描いた絵が惑星を歩き回る!AIをフル活用した賑やかな箱庭型シミュレーション『TOY FARMING』の裏側に潜む高度な技術力【BitSummit X-Roads】

2022.08.07
注目記事ゲームづくりの知識ルールをつくるイベントレポート
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!

2022年8月6日(土)と7日(日)の2日間、京都みやこめっせでインディーゲームの祭典『BitSummit X-Roads』が開催されました。今回は実際に編集部がプレイしたタイトルの中から『TOY FARMING』を紹介します。

目次

描いた絵が惑星を歩き回る!AI活用の箱庭シミュレーション

『TOY FARMING』は、プレイヤーが描いた絵を惑星に配置して楽しむ箱庭型シミュレーションゲーム(iOS/Android)です。

ペイントツールで描いた棒人間は「住人」となってその世界を歩き回り、「りんご」を配置すれば住人が食べにくる。雲を描けば雨が降るし、雨がたくさん降れば海ができ、海ができると魚やタコが生活できるようになるといった具合で、自分の描いた絵で世界が形作られていきます

描いた絵が3Dモデルとなって惑星を歩き回る。画像は公式サイトより引用

描いた絵は「ティラノサウルス」や「住人」、「太陽」などあらかじめ登録されたオブジェクトとの一致度が自動的に測定され、その後に3Dモデル化が行われます。オブジェクト数は全部で125種類で、今回のバージョンでは100種類程度が用意されていました。

ペイントツールで棒人間を描いてみた。ツールには塗り潰しやUndoなど簡易的な編集機能も

描き終わったら左側の再生ボタンをタップ。AIが描かれた対称を識別し、アウトラインをもとに3Dモデル化

一致度98%で、無事に「住人」ができた!

  • 「住人」が「りんご」を見つけると、近寄って食べる
  • 「雲」からは雨が振り、雲の数が多いと海ができる
  • 「月」を出すと夜になり、「太陽」と同時に出すと昼夜ができる
  • 「ティラノサウルス」は「住人」を襲う
  • 「爆弾」は配置後に一定時間が経過すると爆発する。「住人」が「爆弾」を見つけると惑星の外に投げ出す
  • 「爆弾」で「ティラノサウルス」が倒せる

これらはあくまで一例。描いた絵は何らかのオブジェクトとして必ず認識されるので、ぐちゃぐちゃっと描いた絵が「タコ」として海を泳いだり、「住人」のつもりが「ガイコツ」になったり、とにかく必ずインタラクションがあるので非常に盛り上がります。

動き回る住人

ティラノサウルスに襲われる住人

未就学児でも楽しく遊べるという意味では、知育ゲームとしての側面もあります。会場内のブースでは大人も子どもも楽しくお絵描きをして、惑星でのアクションを楽しんでいました。

ARモードも搭載されていた

賑やかなゲームの裏側にある"技術力"

本作を開発したのは、大手ゲームメーカーにプログラマとして17年間在籍し、その後独立した佐々木 一知氏。プログラマとして数多くのコンシューマータイトルに関わった佐々木氏は、当時から「ゲームとAI」の関係性を強く意識していたとのことです。

「AIは話題性がありますが、ゲーム業界で活用するためにはハードルもあります。人間らしい振る舞いやシステムができるAIは、同時に不安定さも抱えています。つまり、決まったゲームギミックに対してはマイナスに働くことも多いんです。でも、この作品はその不安定さを楽しめるようになっているんです」(佐々木氏)。

AI識別によって描かれた対称を特定。例えば、人や恐竜、ウマ、ウサギなどは学習させているが、牛やワニは専用に学習を行っていないという。「特徴を抽出して学習すると、それ以外の対称にも適用できるので、全種類学習させなくても問題なかった」とのことで、当初の想定よりは工数が掛からなかったとのこと

画像は公式サイトより引用

本作は描いた絵をAIが判定してマッチ度を想定。分類(Classification)で対称が何を描いているかを認識し、姿勢予測(Pose Estimation)で目や鼻、口、各関節を認識してキーポイントを作成します。その後、独自アルゴリズムによるスキニングが行われ、事前に用意されたボーンへの追従率などを計算して割り当てます。

