Epic Games、MayaとUE5向けツール「Pose Driver Connect」を公開。Mayaで作成したセカンダリアニメーションをUE5に簡単インポート

2023.12.21
ニュースお役立ち情報ツール紹介3DCGMayaアニメーションアンリアルエンジン
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • Epic Games、Maya/Unreal Engine 5向けの実験段階のツールセット「Pose Driver Connect」を公開
  • Mayaで作ったセカンダリアニメーションをUEにインポートする際のアニメーション再作成を効率化
  • 類似するキャラクターへのリターゲットもできる

Epic Gamesは、MayaUnreal Engine 5に向けた新たなアニメーションツールセット「Pose Driver Connect」を公開しました。「Pose Driver Connect」を使うことにより、 Autodesk Maya で作成したセカンダリアニメーションをアンリアルエンジンにインポートする際、アニメーションの再作成が容易になります。

セカンダリアニメーション」は、3Dアニメーションにおいて、特定のジョイントの動きに連動するよう設定した副次的なアニメーションなどを指します。例えば、人間は腕を上下や前後に振ったとき、腕だけでなく肩甲骨周辺も動きますが、こうした周辺の連動する身体の動きを腕の振りの操作だけで行えるよう設定するのがセカンダリアニメーションです。ここでは、セカンダリアニメーションとはいえ、揺れ物などのような時間的な遅れを持ったものはカバーしません。

Before
After

セカンダリアニメーションなし(左)と、セカンダリアニメーションあり(右)の比較画像。主に肩周りの不自然さが解消されている(画像は公式ブログより引用)

「Pose Driver Connect」がインストールされたアンリアルエンジン(以降、UEと表記)では、PoseWranglerがジョイントセットに対して作成したポーズとその補間方法を定義した計算式をインポートし、同じ演算を使ってAnimation ブループリントでセカンダリアニメーションを再作成できます。

ツールセット「Pose Driver Connect」には、Maya用のプラグイン「PoseWrangler」と、UE5用のプラグイン「Pose Driver Connect」が同梱されています。

各プラグインをそれぞれインストールすることで、Mayaで作成した補助骨の制御をブループリント化し、UEにインポートできます。

インストール方法は、Unreal Engineマーケットプレイスから「Pose Driver Connect」をインストールした後、「<UE5 のインストール場所>\Engine\Plugins\Marketplace\PoseDriverConnect\Content」にあるPoseDriverConnect.zip を「maya/modules」フォルダに解凍し、Mayaを再起動します。

Mayaから次のPython コードで、スクリプトエディタから PoseWranglerを実行できます。

from epic_pose_wrangler import main
pose_wrangler_instance = main.PoseWrangler()

PoseWrangler

PoseWrangler」はMayaUERBFPluginと連携するためのMaya Pythonツールです。

PoseWranglerを適用したMayaでは、ユーザーがセットしたジョイントそれぞれに、ポーズの補間方法を定義した計算式を作成できます。計算式はJSONファイルとして、ポーズはFBXクリップ形式としてエクスポートできます。

また、指定したポーズごとではなく、計算結果をデフォルトポーズからの差分としてエクスポートすることも可能です。これにより、類似するキャラクターへのリターゲットもできます。

画像は公式ブログより引用

Pose Driver Connect

UE向けのC++プラグイン「Pose Driver Connect」では、PoseWranglerでエクスポートしたJSONファイルやFBXファイルのデータをそのまま使用し、自動で既存のAnimation ブループリント内にPose Driverのネットワークをセットアップできます。

これにより、Mayaで作成したセカンダリアニメーションをUEで利用でき、UE上のアニメーション制作を効率化します。

画像は公式ブログより引用

詳しい情報は、公式ブログチュートリアルをご確認ください。

『Pose Driver Connect を使ってよりリアルなアニメーションを短時間で作成』公式ブログUnreal Engineマーケットプレイス『Pose Driver Connect』ストアページ

関連記事

50代からゲーム開発を始めた第21回UE5ぷちコン最優秀賞作『ヘコむス』開発者インタビュー。約40年前の「床をヘコませてボールを転がす」アイデアをUEで実現!
2024.07.16
エピック ゲームズ ジャパンによる講演も行われた「第2回 Unreal Engine KYUSHU LT会 in 鹿児島」、アーカイブ動画および一部のスライド資料が公開
2024.07.11
ゲーム開発者必見のカンファレンス10選【GDC・CEDEC・Unreal Fest・U/Dayなど】
2024.07.11
『GGST』『戦場のフーガ2』などを扱ったセッションを期間限定で無料配信。ダイキン工業、CGクリエイター向けイベント開催に先立ち、7/22(月)から4本の動画を配信
2024.07.10
『ゼンレスゾーンゼロ』登場キャラクター18体や武器などの3Dモデルがpmx形式で無料配布中。bilibiliの特設サイトからダウンロード可能
2024.07.05
SideFX、Houdini 20.5の最新機能を動画で紹介。SOPベースの物理シミュレーション機能「MPM Solver」や、画像処理フレームワーク「Copernicus」のベータ版など
2024.07.05

注目記事ランキング

2024.07.10 - 2024.07.17
VIEW MORE

連載・特集ピックアップ

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

ラグドール(Rag Doll)
ラグドール ぬいぐるみを意味する英語。 ゲームにおける、キャラクターの全身が脱力したかのような挙動を行う物理シミュレーション。ラグドール物理。 例えば、上空からの落下やキャラクターが死亡した際に用いられる。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!