大富豪系カードゲーム『SCOUT』が「ドイツ年間ゲーム大賞」にノミネート。日本発のメーカーによる作品では初の快挙

2022.06.05
ニュース
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!

この記事の3行まとめ

  • オインクゲームズが海外展開する『SCOUT』がドイツ年間ゲーム大賞にノミネート
  • 日本人による作品のノミネートは7年ぶり2回目、日本発のメーカーからは初
  • 大賞発表は2022年7月16日(土)

2022年5月23日、オインクゲームズが海外展開をするボードゲーム『SCOUT』がドイツ年間ゲーム大賞(Spiel des Jahres)にノミネートされました。ドイツ年間ゲーム大賞は、ドイツで選定されるボードゲームの最も権威のある賞の1つで、日本人ゲームデザイナーによる作品のノミネートは7年ぶり2回目となります。

SCOUT』は、梶野 桂氏による『SCOUT!』をオインクゲームズが海外向け作品として、テーマやアートワークを一新したカードゲーム。日本国内向けのオリジナル版『SCOUT!』を販売するワンモアゲーム!は、作品のノミネートに対してTwitterでコメントを発表しています。

ドイツ年間ゲーム大賞には、年間ゲーム大賞、年間キッズゲーム大賞、年間エキスパートゲーム大賞の3部門があり、前年にドイツで発売されたボードゲーム作品の中から3作品がノミネートされ、1作品が大賞となります。

日本発のメーカーによる作品のノミネートは43年の賞の歴史の中で初めてで、ヨーロッパ・北米以外のメーカーとしても初となります。2022年7月16日(土)に大賞の発表が予定されています。

ドイツ年間ゲーム大賞 公式サイト『SCOUT』 製品サイトプレスリリース

 

以下、プレスリリースからの引用です。

 


 

オインクゲームズが海外展開をするボードゲーム『SCOUT』(作者:梶野桂)が、2022年5月23日、ボードゲーム界最高峰のドイツ年間ゲーム大賞(Spiel des Jahres)にノミネートされました。ボードゲームで最も権威ある賞の一つで、日本人ゲームデザイナーによる作品のノミネートは7年ぶり2回目。

 

オインクゲームズが海外展開をするボードゲーム『SCOUT』が、2022年5月23日、ボードゲーム界隈最高峰のドイツ年間ゲーム大賞(Spiel des Jahres)にノミネートされました。

ドイツ年間ゲーム大賞(Spiel des Jahres)は、1979年から30年以上の歴史をもつ、ボードゲームで最も権威ある賞の一つです。年間ゲーム大賞、年間キッズゲーム大賞、年間エキスパートゲーム大賞の3部門があり、前年にドイツで発売されたボードゲーム作品の中から3作品がノミネート、1作品が大賞となります。日本人ゲームデザイナーによる作品のノミネートは『街コロ』以来、7年ぶり2回目。日本発のメーカーによる作品のノミネートは43年の賞の歴史の中で初めてで、ヨーロッパ・北米以外のメーカーとしても初となります。大賞の発表は2022年7月16日です。

 

 

『SCOUT』は、梶野桂氏による傑作ボードゲーム『SCOUT!』を、オインクゲームズが日本国外流通版としてテーマ・アートワークを一新したものです(アートワーク:佐々木隼、小松崎里恵)。日本国内では、オリジナル版の『SCOUT!』がワンモアゲームから発売されています。

 

オリジナル版『SCOUT!』
https://onemoregame.mystrikingly.com/

 

日本国外流通版『SCOUT』
https://oinkgames.com/ja/games/analog/scout

 

 

いきなりサーカスの団長に任命されてしまったあなた。今いるメンバーで、ライバルに勝てるようなショーをなんとか組んでいかなければなりません。チームは適材適所。あなたのサーカスに足りない役割は、ほかのサーカス団からどんどんスカウトしてきましょう!一人加わるだけですばらしい連鎖反応が起き、誰も太刀打ちできないショーを組むこともできるかもしれません。いまいるメンバーで戦うか、今はじっと待ってメンバーを集めるか… 決断がうまくハマったときが最高に気持ちいい、スピード感あふれるカードゲームです。

