UE5の「Lumen」や「仮想シャドウマップ」学習のおともに。教育関係者、学生向けのガイドをEpic Gamesが公開

2023.02.20
ニュースアンリアルエンジン
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • 教育関係者、学生向けに作られたUE5ライティングに関する資料『Lighting in Unreal Engine 5 for Educators and Students』が公開
  • 「Lumen」「仮想シャドウマップ」「GPU Lightmass」の主要な概念と使用のコツに触れる
  • 学習におけるアドバイスや学習リソースもあわせて紹介

Epic Gamesは教育関係者や学生に向けて、Unreal Engine 5(以下、UE5)におけるライティング技術の資料『Lighting in Unreal Engine 5 for Educators and Students』を公開しました。

UE5では、新機能「Lumen」や「仮想シャドウマップ」、「GPU Lightmass」が追加され、ライティングシステムが大きく更新。それにともない、今後UE5を使用した制作には、これらの機能への理解が求められます。

公開された資料では、UE5の新しいライティング技術の主要な概念に触れ、その学習に役立つドキュメントを紹介しています。

加えて、UE5におけるライティングを学ぶ学生へのアドバイスもあわせて記載されています。

フォートナイトにおけるLumen適用例。Lumenは、UE5から導入された、動的なグローバルイルミネーションおよび反射システム(画像は資料より引用)

Before
After

従来のカスケードシャドウマップ(左)と、仮想シャドウマップ(右)の比較。仮想シャドウマップは、高解像度のシャドウマップを少ないメモリ使用量で扱うシステム(画像は資料より引用)

詳細は、Unreal Engine 公式ブログをご覧ください。

Download the ‘Lighting in Unreal Engine 5 for Educators and Students’ guide『Lighting in Unreal Engine 5 for Educators and Students』PDF

関連記事

エピック ゲームズ ジャパンによる講演も行われた「第2回 Unreal Engine KYUSHU LT会 in 鹿児島」、アーカイブ動画および一部のスライド資料が公開
2024.07.11
ゲーム開発者必見のカンファレンス10選【GDC・CEDEC・Unreal Fest・U/Dayなど】
2024.07.11
「Unreal Engine」2024年7月の無料マーケットプレイスコンテンツが公開!何千ものポーンを制御するプラグインや、スタイライズされた環境アセットのバンドルなど
2024.07.03
クロスシミュレーションツール「Marvelous Designer」が1年間無料で使用可能。Epic Games、UEFNクリエイターに向けてライセンスを期間限定で提供中
2024.06.25
mocopiのモーションデータをリアルタイムでMayaに送れる公式プラグインが公開。併せて、UE版プラグインがUE5.4に対応
2024.06.21
UEでローカルLLMを実装するプラグイン、「技術書典16」でUE技術書を販売した挑戦の記録など。技術勉強会「UE Tokyo .dev #3」の講演資料が公開
2024.06.19

注目記事ランキング

2024.07.08 - 2024.07.15
VIEW MORE

連載・特集ピックアップ

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

レベル(Level)
レベル
  1. ゲーム開発において、位置情報を持つオブジェクトが配置されている地形。
  2. RPGなどのゲームにおいて、キャラクターの成長度合いを示す数値。レベルアップなど。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!