任天堂、『スーパーマリオブラザーズ ワンダー』開発陣へのインタビュー記事を公開。約11年ぶりの2Dマリオに生まれた「変化」をゲームやキャラクターのデザインなどから語る

2023.10.20
ニュース
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • 任天堂公式サイトの「開発者に訊きました」企画で、『スーパーマリオブラザーズ ワンダー』開発者へのインタビュー記事が掲載
  • 「画面全体の変化」という新しいテーマのきっかけや、キャラクター制作へのこだわりが語られる
  • 「自由にクリアできる」「世界中の人とゆるくつながる」といった、今の時代に合わせた工夫についても語られる

任天堂公式サイトの「開発者に訊きましたコーナーで、スーパーマリオブラザーズ ワンダーの開発者へのインタビュー記事が公開されました。『スーパーマリオブラザーズ ワンダー』は、2023年10月20日(金)に発売になったNintendo Switch用ソフトです。

本インタビュー記事は2023年10月17日(火)より順次公開され、現在は4つのCHAPTER全てが公開されています。

本記事では、プロデューサーの手塚 卓志氏、ディレクターの毛利 志朗氏、ゲームデザイン担当の林田 宏一氏、アートディレクターの佐藤 真靖氏、サウンドディレクターの近藤 浩治氏が、今作の開発の裏側について話しています。

CHAPTER1: 「変化」というテーマ』では、2D横スクロールアクションゲームとしての『スーパーマリオブラザーズ』シリーズ完全新作を開発するにあたり、テーマ決定に至る過程を紹介しています。

CHAPTER2: ちゃんと描いてあげたい』では、今作のキャラクター制作について紹介しています。3Dモデルとなったキャラクターの、ゲームをプレイする時の見た目が最適化されるような工夫や、キャラクターごとのジャンプ音をすべて変えるといったこだわりについて語られています。

CHAPTER3: 自由にクリアできる』では、アクションゲームが苦手な人でも、もっと先に進みたいと思えるように、今の時代に合わせた工夫について紹介しています。

CHAPTER4: ゆるいつながり』では、オンラインで遊んで楽しいマリオにするための仕組みについて紹介しています。オンラインプレイで、他のプレイヤーが「ライブゴースト」として表示される本作の狙いなどについて話しています。

詳しくは、『開発者に訊きました:スーパーマリオブラザーズ ワンダー』をご覧ください。

開発者に訊きました:スーパーマリオブラザーズ ワンダー | 任天堂『スーパーマリオブラザーズ ワンダー』公式サイト

関連記事

Unreal Engine 5.4.3がリリース。Mac向けにパッケージ化する際に起こるエラーの修正や、BaseDeviceProfiles.iniの2024年発売のiPadへの対応など
2024.07.17
税込5万円以下でMini LED・量子ドットを採用した「Xiaomi Mini LED ゲーミングモニター G Pro 27i」、7/25(木)に発売
2024.07.16
インディーゲームの大規模テストプレイプラットフォーム「G.Round」の日本語対応が進行中。日本からのテストプレイヤーやデベロッパーを募集
2024.07.12
Godot Engineを採用した「RPG Maker」シリーズ最新の2Dアクションゲーム制作ツール『ACTION GAME MAKER』が、2025年リリースを目指し開発中
2024.07.12
エピック ゲームズ ジャパンによる講演も行われた「第2回 Unreal Engine KYUSHU LT会 in 鹿児島」、アーカイブ動画および一部のスライド資料が公開
2024.07.11
ゲームのボイス制作全般を担う新たな分野「ボイスデザイン」とは。Audiokineticのブログで解説記事が公開
2024.07.11

注目記事ランキング

2024.07.11 - 2024.07.18
VIEW MORE

連載・特集ピックアップ

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

パッケージ化
パッケージカ ゲーム開発において、ゲームの実行に必要なデータのみを、実行ファイルとそれに付随するデータの形式に変換すること。プラットフォームに合わせたファイルフォーマットに変換するほか、この段階でアセットファイルを再利用や改ざんすることができないように暗号化することが多い。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!