ビサイド、Unityエディタ拡張やライブラリをオープンソースとしてGitHubで配布

2023.01.18
ニュースUnity
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • ビサイド、Unityエディタ拡張やライブラリなどをオープンソースプロジェクトとしてGitHubで配布
  • UnityのPackage Managerからインストール可能
  • ゲーム制作で実際に使われたものを公開している

ビサイド社(※)は、Unityエディタ拡張やライブラリをオープンソースとしてGitHubで配布していることを、noteで発表しました。

※ 『どこでもいっしょ』シリーズやスマートフォンアプリなど開発しているゲーム制作会社

記事執筆時点で配布されているオープンソースは、以下の通りです。

  • BxUni-TextureChecker
    テクスチャ設定を検査するエディタ拡張
  • BxUni-MissingFinder
    アセット中の参照切れ(Missing)を検出するエディタ拡張
  • BxUni-ScenarioBuilder
    シナリオ、会話シーンなどを構築するライブラリ
  • BxUni-3dNoiseTextureGenerator
    3次元ノイズテクスチャアセットを生成するエディタ拡張

「BxUni-TextureChecker」(画像はGitHubページより引用)

「BxUni-MissingFinder」(画像はGitHubページより引用)

上記のオープンソースは、いずれも同社がゲーム制作で使用したもの

また、「3D Noise Texture Generator」はLGPLライセンスで、その他はMITライセンスで公開されています。これらはすべてUnityのPackage Managerから簡単にインストール可能です。また、各GitHubページでは、使用方法などを確認できます。

詳細は、noteページをご確認ください。

オープンソース(Unity Package Manager対応済み)始めました!BeXide GitHubページ

関連記事

Unity開発者向け技術カンファレンス「U/Day Tokyo 2024」、7/1(月)に渋谷で開催。Unity 6の展望や最新サービスの紹介など、9講演が実施予定
2024.05.29
荷ほどきゲーム『Unpacking(アンパッキング)』に収録された効果音は14,000種以上。膨大なサウンドデータを効率よく命名・整理した方法を、Audiokineticが公開
2024.05.22
「Unity 6 Preview」がリリース。レンダリングのパフォーマンス向上、ライティング機能の強化など多岐にわたるアップデート
2024.05.03
Unity公式のパズルゲーム『Gem Hunter Match』、URPの学習などに役立つサンプルプロジェクトとして無料公開
2024.04.30
Unity上でセリフの音声合成ができる「A.I.VOICE for GAMES」でリップシンクが可能に。キャラの口がセリフに合わせて自然に動く
2024.04.26
Unityのプロジェクトをインポートできるプラグインも無料公開。3DゲームやVRアプリの開発に向いた「UNIGINE Engine」、バージョン「2.18.1」がリリース
2024.04.25

注目記事ランキング

2024.05.23 - 2024.05.30
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

ビヘイビアツリー(Behavior Tree)
ビヘイビアツリー AIの思考、行動をツリー状の構造図で定義したもの。およびそのシステム。挙動の優先順位や条件を定義していくことにより、複雑なAI挙動をシンプルに実現できる。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!