『バーチャルマーケット』主催のHIKKYが、Webメタバース開発エンジン『Vket Cloud』を提供開始。ブラウザ視聴環境だけでアクセスできるワールドが公開可能

2023.04.23
ニュースVR・AR・MR
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!

この記事の3行まとめ

  • HIKKYがWebメタバース開発エンジン『Vket Cloud』をリリース
  • ブラウザ視聴できる環境ならワンクリックでアクセスできるWebメタバースを無料で制作可能
  • ワールド制作にはVket AccountのID登録とUnityへのVket Cloud SDKインストールが必要

VRイベント『バーチャルマーケット』を主催するHIKKYがWebメタバース開発エンジン『Vket Cloud』のサービスを開始しました。

Vket Cloud』は自分だけのWebメタバースを作成し、その利用を可能にするメタバース開発エンジンです。『Vket Cloud』で制作したワールドでは、アバター操作によるバーチャル空間の移動はもちろん、他のユーザーと音声・チャットで会話する機能やC#ベースの独自スクリプト実装が利用できます。

Vket Cloud』は無料から利用でき、制作したワールドでは個人・企業を問わず商業的な活動(※)が許されています。

※ 自分(自社)以外の第三者へVket Cloudを用いたサービス提案を行いたい場合は、別途申請が必要

作られたワールドはインターネットに接続してブラウザ視聴できる環境があれば、専用のアプリ・機材を必要とせず、URLをクリックするだけで利用できます

HIKKYが運営するメタバースサービス『My Vket』では『Vket Cloud』を使って公式ユーザーや個人ユーザー制作したワールドが公開されています。

ワールドを制作するには、公式サイトからVket AccountのIDを登録し、UnityにVket Cloud SDKをインストールする必要があります。Vket Cloud SDKはワールドの制作とアップロードに使用します。1つのIDでワールドは複数制作が可能です。

Vketマガジンの公式noteでは『Vket Cloud ワールド制作教室』というマガジンを開設。Vket Cloud SDKでワールドを作る手順が詳細にまとめられていますので、こちらも参考にしてください。

Vket Cloudは今後、独自ドメインの使用、外部APIとの連携、メタバース内での決済など、新たな機能の実装を予定しているとのこと。

詳しくは、Vket Cloud 公式サイトをご確認ください。

「Vket Cloud」公式サイト『My Vket』公式サイトプレスリリース

以下、プレスリリースからの引用です。


世界最大のVRイベント「バーチャルマーケット」を主催する株式会社HIKKY(本社:東京都渋谷区、代表取締役:舟越靖、以下HIKKY) は、HIKKY独自開発のWebメタバース開発エンジン「Vket Cloud(ブイケットクラウド)」を一般に向け本リリースし、2023年4月20日よりサービス提供を開始いたします。

Vket Cloudはこれまで、HIKKYから他社企業様への技術提供及びβ版をテスターの方々に提供してまいりました。今回の一般提供開始により、個人・法人問わずどなたでもVket Cloudを用いて、アプリレスでURLクリックだけでアクセスできるWebメタバースを制作できるようになります。

また本リリースされたVket Cloudでは、自動文章生成AIのChatGPTとの連携機能を試験的に導入し、ChatGPTを用いてコミュニケーションができるAIアバターの設置などが可能です。

Vket Cloud公式サイト:https://cloud.vket.com
Vket Cloud公式Twitter:https://twitter.com/VketCloud

 

  • Vket Cloud一般サービス提供開始の背景

Vket Cloudは、「Webメタバース」という新しい形で、より表現豊かなコンテンツを展開できるメタバース開発エンジンです。
これまで2Dでしか表現できなかったことが、3Dになることでより表現の幅や没入感が高まり、リアルに近い体験の提供が可能になります。ユーザーがアバターとなって空間内に入り、隣にいる人と自由に会話をしたり、一緒に展示やショーを観たりといった、2DのWebサイトでは叶えられなかった体験や新しい出会いを生み出すことができるようになります。さらにVket Cloudで制作されたメタバース空間には、アプリレスでURLクリックだけでどんなデバイスからもアクセスできるため、今までメタバースに馴染みのなかった方も手軽に触れることが可能です。

すでにVket Cloudではその技術を用いて、バーチャルマーケットのWebブラウザ会場として数多くの企業のメタバース店舗の展開や、有名アーティストによるバーチャルライブを実施してきた他、秋葉原の駅と街を再現したバーチャル空間「バーチャルアキバワールド(https://jrakiba.vketcloud.com/VAW/ )」や、沖縄発のメタバース「バーチャル沖縄( https://virtualokinawa.jp/  )」などのコンテンツを提供してきました。このようなコンテンツを広く多くの方に制作いただけるよう、Vket Cloudの一般提供を開始いたしました。

