Blender3.2の正式版が公開。Cycleレンダリング、スカルプトペインティングなど多数の機能をアップデート

2022.06.09
ニュース3DCGBlender
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • Blenderの最新版であるバージョン3.2正式版が公開
  • 更新点を5分でざっと確認できる動画資料も公開
  • 主にCycleレンダリング、スカルプトペインティングなどを中心に、多数の更新が行われている。

2022年6月9日、3DCG作成ツールBlenderのバージョン3.2正式版の公開が発表されました。

BlenderBlender財団が主軸となって開発しているオープンソースの3DCG作成用統合環境プラットフォームです。GPLライセンスを採用しており、無料で利用することが可能となっています。

今回のアップデートでの更新点を紹介した、5分ほどの動画も公開されています。

バージョン3.2における主要な更新点は以下になります。

Cyclesレンダーに関する更新点

ライトグループ

再レンダリングせずに光の色や強さを変更することを可能にする、Cyclesレンダーパスの新しいタイプが実装されました。

ライトの色や強さだけならレンダリングを介さずに変更できるようになった

シャドウコースティックス

光の屈折・反射におけるコースティクス(※)をレンダリングできるようになりました。

これは、プロダクションレンダリング用に開発された”Manifold Next Event Estimation“という手法をもとにしています。

※曲面で光が屈折・反射する際に形作られる独特の複雑な模様

ボリュームモーションブラー

ガスシミュレーションとインポートされたVDBボリュームにモーションブラーをかけることができるようになりました。

左側がモーションブラー無し、右側がモーションブラーあり

スカルプトペイントについての更新点

スカルプトモードでのペイント

頂点カラーはカラー属性というパラメーターにリファクタリングされました。カラー属性に対しスカルプトモードでのペイントが可能になりました。

ペイントで使用するツールに関してもそれぞれ新しい設定や機能が追加されている

マスク

マスキング、オートマスキング、フェイスセットがカラー属性をサポートするようになりました。

リメッシュ

ボクセルリメッシャーもカラー属性をサポートし、カラー属性、フェイスセット、マスクが保持されるようになりました。

その他にもさまざまな更新がなされています。詳しい更新点については公式サイトのリリース情報ドキュメントのリリースノートをご参照ください。

Blender公式サイトによるリリース情報「Blender3.2」リリースノート「Blender3.2」ダウンロードページ

関連記事

オープンワールドアクションRPG『鳴潮』開発者インタビューをEpic Gamesが公開。精細な昼夜表現やキャラクターのグラデーション表現を実現した方法などを解説
2024.05.23
Adobeの「Substance 3D Modeler」のバージョン1.10.50がパブリックベータに。ブーリアンを使った非破壊プリミティブやオブジェクトのアウトライン管理が可能に
2024.05.20
『NieR Replicant ver.1.22474487139…』におけるHoudiniの活用事例、トイロジックがブログで紹介。UVスクロールで複雑なエフェクトを作成
2024.05.13
3Dモデルの見た目は変わらず、データサイズを3分の1に。インフィニットループ、自社ブログで頂点レイアウトについて解説
2024.05.13
【Adobe・Maya・ZBrushなど】学生向け無料・割引プランがあるDCCツールまとめ
2024.05.12
1,000種類以上のベースメッシュを無料で公開している「The Base Mesh」がリニューアル。ダウンロード形式にGLBファイルが追加、3Dビューワーの搭載など
2024.05.07

注目記事ランキング

2024.05.20 - 2024.05.27
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

フォグ(Fog)
フォグ 「霧」を意味する英単語。3DCGにおいて、現実の霧による見た目をシミュレーションする画面効果やエフェクトを指す。代表的なものとして、カメラから遠くにあるオブジェクトの色調を変化させることで遠近感を出す手法がある。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!