3Dスキャンアプリ『Luma AI』がUE5プラグイン「LumaAIPlugin」のアルファ版公開。3Dモデルの照明に関するブループリントも自動生成

2023.04.05
ニュース3DCGAI
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • Luma AIがWindows版のUnreal Engine 5プラグイン「LumaAIPlugin」のアルファ版公開
  • 3Dキャプチャーを取り込み、Unreal Engine 5上で利用可能になるプラグイン
  • 取り込んだ3Dモデルの照明に関するブループリントも自動的に生成

2023年4月3日(日)、Luma AIがUnreal Engine 5(以下、Unreal Engine 5はUE5と表記)のプラグイン「LumaAIPlugin」のアルファ版を公開しました。これにより3Dスキャンアプリ『Luma AI』で生成した現実世界のオブジェクトをUE5で表示し、ゲーム開発などに利用できるようになります。このプラグインは、現在のところWindows版が公開されています。

『Luma AI』は「NeRF(※1)」と呼ばれる機械学習モデルを利用した3Dスキャンアプリです。『Luma AI』にアップロードした画像・動画から3Dモデルを作成でき、ベータ版を無料で利用できます。

※1 Neural Radiance Field。さまざまな角度から撮影した複数の写真を使って推定し、3Dシーンを生成できる

今回、公開されたプラグインは『Luma AI』が提供するサンプルプロジェクト(※2)にウェブ版『Luma AI』の3DモデルからダウンロードしたLuma Field Fileをインポートして使います。

※2 Luma Unreal Engine Pluginダウンロードページにはサンプルプロジェクト以外でこのプラグインを使用する方法も紹介されています

Luma Field Fileは『Luma AI』でスキャンした各データの「ダウンロード」画面から取得できる(画像はLuma Unreal Engine Pluginダウンロードページから引用)

このプラグインは、UE5に取り込んだ3Dモデルの照明に関するブループリントを自動的に生成します。ただし、コリジョンは生成されないので、ゲーム内の物理演算などで使用する場合は手動で追加が必要です。

実際にキャプチャーをUE5上に取り込んだ様子。生成されたブループリントなどが確認できる

撮影した対象物のみの表示・利用も可能

本プラグインのサンプルプロジェクトは、ゲームなどのリアルタイムプロジェクト向けのものと、映画などのシネマティクスプロジェクト向けの2種類が提供されています。

詳細はLuma AIの公開ページをご確認ください。

Luma Unreal Engine Pluginダウンロードページ

関連記事

オープンワールドアクションRPG『鳴潮』開発者インタビューをEpic Gamesが公開。精細な昼夜表現やキャラクターのグラデーション表現を実現した方法などを解説
2024.05.23
「次世代のAI PC」向けアプリの開発キット「Snapdragon Dev Kit for Windows」、Microsoft Buildで発表
2024.05.22
AI活用の最適化を掲げる「Copilot+ PC」、Microsoftが発表。行動履歴から目的の情報を探し出せる「Recall」などを利用可能
2024.05.21
Adobeの「Substance 3D Modeler」のバージョン1.10.50がパブリックベータに。ブーリアンを使った非破壊プリミティブやオブジェクトのアウトライン管理が可能に
2024.05.20
『NieR Replicant ver.1.22474487139…』におけるHoudiniの活用事例、トイロジックがブログで紹介。UVスクロールで複雑なエフェクトを作成
2024.05.13
3Dモデルの見た目は変わらず、データサイズを3分の1に。インフィニットループ、自社ブログで頂点レイアウトについて解説
2024.05.13

注目記事ランキング

2024.05.20 - 2024.05.27
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

フォグ(Fog)
フォグ 「霧」を意味する英単語。3DCGにおいて、現実の霧による見た目をシミュレーションする画面効果やエフェクトを指す。代表的なものとして、カメラから遠くにあるオブジェクトの色調を変化させることで遠近感を出す手法がある。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!