インターネットが様々なWebサイトが構築されたことでより大きく広がっていったように、Vket Cloudで誰もが手軽にアクセスできるメタバース空間を制作し、メタバースがより身近な存在になることを目指します。

  • Vket Cloud一般サービス提供でできること​

【無料で利用可能】 
誰でも無料でお使いいただけるフリープランをご用意。公式サイトからIDをご登録の上、Vket Cloud SDK(Vket Cloudを使った仮想空間が個人のPCから制作できる開発キット)をダウンロードいただき、Unityへ取り込んでいただくことでメタバースを制作することができます。1つのIDでメタバースはいくつも制作が可能です。

【商用利用可能】 

Vket Cloudを使用して制作されたメタバースは、個人・法人を問わず自分(自社)のサービスに関する商用での利用が可能です。例えば、SNSのリンクを貼ったり、自分のつくった3Dモデルを置き外部の販売サイトに誘導したり、サービス紹介やイベント開催で人を招いたりなど、自由にお使いいただけます。

※自分(自社)以外の第三者へVket Cloudを用いたサービス提案を行いたい場合は、別途申請が必要です。詳しくはお問い合わせください。

【スクリプトを用いたコンテンツを実装できる】
Vket CloudはWebブラウザ上でありながら100万ポリゴン以上の描画性能を持ち、美しい空間を制作できる開発エンジンですが、これからはC#をベースとした独自スクリプトを用いてミニゲームなども制作できるようになります。これにより、展示品を設置するだけでなく、ユーザーがメタバースをより楽しむことができるコンテンツを実装することができます。

【制作者専用のオリジナルWebサイトを持てる】
Vket Cloudでワールドを制作すると、制作したワールドが掲載されたWebサイトをつくることができます。かつてのブログやホームページのように、あなたの制作したワールドが一覧になったWebサイトは、ポートフォリオや活動の宣伝となり、URLを共有するだけで周囲に情報拡散することができます。

【My Vket内に制作ワールドが掲載】
Vket Cloudで作られたワールドは、HIKKYが運営するメタバースサービス「My Vket(マイブイケット)」内にも一覧で表示されます。My Vketからの導線があることで、My Vketユーザーがふらりとあなたの制作したワールドに訪れてくれるかもしれません。

【ChatGPT搭載で多様なコンテンツがつくれる】
Vket Cloudでは、自動文章生成AIのChatGPTとの連携機能が試験的に導入されており、ChatGPTによってテキストチャットを行うAIアバターの配置が可能です。今後は利用者が独自に作成したプロンプトを設定することで、空間内を自由に動くAIアバターと音声による会話なども可能にしていく予定で、AIとメタバースを連携させた様々な可能性を拡げていきます。

  • ​今後の展開予定

Vket Cloudは今後も独自URLの使用、外部APIとの連携、メタバース内での決済など、より多様なケースでお使いいただけるように新たな機能を続々と実装していきます。そのうち一部は有償プランとして提供予定です。

メタバース制作のご相談、Vket Cloudの活用に関しては、下記フォームよりお問い合わせください。
https://www.hikky.co.jp/contact?type=service&category=company

今後も、HIKKYはVket Cloudに更なる機能や可能性を追加していき、メタバースの発展に貢献してまいります。ぜひご期待ください。

【Vket Cloud本リリース記念YouTube生配信】
Vket Cloudの一般サービス提供開始を記念して、YouTubeにて生配信を行います。Vket Cloudについて詳しくご紹介いたしますのでぜひご覧ください。
[配信日時] 2023年4月20日(木)20:00〜
[出演]
さわえ みか(株式会社HIKKY COO/CQO)
いちだ(株式会社HIKKY)
[配信URL]https://www.youtube.com/watch?v=ogJkHQYeNBw

【公式ディスコードで勉強会を毎日開催】
Vket Cloud SDKの導入方法、ワールドの作成方法など、詳しく解説をする勉強会を4月21日(金)~4月28日(金)の期間中、公式ディスコード内で毎日開催したします。詳しくは下記公式ディスコードにご参加ください。
Vket Cloud公式ディスコード:https://discord.gg/cwvybpskmE

