NVIDIA、レイトレーシングとDLSS 3対応の『Portal with RTX』開発秘話をYouTubeで公開

2023.01.11
ニュース
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • 『Portal with RTX』の開発秘話を紹介する動画がYouTubeで公開
  • リマスター専用プラットフォーム『RTX Remix』を使って開発されていることが紹介
  • 『Portal with RTX』は『Portal』の無料DLCで、レイトレーシングとDLSS 3に対応

NVIDIAは、『「Portal with RTX」 開発秘話 | レイトレーシング対応で生まれ変わった名作ゲーム』をYouTubeで公開しました。

動画では、リマスター専用プラットフォーム『RTX Remix』を使って『Portal with RTX』が開発されたことなどが紹介されています。

『Portal with RTX』は、アクションパズルゲーム『Portal』の無料DLCで、2022年12月8日にリリースされました。本DLCにより、レイトレーシングDLSS 3に対応した『Potal』をプレイできるようになります。

(画像は『Portal with RTX』Steamストアページより引用)

レイトレーシング

カメラから光源までオブジェクトを反射するパスを追跡し、現実と同じような光や影を表現する機能です。レイトレーシングの導入によって、より没入感のあるゲーム体験が可能になります。

Before
After

(上記画像は『Portal with RTX』公式サイトより引用)

NVIDIA DLSS 3

DLSSは、NVIDIAのAIグラフィックス技術です。複数の低解像度画像をサンプリングすることで、高解像度画像と同じクオリティでの画像出力を可能にします。

(画像は『Portal with RTX』公式サイトより引用)

最新版のDLSS 3では、ピクセルだけではなく新しいフレームをも生成する「オプティカルマルチフレーム生成」という新機能が搭載されています。DLSSを使わない場合と比べると、最大4倍にフレームレートを向上させることができるとのこと。

なお、NVIDIA DLSS 3は、「RTX 40」シリーズにのみ搭載されている機能です。

『Portal with RTX』公式サイト『Portal with RTX』Steamストアページ

関連記事

インディーゲームの大規模テストプレイプラットフォーム「G.Round」の日本語対応が進行中。日本からのテストプレイヤーやデベロッパーを募集
2024.07.12
Godot Engineを採用した「RPG Maker」シリーズ最新の2Dアクションゲーム制作ツール『ACTION GAME MAKER』が、2025年リリースを目指し開発中
2024.07.12
エピック ゲームズ ジャパンによる講演も行われた「第2回 Unreal Engine KYUSHU LT会 in 鹿児島」、アーカイブ動画および一部のスライド資料が公開
2024.07.11
ゲームのボイス制作全般を担う新たな分野「ボイスデザイン」とは。Audiokineticのブログで解説記事が公開
2024.07.11
『GGST』『戦場のフーガ2』などを扱ったセッションを期間限定で無料配信。ダイキン工業、CGクリエイター向けイベント開催に先立ち、7/22(月)から4本の動画を配信
2024.07.10
デザインツール「Affinity」シリーズの3製品、6か月無料の試用版を提供開始。各製品のセールも実施中
2024.07.09

注目記事ランキング

2024.07.08 - 2024.07.15
VIEW MORE

連載・特集ピックアップ

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

レベル(Level)
レベル
  1. ゲーム開発において、位置情報を持つオブジェクトが配置されている地形。
  2. RPGなどのゲームにおいて、キャラクターの成長度合いを示す数値。レベルアップなど。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!