※2022年6月3日現在、日本国内での海外流通版の一般販売はしておりません。

【商品概要】
◆商品名: SCOUT
◆対象年齢: 9歳以上
◆プレイ時間: 約20分
◆プレイ人数: 2~5人
◆内容物: カード 45枚 / スカウトチップ 23枚 / 得点チップ 30枚 / スカウト&ショーチップ 5枚 / スタートプレイヤーマーカー / 遊び方説明書
◆ゲームデザイン:梶野桂
◆アートワーク:佐々木隼、小松崎里恵
◆紹介ページURL: https://oinkgames.com/ja/games/analog/scout
◆プレスキット: https://www.dropbox.com/sh/rkoc5woyjgbi1ml/AABoiGq5yY5-FRl3CW8rWI1ma?dl=0

【会社概要】
社名 : 株式会社オインクゲームズ
所在地: 〒107-0062 東京都港区南青山5-4-51-701
設立 : 2010年5月26日
代表者: 代表取締役 佐々木隼(ササキ ジュン)
URL: https://oinkgames.com/

【お問い合わせ先】
株式会社オインクゲームズ
担当:稲垣
shop@oinkgms.com
Facebookページ: facebook.com/oinkgames
Twitter: @oinkgms
Instagram: @oinkgms

関連記事

Unity 10月前半のイベント情報まとめが公開。『ゼロから始めるUnity勉強会 Vol.2 -animation編-』などオフライン・オンラインイベントが多数開催
2022.09.30
Intel® Innovation基調講演でインテルの新しい製品、サービスが発表。『第13世代インテル®Core™プロセッサー』の詳細などが明かされる
2022.09.29
Unreal Engine 5学習向けゲーム制作コンテスト 「第18回UE5ぷちコン」の受賞者が発表 !700作品以上の中から最優秀賞含む受賞作8作品が決定!
2022.09.29
Pro Toolsの無償版『Pro Tools Intro』がリリース。8トラックまでの音楽制作や効果音などの波形編集、録音が可能な万能DAW
2022.09.29
Epic GamesとAutodeskが提携を発表!BIMソフト『Revit』ユーザーは『Twinmotion』が無料で使用可能に!
2022.09.29
月に1度のゲームクリエイター交流イベント「Tokyo Indies」が復活。次回開催は10月19日、プレゼンタイトルも募集中
2022.09.28

注目記事ランキング

2022.09.24 - 2022.10.01
1
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
2
フォートナイトがv22.00にアップデート!アイテム「ポケットバンカー」、新しいプレイヤーの移動機能「スライディングキック」が登場
3
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
4
『Minecraft Live 2022』が10/16(日)午前1時より配信決定!『Minecraft』の最新情報発表や恒例のモブ投票が実施予定
5
教育版マインクラフトで行われる18歳以下対象の全国大会「Minecraftカップ2022全国大会」開催決定、エントリー受け付けがスタート
6
【フォートナイト クリエイティブ】ドリフトボードで駆け巡る!タイマー付きのレースゲームを作ってみよう
7
フォートナイトがv21.50にアップデート!クリエイティブに「近接デザイナー/近接武器」やレインボーロイヤルの旗の小道具が追加
8
メイキング動画「マインクラフトの秘密」第10話:ディープ ダーク (深淵)が公開。コンセプトアートやボツ案になった幽霊のブロックなどを紹介!
9
『Fortnite』クリエイティブモードで「スパイダーマン」と「ヴェノム」の世界を再現、一般参加可能のe-sports大会が開催
10
『マインクラフト』Java版と統合版のセット販売が6/7(火)開始。どちらかのエディションを所得しているユーザーはもう片方を無料で入手可能に
11
Java版『Minecraft』ver1.19「ワイルド アップデート」と題した大型更新が行われる。バイオームやレッドストーン回路の新出力オブジェクトなど新要素が盛り沢山
12
フォートナイトがv21.20にアップデート!クリエイティブに新武器「チャージサブマシンガン」や「ボーラースポナーの新オプション」が追加
13
『Fortnite』建築なしの「ゼロビルド」が実装、新武器アンヴィルロケットランチャー追加など
14
フォートナイト『NO SWEAT サマー』イベントが開催!「汗をかかない」夏をテーマにして作られた島の投稿を募集中
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

ヘッドマウントディスプレイ(HMD)
ヘッドマウントディスプレイ Head Mounted Displayの略称。頭部に装着するディスプレイ装置の総称で、ゴーグルやメガネを模した形状が多い。Meta QuestやHTC Vive、PlayStaion VRなどの没入型と、HoloLensやMagic Leapなどのシースルー型に大別される。左右の目に対してわずかに異なる映像を描画することで、視差効果を利用した立体的な表現を可能にする。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!