トリが空中を華麗に舞って武器を使い、最後はタックルで場外にぶっ飛ばす3D空中対戦アクション『ぶっとバード』【BitSummit Let’s Go!!】

2023.07.14
注目記事イベントレポートBitSummit2023
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!

2023年7月14日(木)から16日(日)の3日間、京都みやこめっせで開催されたBitSummit Let’s Go!!。展示されたゲームの中から、今回は「ロコビット」が開発する3D空中対戦アクション『ぶっとバード』を紹介するとともに、同作品の開発者 溝邊 雄一氏、犬嶋 遥氏に本作の取り組みについて聞きました。

TEXT / HATA

目次

ジェットパックを背負った“トリ”を操作して、ライバルをぶっとばす4人対戦アクション

1Pのタックルが4Pに決まった直後。4画面で大空中戦!

『ぶっとバード』は、4人対戦の3Dアクション。プレイヤーは空中を自由に動き回りながら、ライバルを銃やミサイルなどの武器で気絶させ、気絶させたらタックルで場外にぶっ飛ばすのが目的です。

主人公が「トリ」だけあって、空中を自由に移動する操作感や、相手を気絶させる武器も種類がありプレイをする中で自分のプレイスタイルを確立させて楽しむことができるでしょう。ライバルを気絶させた後のタックルも、突進している感じがあり空中戦を体感できます。

本作は、PC(Steam)/ Nintendo Switch向けに開発中です。

フィールド内にあるアイテムには視界を妨げる効果なども

背中の武器は今後もっと増える予定だ

自分で飛べるトリがジェットパックを背負い、武器を使っているのに最後はタックルでキメるというツッコミどころのあるのが面白い

本作の開発について、ロコビットの皆さんにお話を伺いました。

本作の開発責任者 溝邊氏(右)ディレクターの犬嶋氏(左)

本作を開発したのは、ロコビットの溝邊氏と犬嶋氏率いる開発陣。今の形になるまで、企画段階では試行錯誤もあった本作。当初はドローンを使った空中戦ゲームだったそうです。

開発メンバーは6名で多くの若手が参加しており、入社2年目のデザイナーがキャラクターデザインを手掛けるなど大胆な起用を行った点もインディーゲーム開発らしいと言えるのではないでしょうか。

開発環境はUnity 2021 LTSを使用しており、グラフィックではMayaを使用。空中戦の物理演算はC#で自分たちの理想とする空中戦を実現するためプログラミングを行っています。実際に動かす中で空中戦の気持ちよさやぶっ飛ばす気持ちよさの追及を、社内でのプレイ会などを通じて何度も繰り返したそうです。

特に、空中戦のカメラワークはトライアンドエラーを繰り返し、カメラを少し引いたりすることでスピード感のある突進をユーザーに味わってもらえるようにしたと犬嶋氏は言います。

受託開発を行っているロコビット。「本作では専門の開発ラインを設け、日々開発に邁進していますが、完成度はまだ体感では30%くらいだ」と溝邊氏。

これまでの開発ではゲームの根幹となる面白さやキャラクターのビジュアルを固めることに注力していたとのことで、これからはボリュームゾーンの点で満足してもらえるようにしたいと意気込みを語りました。スピード重視のトリや体力重視のトリ、新武器などの追加も予定しています。

さらに、コロナ後のことを考えると4人がリアルに集まる時に楽しむだけでなく、オンライン対戦も模索しているとのことでした。Steamでのリリースも予定されている本作ですが、まずはNintendo Switchへのリリースを優先し、対戦を楽しんでもらえるようにしているそうです。

自分たちの目指すゴールとユーザーの意見を近づけながらリリースを目指す『ぶっとバード』。ぜひ遊んでほしいと思います。

なお、『BitSummit Let’s Go!!』でのロコビットのブース番号はIP-03です。

空中戦を楽しめる本作ですが、インタビューの中で溝邊氏が「自分で飛べるトリがジェットパックを背負い、武器を使っているのに最後はタックルでキメるというツッコミどころがある」と語ったのが印象的で、たしかにツッコミどころがあってコミカルな作品になっていると感じました。

