Blender 4.0がリリース。ライトを当てるオブジェクトを選択できる「Light Linking」や、ジオメトリノードを使ってオリジナルツールを作れる「Node Tools」が導入

2023.11.15
ニュース3DCGBlender
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • オープンソースの無料3DCGツール「Blender」バージョン4.0がリリース
  • より現実のカメラに近い色を出力するビュー変換「AgX」が導入される
  • 「Node Tools」の登場で、Pythonを使わないBlenderの拡張に対応

2023年11月14日(現地時間)、Blender開発チームはオープンソースの無料3DCGツール「Blender」のバージョン4.0をリリースしました。

バージョン4.0では新しいプリンシプルBSDFやビュー変換が導入されたほか、Light LinkingRepeat Zoneなどの新機能が追加されています。

アップデートの概要を紹介する公式動画

プリンシプルBSDFが刷新

今回のアップデートで、プリンシプルBSDFノードが刷新されました。Multiple scattering GGXがデフォルトになったほか、レイヤーの階層が調整されたことで、より柔軟な表現が可能となりました。

新たなプリンシプルBSDFのレイヤー構造(画像は公式サイトより引用)

Coatレイヤーが、ベースとなるレイヤー群の上に配置されるようになりました。これにより、ガラスの裏側に光源があるオブジェクトなどをより自然に表現できます。

加えて、CoatレイヤーにはTintとIOR入力が追加されています。

左がBlender 3.6、右がBlender 4.0で制作されている(画像は公式サイトより引用)

表面上の小さな繊維をシミュレートするSheenレイヤーは、全レイヤーの上に配置されます。従来では難しかった、表面に積もったホコリの表現などが可能となります。

Before
After

Sheenレイヤーを使用している場合(右)と使用していない場合(左)(画像は公式ドキュメントより引用)

新たなビュー変換「AgX」が導入

デフォルトのビュー変換が、Filmicから新たに追加された「AgX」に変更されました。

Filmicと比較して、露出がオーバーする領域においてより現実のカメラに近い色に処理されます。つまり、より白に近い色が出力されます。

Before
After

Filmic(左)とAgX(右)の比較(画像は公式ドキュメントより引用)

Cyclesでライトを当てるオブジェクトを選択可能に

Cyclesレンダラーに、特定のオブジェクトのみにライトを当てる「Light Linking」機能が追加されました。同じシーンで、パーツごとに異なるライティングが可能になります。

Before
After

Light Linking未使用時(左)と使用時(右)の比較。キャラクターの肌のみに光が当たるよう設定している(画像は公式サイトより引用)

ライトと影響を受けるオブジェクトの紐づけは、ライトやエミッシブなオブジェクトのLight Linkingパネルから行う(動画は公式サイトより引用)

ノードベースでツールが作れる「Node Tools」が導入

Pythonを使わずにBlenderを拡張するツールが作成できる機能「Node Tools」が導入されました。ジオメトリノードエディタを使用し、ノードベースでツールを制作します。

Node Toolsの使い方を紹介する公式動画

また、ノードを任意の回数ループさせる「Repeat Zone」機能も追加されています。

(画像は公式ドキュメントより引用)

そのほか、オブジェクトのスナップ機能の強化や、メニューの検索機能の追加などが行われています。

アップデートの詳細はリリースノートおよび公式ドキュメントをご確認ください。

Blender 4.0 リリースノート|Blender 公式サイトBlender 4.0 Release Notes |Blender 公式ドキュメント

関連記事

Blender4.2 LTSのベータ版がリリース。EEVEEの改善やレンダリングの強化による主要な既存機能の変更をピックアップ
2024.06.12
「Substance 3D Modeler」が1.11にアップデート。シーン内オブジェクトの管理に役立つScene Outlinerや、指定オブジェクトだけエクスポートできる機能が正式に追加
2024.06.12
業界のプロも薦めるゲームクリエイター向けの書籍28冊を一挙紹介!【プログラミングからプロデュースまで】
2024.06.04
Adobe、「Substance 3D Painter 10」の新機能を公式ブログで紹介。Illustratorとの連携、Python APIによるレイヤースタックの制御など搭載
2024.05.30
効率的なリギングやアニメーション制作をサポート。無料で使えるMaya用フレームワーク「eST3」をポリゴン・ピクチュアズがリリース
2024.05.27
オープンワールドアクションRPG『鳴潮』開発者インタビューをEpic Gamesが公開。精細な昼夜表現やキャラクターのグラデーション表現を実現した方法などを解説
2024.05.23

注目記事ランキング

2024.06.08 - 2024.06.15
VIEW MORE

連載・特集ピックアップ

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

レベル(Level)
レベル
  1. ゲーム開発において、位置情報を持つオブジェクトが配置されている地形。
  2. RPGなどのゲームにおいて、キャラクターの成長度合いを示す数値。レベルアップなど。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!