーションの再作成が容易になります。

セカンダリアニメーション」は、3Dアニメーションにおいて、特定のジョイントの動きに連動するよう設定した副次的なアニメーションなどを指します。例えば、人間は腕を上下や前後に振ったとき、腕だけでなく肩甲骨周辺も動きますが、こうした周辺の連動する身体の動きを腕の振りの操作だけで行えるよう設定するのがセカンダリアニメーションです。ここでは、セカンダリアニメーションとはいえ、揺れ物などのような時間的な遅れを持ったものはカバーしません。

Before
After

セカンダリアニメーションなし(左)と、セカンダリアニメーションあり(右)の比較画像。主に肩周りの不自然さが解消されている(画像は公式ブログより引用)

「Pose Driver Connect」がインストールされたアンリアルエンジン(以降、UEと表記)では、PoseWranglerがジョイントセットに対して作成したポーズとその補間方法を定義した計算式をインポートし、同じ演算を使ってAnimation ブループリントでセカンダリアニメーションを再作成できます。

ツールセット「Pose Driver Connect」には、Maya用のプラグイン「PoseWrangler」と、UE5用のプラグイン「Pose Driver Connect」が同梱されています。

各プラグインをそれぞれインストールすることで、Mayaで作成した補助骨の制御をブループリント化し、UEにインポートできます。

インストール方法は、Unreal Engineマーケットプレイスから「Pose Driver Connect」をインストールした後、「<UE5 のインストール場所>\Engine\Plugins\Marketplace\PoseDriverConnect\Content」にあるPoseDriverConnect.zip を「maya/modules」フォルダに解凍し、Mayaを再起動します。

Mayaから次のPython コードで、スクリプトエディタから PoseWranglerを実行できます。

from epic_pose_wrangler import main
pose_wrangler_instance = main.PoseWrangler()

PoseWrangler

PoseWrangler」はMayaUERBFPluginと連携するためのMaya Pythonツールです。

PoseWranglerを適用したMayaでは、ユーザーがセットしたジョイントそれぞれに、ポーズの補間方法を定義した計算式を作成できます。計算式はJSONファイルとして、ポーズはFBXクリップ形式としてエクスポートできます。

また、指定したポーズごとではなく、計算結果をデフォルトポーズからの差分としてエクスポートすることも可能です。これにより、類似するキャラクターへのリターゲットもできます。

画像は公式ブログより引用

Pose Driver Connect

UE向けのC++プラグイン「Pose Driver Connect」では、PoseWranglerでエクスポートしたJSONファイルやFBXファイルのデータをそのまま使用し、自動で既存のAnimation ブループリント内にPose Driverのネットワークをセットアップできます。

これにより、Mayaで作成したセカンダリアニメーションをUEで利用でき、UE上のアニメーション制作を効率化します。

画像は公式ブログより引用

詳しい情報は、公式ブログチュートリアルをご確認ください。

『Pose Driver Connect を使ってよりリアルなアニメーションを短時間で作成』公式ブログUnreal Engineマーケットプレイス『Pose Driver Connect』ストアページ

関連記事

Adobe、USDファイルをFBXやglTFなど5つのフォーマットに変換できるプラグイン群「USD File Format Plugins」をオープンソースで公開
2024.03.01
SDFを活用した低負荷なアニメ調のシェーディングをUE5で実装。alwei氏が解説記事を公開
2024.03.01
3ds MaxやMaya、Houdini、UEなどでマテリアルを共有できる規格「MaterialX」がアップデート。Non-Photorealistic Rendering(NPR)用のライブラリが初めて追加された
2024.02.29
オリジナルキャラクター「流流」のリグ付きローポリモデル、3DアーティストのLee氏が無料公開
2024.02.28
VRM用アニメーションファイル形式「VRMA」が正式リリース。あらゆるVRMモデルでアニメーションを共有可能
2024.02.22
「Steam Audio」がオープンソース化。UnityやUEに統合できる、ゲームやVRアプリ用の空間オーディオツール
2024.02.22

注目記事ランキング

2024.02.27 - 2024.03.05
1
『フォートナイト』で動く本格的なゲームが作れるツール「UEFN」とは?従来のクリエイティブモードから進化したポイントを一挙紹介!
2
【CHALLENGE1】「クリエイター ポータル」を使って、UEFNで作成した島を世界中に公開する
3
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
4
UEFNで使えるプログラミング言語「Verse」のノウハウが集結。『UEFN.Tokyo 勉強会 03 Verse Night』レポート
5
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧
6
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.1「アイテム系」
7
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.5「島の設定」
8
フォートナイトとUEFNがv28.30にアップデート。「NPCスポナー」が、スポーン・撃破時のエフェクトや移動速度のカスタマイズに対応
9
【STEP2】UEFNの基本的な使い方を覚えよう
10
【CHALLENGE2-1】フレンドと一緒にゲームを作ろう――UEFNプロジェクトをチームメンバーとリアルタイムで共同編集する
11
【STEP1】「UEFN」を入手しよう
12
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
13
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.4「ゲームシステム系」
14
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part1
15
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.2「ユーティリティ系」
16
フルカラー書籍「UEFN(Unreal Editor For Fortnite)でゲームづくりを始めよう!」、ついに本日発売!全国書店で好評発売中!
17
NIKEのAir Maxをテーマにしたフォートナイトの島『Airphoria』、制作に関するチュートリアルが公開
18
【CHALLENGE3】UEFNの機能「ランドスケープ」を使ってオリジナルの地形を作る
19
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part1
20
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part2
21
『フォートナイト』で建築ビジュアライゼーション!?UEFNでオリジナルの世界観をどう作り上げたか、その手法を解説【UNREAL FEST 2023 TOKYO】
22
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.3「プレイヤー系」
23
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.6「チーム・対戦系」Part1
24
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part2
25
フォートナイトとUEFNがv26.30にアップデート。ロビー画面が一新され、クリエイターが島ごとにロビー背景を自由にカスタムできるように
26
【STEP6-1】「オリジナルキャラクターを登場させよう」――Fabでアセットをダウンロードしよう
27
「UEFN」って実際どうなの? 編集部が3時間で「みんなで遊べるアクションゲーム(?)」を作ってみた
28
【STEP5-1】スタート時のカウントダウンを作る
29
【STEP4-1】コース外に出たらデスする仕組みを作る
30
【STEP4-2】リスポーンとチェックポイントの仕組みを作る
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

レンダリング(Rendering)
レンダリング コンピューターグラフィックスにおける、各種データ(3Dモデルなど)をプログラムを用いて計算し、画像として表示すること。レンダリングを行うプログラムをレンダラー(Renderer)と呼ぶ。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!