Microsoftの3D音響プラグイン「Project Acoustics」がUEマーケットプレイスに登場。音響サンプルのプロジェクトも配布中

2022.05.23
ニュースアンリアルエンジン
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • Unreal Engine単体で「Project Acoustics」の音響効果を提供するプラグインがUEマーケットプレイスに登場
  • 「Project Acoustics」はMicrosoftが開発している音響エンジン。回り込み、リバーブ、減衰などの音響の表現をより正確に、少ないCPU負荷で再現できる
  • 「Project Acoustics」はUnityでもプラグインとして使用可能

2022年5月18日、UEマーケットプレイスUnreal Engine 5(以下UE5)用の無料プラグイン「Project Acoustics for Unreal Audio」がリリースされました。

Project Acoustics for Unreal Audio

Project Acoustics」はMicrosoftが開発している波動音響エンジンです。

バーチャル3D空間で物理的に正確な音響効果を得たい場合、レイトレーシングによって走査を行い音響を再現する方法があります。ただし、この手法は音の回り込み(回折)などの再現性に問題があり、リアルタイム処理のためCPU負荷が高いものです。

Project Acoustics」は3次元空間の波動物理学を用いて音響効果をモデル化し、あらかじめベイクしておくことでランタイムではより高速かつ正確な音響の再現を行います。この手法を用いることでレイベースの方法では限界があった音の回り込みなども再現できるようになりました。

波動物理学による音響効果の再現イメージ

今回UEマーケットプレイスに追加されたプラグインはWwiseなどのミドルウェアなどに依存することなく「Project Acoustics」を利用できるようになるもので、これによりUE5の音響再現が強化されました(Wwiseとのインテグレーションも可能です)。

また、これに合わせて「Project Acoustics」のサンプルプロジェクトが公開され、5月19日には公式勉強会「Inside Unreal」でこれらに関してのプレゼンテーションが行われています。

Project Acoustics」はUnityでもプラグインが公開されており、こちらもサンプルプロジェクトが利用できます。こちらは2021年4月14日から提供開始されています。

「Project Acoustics for Unreal Audio」マーケットプレイス公式ページ「Project Acoustics」公式ページ「Project Acoustics (Unity3d Editor plug-in)」ダウンロードページ

関連記事

UE 5.4の新機能「Motion Matching」のチュートリアル記事がEpic Developer Communityで公開。キャラクターの入力状態に応じて滑らかに複数のモーションを遷移するまでを60分で
2024.05.24
オープンワールドアクションRPG『鳴潮』開発者インタビューをEpic Gamesが公開。精細な昼夜表現やキャラクターのグラデーション表現を実現した方法などを解説
2024.05.23
設定漏れも一目で分かる。おかず氏、Actor・PrimitiveComponentを条件で色分けできるUE5.4用プラグイン「Custom Actor Coloration」を公開
2024.05.14
「ゼロから始めるプロシージャル入門!」など、Epic Gamesが講演した技術セミナー「Epic Games Conference 2024」の講演資料が公開
2024.05.09
マテリアルについて知る講演、UE5.4で改良されたActor Coloration機能の解説も。UE勉強会「Unreal Engine Meetup Connect」第2回の講演資料が公開
2024.05.09
「Unreal Engine」2024年5月の無料マーケットプレイスコンテンツが公開!東京をイメージした環境アセットや、魚群をシミュレーションできるプラグインなど
2024.05.08

注目記事ランキング

2024.05.23 - 2024.05.30
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

ビヘイビアツリー(Behavior Tree)
ビヘイビアツリー AIの思考、行動をツリー状の構造図で定義したもの。およびそのシステム。挙動の優先順位や条件を定義していくことにより、複雑なAI挙動をシンプルに実現できる。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!