【株式会社HIKKYについて】
-クリエイティビティの価値が、幅広く認められる世の中を創り出す-
株式会社HIKKYは、誰もが自由に創り、アクセスできるオープンなメタバースを実現するVR法人です。業界を牽引する注目のクリエイターをメンバーとし、「Vket Cloud」をはじめとする独自性の高いメタバースソリューションの提供、メタバースイベントの企画運用、VR/AR領域への事業参入をサポートするコンサルティングサービスを主業とします。バーチャル世界の生活圏・経済圏・文化圏を発展させ、クリエイティビティを持つすべての人がより自由に、ゆたかに生きられる社会を目指します。
HIKKYが主催する世界最大のVRイベント「バーチャルマーケット」は、2021年にギネス世界記録™を取得。その他、国際的なVR表彰式「VR AWARDS」のマーケティング部門で最優秀賞、日本の「XR CREATIVE AWARD 2020」で最優秀賞を受賞しました。
代表取締役CEO: 舟越靖
本社:〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿一丁目20番22号 三富ビル4F
設立:2018年5月1日
URL:https://www.hikky.co.jp/

関連記事

VRで感覚を生じさせる仕組み「神経刺激インタフェース」について解説した書籍、コロナ社から発売
2024.03.25
「Meta Quest 2/Pro」を寝転がった状態で使いやすくなる新機能、ソフトウェア・バージョン「v63」で試験導入。新たな決済方法「Quest Cash」も
2024.03.07
ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン、Apple Vision Pro向けOS「visionOS」サポート開始を発表。有料プランユーザーがUnity 2022 LTS以降のバージョンで利用可能に
2024.02.02
「Apple Vision Proデベロッパの事例とQ&A」、Appleが公開。visionOSアプリの開発チームの紹介や、Q&Aページを集約
2024.01.31
「mocopi」のトークライブで、1月18日リリースのVer2.0.0の内容発表。VR機器併用時のトラッキング精度の改善や配信時などに適した上半身集中モードを実装予定
2024.01.15
スタンドアロンヘッドセットに最適化された『VIVEトラッカー(Ultimate)』発売。2台の広角カメラを搭載し、ベースステーションなしでのトラッキングを実現
2023.12.01

注目記事ランキング

2024.04.08 - 2024.04.15
1
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧
2
フォートナイトとUEFNがv29.20にアップデート。見下ろし視点でもプレイヤーキャラクターの向きを操作できるようになった
3
『フォートナイト』で動く本格的なゲームが作れるツール「UEFN」とは?従来のクリエイティブモードから進化したポイントを一挙紹介!
4
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
5
【CHALLENGE1】「クリエイター ポータル」を使って、UEFNで作成した島を世界中に公開する
6
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.1「アイテム系」
7
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.5「島の設定」
8
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part1
9
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part2
10
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.2「ユーティリティ系」
11
【CHALLENGE2-1】フレンドと一緒にゲームを作ろう――UEFNプロジェクトをチームメンバーとリアルタイムで共同編集する
12
『フォートナイト』で建築ビジュアライゼーション!?UEFNでオリジナルの世界観をどう作り上げたか、その手法を解説【UNREAL FEST 2023 TOKYO】
13
【STEP2】UEFNの基本的な使い方を覚えよう
14
【CHALLENGE3】UEFNの機能「ランドスケープ」を使ってオリジナルの地形を作る
15
UEFNで使えるプログラミング言語「Verse」のノウハウが集結。『UEFN.Tokyo 勉強会 03 Verse Night』レポート
16
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
17
フルカラー書籍「UEFN(Unreal Editor For Fortnite)でゲームづくりを始めよう!」、ついに本日発売!全国書店で好評発売中!
18
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.6「チーム・対戦系」Part1
19
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.4「ゲームシステム系」
20
フォートナイトとUEFNがv29.10にアップデート。プレイヤーのジャンプや射撃などの入力を無効化するオプションが追加
21
【STEP4-1】コース外に出たらデスする仕組みを作る
22
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.3「プレイヤー系」
23
「UEFN」って実際どうなの? 編集部が3時間で「みんなで遊べるアクションゲーム(?)」を作ってみた
24
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part1
25
【STEP4-2】リスポーンとチェックポイントの仕組みを作る
26
【STEP3】オリジナルのアスレチックコースを作ろう
27
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.8「ゾーン系」
28
【STEP5-1】スタート時のカウントダウンを作る
29
【STEP6-1】「オリジナルキャラクターを登場させよう」――Fabでアセットをダウンロードしよう
30
【STEP1】「UEFN」を入手しよう
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

レベル(Level)
レベル
  1. ゲーム開発において、位置情報を持つオブジェクトが配置されている地形。
  2. RPGなどのゲームにおいて、キャラクターの成長度合いを示す数値。レベルアップなど。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!