『Unreal Engine』マーケットプレイスにて年に2度行われる大セールが開催中!10,000を超える対象アセットが最大70%オフ、6月4日12時59分まで

2022.05.25
ニュースアンリアルエンジン
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!

この記事の3行まとめ

  • キャラクターや背景、エフェクトなど多種多様な10,000以上のアセットが最大70%オフ
  • ファンタジー系の3Dモデル集「Fantasy Creature Pack 1」やクライミングアニメーション「Simple Climbing Animations」などが対象
  • 2022年6月4日12:59まで開催

2022年5月24日、Epic GamesUnreal Engineマーケットプレイス大セールの開催を発表しました。「マーケットプレイス大セール」は、1年間に2度開催されるEpic Games公式の大規模セールです。

キャラクターや背景のモデルに限らず、エフェクトや音楽など多種多様な10,000以上の対象アセットを最大70%オフで購入することができます。セール開催期間は、2022年6月4日(土)12:59までとなります。

また、Unreal Engine公式ブログでは、Unreal Engine Marketplace Teamによるおすすめのアセットが紹介されています。

Fantasy Creature Pack 1

河童、デーモン、サキュバス、ゴーレムといったクリーチャーのモデルアセットです。ゴーレムは6種類用意されており、合計9体のクリーチャーアセットが含まれています。それぞれにアニメーションも用意されています。

Fantasy Creature Pack 1

Brushify - Forest Pack

森の背景アセットです。アセットを使用して作成されたレベル「森、林、湖」の3つが含まれています。

Brushify - Forest Pack

Easy Material - Create your material quickly and easily

スキンのバリエーションを素早く作成することができるマテリアルアセットです。スクリーンスペースを用いたスキンや、錆などのダメージ表現も可能です。

Easy Material - Create your material quickly and easily

Modular Egyptian Temple

古代エジプトの背景アセットです。ホルスの彫刻やアヌビスの石像、ファラオの像など、古代エジプトを連想するようなアセットが含まれています。

Modular Egyptian Temple

Simple Climbing Animations

クライミングのアニメーションアセットです。8方向の移動も可能で、張り付き中のジャンプ移動や地面に登る動作、地面から降りる動作も含まれています。

Simple Climbing Animations

Stylized Indian Temple Garden Ruins

インドの寺院を題材にしたアセットです。寺院の他、木や草など庭を彩るアセットも含まれています。

Stylized Indian Temple Garden Ruins

Inventory System Pro

アイテムやコインの管理機能を追加できるアセットです。インベントリーのアイテムを落としたり、アイテムをチェストに預けるといった機能が含まれています。

Inventory System Pro

Cursed Artifacts - Vol. 2

ビクトリア朝の魔術道具からインスピレーションを得て作成された小道具アセットです。毒をテーマにしており、短剣やランタン、魔法のオーブなどが含まれています。

Cursed Artifacts - Vol. 2

Studio D

TVスタジオの背景アセットです。壁や床、天井などはモジュールになっているため、独自のスタジオを作成することができます。マイクやカメラ、椅子といった小道具も含まれています。

Studio D

 

 

Unreal Engine マーケットプレイス セールページ「Unreal Engine マーケットプレイス大セール」発表記事

関連記事

UE5とDeadlineを連携させてクラウドレンダリング。AWS公式ブログで解説記事が公開
2023.09.21
UE向け疑似物理プラグイン「KawaiiPhysics」、カットシーン切替時などで物理の荒ぶりを防ぐ「物理の空回し( Warm Up )機能」を追加
2023.09.20
ソウルライクアクションRPG『Lies of P』、Epic Gamesが開発チームにインタビューした記事を公開。Unreal Engineを使った開発の裏側が明かされる
2023.09.20
【UE5.3実験機能まとめ】「Learning Agents」でブループリント上の機械学習!定番設計パターンのMVVMの導入を補助する「UMG Viewmodel」など
2023.09.08
AAAゲームの開発を経験し、インディーゲームスタジオを設立した3人による座談会動画をEpic Gamesが公開
2023.09.07
Unreal Engine 5.3リリース。SkeletonをUE上で直接編集できる実験機能「Skeletal Editor」や、クロスシミュレーション専用エディタを新たに搭載
2023.09.07

注目記事ランキング

2023.09.16 - 2023.09.23
1
「UEFN」って実際どうなの? 編集部が3時間で「みんなで遊べるアクションゲーム(?)」を作ってみた
2
『フォートナイト』で動く本格的なゲームが作れるツール「UEFN」とは?従来のクリエイティブモードから進化したポイントを一挙紹介!
3
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧
4
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.1「アイテム系」
5
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
6
【CHALLENGE1】「クリエイター ポータル」を使って、UEFNで作成した島を世界中に公開する
7
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.5「島の設定」
8
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part2
9
【STEP2】UEFNの基本的な使い方を覚えよう
10
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part1
11
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.3「プレイヤー系」
12
フォートナイトとUEFNがv26.10にアップデート。「ジップライン」が仕掛けとして追加されたほか、Verseからマテリアルの差し替えが可能になった
13
【UEFN書籍発売記念!2大キャンペーン】UEFNで島を作ろう!動画投稿キャンペーンを開催。『フォートナイト 2800V-Bucks』が15名に当たるプレゼント企画も
14
【CHALLENGE3】UEFNの機能「ランドスケープ」を使ってオリジナルの地形を作る
15
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.2「ユーティリティ系」
16
『フォートナイト』で建築ビジュアライゼーション!?UEFNでオリジナルの世界観をどう作り上げたか、その手法を解説【UNREAL FEST 2023 TOKYO】
17
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.4「ゲームシステム系」
18
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.6「チーム・対戦系」Part1
19
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
20
【CHALLENGE2-1】フレンドと一緒にゲームを作ろう――UEFNプロジェクトをチームメンバーとリアルタイムで共同編集する
21
【STEP5-1】スタート時のカウントダウンを作る
22
フルカラー書籍「UEFN(Unreal Editor For Fortnite)でゲームづくりを始めよう!」、ついに本日発売!全国書店で好評発売中!
23
【STEP6-1】「オリジナルキャラクターを登場させよう」――Fabでアセットをダウンロードしよう
24
【STEP3】オリジナルのアスレチックコースを作ろう
25
【STEP5-2】ゴールの仕組みを作る
26
【STEP4-3】仕掛けを使って「坂を転がるボールのギミック」を組み込む
27
【STEP6-4】インポートしたアセットを使ってギミックを作る
28
【STEP4-2】リスポーンとチェックポイントの仕組みを作る
29
Epic Games、200を超えるフォートナイトの島クリエイターが年間10万ドル以上の配当金を得られると発表。島の「プレイ時間」が影響
30
フォートナイト クリエイティブやUEFNに実装予定の機能をまとめたロードマップが公開。2023年Q3には、ゲームの進捗状況を保存する機能が追加予定
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

法線
ホウセン 頂点がどの方向に向いているのかを決定するベクトル情報。ライティング情報を受けて、どのような方向に陰影を作リ出すかを決定する処理に利用する。 マテリアル内で、計算やテクスチャ情報により法線をコントロールすることで、メッシュそのものを弄らずに立体感を出すことが可能。 面の表裏を表す面法線もある。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!