気になっている皆さんは、ぜひプレイしてみてください。

ロコビットチャンネル https://www.youtube.com/@user-kb1zk5dt6b
公式Twitter https://twitter.com/ButtoBird
販売サイト(ストアページ) 未定
リリース時期 未定
『ぶっとバード』公式サイトBitSummit Let's Go!!公式サイト
HATA

5歳の頃、実家喫茶店のテーブル筐体に触れてゲームライフが始まる。2000年代にノベルゲーム開発を行い、異業種からゲーム業界に。ゲームメディアで記事執筆を行いながらゲーム開発にも従事する。

関連記事

『BitSummit Let’s Go!!』の総来場者数、BitSummit史上最高の23,789人を記録。来年は7/19(金)~7/21(日)に開催を予定
2023.07.25
叩きこむ!振りまわす!変わったコントローラーの気になる中身も見せちゃいます。「make.ctrl.Japan」ブース【BitSummit Let’s Go!!】
2023.07.20 [PR]
長考続出!?フルスクラッチ開発の3Dパズル『Synchronity』は専用エディタも完備の意欲作【BitSummit Let’s Go!!】
2023.07.20
『BitSummit Let’s Go!!』アワード受賞作品が発表。エレキギターを操る横スクロールアクション『Death the Guitar』が大賞に輝く
2023.07.19
アルゼンチンと東京の超長距離リモート開発。スマホ展開も見据えた対戦ゲーム『MonstaBox(モンスタボックス)』【BitSummit Let’s Go!!】
2023.07.19
画面の「回転」を駆使する「シュレディンガーシステム」が特徴の3DパズルRPG『CASSETTE BOY』、Web制作会社の社長が一人で開発中【BitSummit Let’s Go!!】
2023.07.18

注目記事ランキング

2024.02.19 - 2024.02.26
1
UEFNで使えるプログラミング言語「Verse」のノウハウが集結。『UEFN.Tokyo 勉強会 03 Verse Night』レポート
2
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
3
『フォートナイト』で動く本格的なゲームが作れるツール「UEFN」とは?従来のクリエイティブモードから進化したポイントを一挙紹介!
4
【CHALLENGE1】「クリエイター ポータル」を使って、UEFNで作成した島を世界中に公開する
5
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.1「アイテム系」
6
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧
7
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.5「島の設定」
8
NIKEのAir Maxをテーマにしたフォートナイトの島『Airphoria』、制作に関するチュートリアルが公開
9
【STEP2】UEFNの基本的な使い方を覚えよう
10
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part1
11
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part1
12
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.4「ゲームシステム系」
13
【CHALLENGE2-1】フレンドと一緒にゲームを作ろう――UEFNプロジェクトをチームメンバーとリアルタイムで共同編集する
14
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.2「ユーティリティ系」
15
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
16
【CHALLENGE3】UEFNの機能「ランドスケープ」を使ってオリジナルの地形を作る
17
フォートナイトとUEFNがv28.20にアップデート。「キーの長押しによるチャージシステムの実装」などを実現する「入力トリガーの仕掛け」が登場
18
フルカラー書籍「UEFN(Unreal Editor For Fortnite)でゲームづくりを始めよう!」、ついに本日発売!全国書店で好評発売中!
19
【STEP6-1】「オリジナルキャラクターを登場させよう」――Fabでアセットをダウンロードしよう
20
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part2
21
【STEP4-1】コース外に出たらデスする仕組みを作る
22
『フォートナイト』で建築ビジュアライゼーション!?UEFNでオリジナルの世界観をどう作り上げたか、その手法を解説【UNREAL FEST 2023 TOKYO】
23
フォートナイトとUEFNがv26.30にアップデート。ロビー画面が一新され、クリエイターが島ごとにロビー背景を自由にカスタムできるように
24
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.3「プレイヤー系」
25
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.6「チーム・対戦系」Part1
26
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.9「建築物系」Part1
27
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part2
28
【STEP3】オリジナルのアスレチックコースを作ろう
29
【STEP4-2】リスポーンとチェックポイントの仕組みを作る
30
【STEP5-1】スタート時のカウントダウンを作る
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

ワイヤーフレーム(Wire Frame)
ワイヤーフレーム
  1. 3Dモデルのエッジ情報のみを表示するレンダリング手法。ゲーム開発においては、3Dモデルやシーンのポリゴン構造を確認することに用いることが多い。
  2. UIやWebページなどのレイアウトを決めるための設計図。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!