佐々木氏いわく「本作は作品の特性的にゲームエンジンの恩恵を受けづらい」との理由から、完全にフルスクラッチで開発されています。開発期間は約2年で、基本的には1人で制作を続けています。

この作品はイラストを介した「AIとのコミュニケーション」であるとのこと。今後さらに住人や生き物のインタラクションが増えれば、単なる箱庭型シミュレーションゲームではなく、新たな地形や生態系が生まれるかも知れません。

リリース予定は2023年2月とのことで、今から手元で遊ぶのが非常に楽しみです。

TOYFORMING 公式サイト
神山 大輝

ゲームメーカーズ編集長およびNINE GATES STUDIO代表。ライター/編集者として数多くのWEBメディアに携わり、インタビュー作品メイキング解説、その他技術的な記事を手掛けてきた。ゲーム業界ではコンポーザー/サウンドデザイナーとしても活動中。

ドラクエFFテイルズはもちろん、黄金の太陽やヴァルキリープロファイルなど往年のJ-RPG文化と、その文脈を受け継ぐ作品が好き。

関連記事

2年で3,000名が参加した「ゲームクリエイター甲子園」からわかる学生ゲームクリエイターの制作事情と未来の課題【CEDEC2022】
2022.10.05
UE4におけるUI最適化のコツが盛りだくさん。UIアーティストからテクニカルアーティストへの転身奮闘記【CEDEC2022】
2022.09.30
再起不能のアンドロイドをカウンセリング。PC-98をリスペクトしたコマンドクリックADV『バイナリ・シンドローム』開発者インタビュー【TGS2022】
2022.09.30
『ゴジラ』コラボも発表!マレーシアが生んだ特撮愛あふれる怪獣乱闘ゲーム『GIGABASH』開発者インタビュー【TGS2022】
2022.09.29
「創造的なチーム」の作り方。メンバーのこだわりを最大限に発揮できる環境に向けた実践テクニック【CEDEC2022】
2022.09.28
【UE5】「Dynamic Volumetric Sky」を使ってリアルな空・太陽・月を作ろう!既存Mapへの追加方法も解説
2022.09.26

注目記事ランキング

2022.09.29 - 2022.10.06
1
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
2
『Minecraft Live 2022』が10/16(日)午前1時より配信決定!『Minecraft』の最新情報発表や恒例のモブ投票が実施予定
3
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
4
フォートナイトがv22.00にアップデート!アイテム「ポケットバンカー」、新しいプレイヤーの移動機能「スライディングキック」が登場
5
『Fortnite』クリエイティブモードで「スパイダーマン」と「ヴェノム」の世界を再現、一般参加可能のe-sports大会が開催
6
【フォートナイト クリエイティブ】ドリフトボードで駆け巡る!タイマー付きのレースゲームを作ってみよう
7
フォートナイト『NO SWEAT サマー』イベントが開催!「汗をかかない」夏をテーマにして作られた島の投稿を募集中
8
メイキング動画「マインクラフトの秘密」第10話:ディープ ダーク (深淵)が公開。コンセプトアートやボツ案になった幽霊のブロックなどを紹介!
9
フォートナイトがv21.10へアップデート。騎乗可能な野生動物やガードの雇用、アイテムプレーサーなどがクリエイティブに追加
10
教育版マインクラフトで行われる18歳以下対象の全国大会「Minecraftカップ2022全国大会」開催決定、エントリー受け付けがスタート
11
『マインクラフト』Java版と統合版のセット販売が6/7(火)開始。どちらかのエディションを所得しているユーザーはもう片方を無料で入手可能に
12
Java版『Minecraft』ver1.19「ワイルド アップデート」と題した大型更新が行われる。バイオームやレッドストーン回路の新出力オブジェクトなど新要素が盛り沢山
13
フォートナイトがv21.50にアップデート!クリエイティブに「近接デザイナー/近接武器」やレインボーロイヤルの旗の小道具が追加
14
フォートナイトがv21.20にアップデート!クリエイティブに新武器「チャージサブマシンガン」や「ボーラースポナーの新オプション」が追加
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

ライトニングトーク(LT)
ライトニングトーク 5分ほどの短い時間で区切って行うプレゼンテーションの手法。2000年ごろから浸透した手法で、技術カンファレンスや勉強会で行われることが多い。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!