AIに画風をパクられたらどうすべき?AIにまつわる著作権の考え方を文化庁が解説した著作権セミナー「AIと著作権」のアーカイブ動画と資料が公開

2023.06.23
ニュースAI
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!

この記事の3行まとめ

  • 文化庁が著作権セミナー「AIと著作権」の講演映像と講義資料を公開
  • AIと著作権の関係についてAI開発・学習段階と生成・利用段階に分けて解説
  • クリエイターの海賊版相談窓口や生成AI利用者への注意、AI生成物の著作権についても語る

文化庁は、2023年6月19日(月)に開催された著作権セミナー「AIと著作権」の講演映像と講義資料を公開しました。

講演は「第1部 著作権制度の概要」、「第2部 AIと著作権」の2部構成です。第1部では、AIと著作権の関係を理解するうえで必要となる著作権制度について解説されています。第2部では本題のAIと著作権の関係についてAI開発・学習段階生成・利用段階に分けて解説されています。

画像は令和5年度著作権セミナー「AIと著作権」講演資料から引用

生成AIの学習データセットは、数十億点にもなる大量の学習用データを使用して制作されますが、個別に著作権の許諾を得るのは非現実的です。このような事例を受け、ビッグデータやAIといった「第4次産業革命」に関する技術の発展に対応するため、著作権の整備が検討されてきました。

法第30条の4導入時に著作物の「入力」と「出力」は分けて検討する必要がある、とされた(画像は令和5年度著作権セミナー「AIと著作権」講演資料から引用)

こうした検討を経て、2018年の著作権法改正柔軟な権利制限規定が設けられました(法第30条の4)。これは「著作物に表現された思想又は感情の享受を目的としない利用」についての利用を認めるものです(ただし書きあり)。

認められたのは「思想又は感情の享受を目的としない利用」の場合で、学習用データとしての収集・複製が一律に許されているわけではない(画像は令和5年度著作権セミナー「AIと著作権」講演資料から引用)

文化庁では法第30条の4等の「柔軟な権利制限規定」の解釈の参考となる資料も公開しています。具体的な事例について知りたい方はこちらもご覧ください。

また、AIを利用して画像等を生成した場合に著作権を侵害しているかどうかは、これまでの著作権の考えに則り「類似性」と「依拠性」によって判断されます。

画像は令和5年度著作権セミナー「AIと著作権」講演資料から引用

文化庁は「『依拠性』の有無は、最終的には裁判所により、個別の作品ごとに判断される」としたうえで、AI生成物の考え方を整理し、周知を進めていく、としています。

この他、海賊版対応ノウハウを集約した「海賊版対策情報ポータルサイト」の紹介や生成AI利用時に著作権侵害をしないための注意、AI生成物が著作物にあたるかどうかの考え方についても述べられました。

詳細は、文化庁 「令和5年度著作権セミナー「AIと著作権」の講演映像及び講演資料を公開しました。」をご確認ください。

文化庁 「令和5年度著作権セミナー「AIと著作権」の講演映像及び講演資料を公開しました。」

関連記事

AIによる高解像技術「XeSS 1.3」、Intelがリリース。AIモデルの改善などによりパフォーマンスが向上し、ゴーストやモアレも軽減
2024.04.10
Adobe Substance 3Dアプリ、「Firefly」の生成AI機能が導入。テキストからテクスチャ・背景を生成できる
2024.03.20
ユーザーの声を自動監視・AI分析するツール「Oreo」、無料プランを新設。Xだけでなく、Steamの投稿も監視対象に追加可能
2024.03.14
Unity Museのテクスチャ生成機能のAIモデルがアップデート。石畳や木材がより精細に、奥行きも表現
2024.03.09
実写映像を3Dアニメーション化するAIツール「Wonder Studio」にUEエクスポート機能追加。カメラやキャラクターアニメーションなどの要素に分解も可能
2024.02.16
NVIDIA、ローカル環境で動くAIチャットボット『NVIDIA Chat With RTX』を無料で公開
2024.02.14

注目記事ランキング

2024.04.08 - 2024.04.15
1
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧
2
フォートナイトとUEFNがv29.20にアップデート。見下ろし視点でもプレイヤーキャラクターの向きを操作できるようになった
3
『フォートナイト』で動く本格的なゲームが作れるツール「UEFN」とは?従来のクリエイティブモードから進化したポイントを一挙紹介!
4
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
5
【CHALLENGE1】「クリエイター ポータル」を使って、UEFNで作成した島を世界中に公開する
6
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.1「アイテム系」
7
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.5「島の設定」
8
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part1
9
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part2
10
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.2「ユーティリティ系」
11
【CHALLENGE2-1】フレンドと一緒にゲームを作ろう――UEFNプロジェクトをチームメンバーとリアルタイムで共同編集する
12
『フォートナイト』で建築ビジュアライゼーション!?UEFNでオリジナルの世界観をどう作り上げたか、その手法を解説【UNREAL FEST 2023 TOKYO】
13
【STEP2】UEFNの基本的な使い方を覚えよう
14
【CHALLENGE3】UEFNの機能「ランドスケープ」を使ってオリジナルの地形を作る
15
UEFNで使えるプログラミング言語「Verse」のノウハウが集結。『UEFN.Tokyo 勉強会 03 Verse Night』レポート
16
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
17
フルカラー書籍「UEFN(Unreal Editor For Fortnite)でゲームづくりを始めよう!」、ついに本日発売!全国書店で好評発売中!
18
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.6「チーム・対戦系」Part1
19
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.4「ゲームシステム系」
20
フォートナイトとUEFNがv29.10にアップデート。プレイヤーのジャンプや射撃などの入力を無効化するオプションが追加
21
【STEP4-1】コース外に出たらデスする仕組みを作る
22
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.3「プレイヤー系」
23
「UEFN」って実際どうなの? 編集部が3時間で「みんなで遊べるアクションゲーム(?)」を作ってみた
24
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part1
25
【STEP4-2】リスポーンとチェックポイントの仕組みを作る
26
【STEP3】オリジナルのアスレチックコースを作ろう
27
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.8「ゾーン系」
28
【STEP5-1】スタート時のカウントダウンを作る
29
【STEP6-1】「オリジナルキャラクターを登場させよう」――Fabでアセットをダウンロードしよう
30
【STEP1】「UEFN」を入手しよう
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

レベル(Level)
レベル
  1. ゲーム開発において、位置情報を持つオブジェクトが配置されている地形。
  2. RPGなどのゲームにおいて、キャラクターの成長度合いを示す数値。レベルアップなど。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!