Unityが制作したアーティスト向けの2Dゲーム開発ガイドが公開。120ページ近いボリュームの資料が無償ダウンロード可能

2022.05.10
ニュースUnity
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • Unityが2Dゲーム開発に関するeブックを無料で公開
  • 約120ページにわたって2Dアーティスト向けの開発情報を解説
  • レベルデザイン、2D アニメーション、2D ライトに関するガイダンスも

2022年5月6日、Unityが制作した無料2Dゲーム開発ガイド「2D game art, animation, and lighting for artists」Unityブログにて公開されました。このガイドはアーティストに向けた2Dゲーム開発全般の技術的内容が含まれており、Unityがこれまで制作してきた中でも最大となる約120ページのボリュームになっています。

制作したのはプロの2D アーティストであり、2D デモ『Dragon Crashers』のクリエイティブディレクターである Jarek Majewski氏。他にも複数のUnity 2Dアートの専門家が寄稿しています。

主なコンテンツは以下の通りです。

  • ゲームのアートと、開発開始前の技術的な検討事項
  • アセットの視点と解像度の選び方
  • レベルデザイン、2D アニメーション、2D ライトの詳細な説明とガイダンス
  • 高度なビジュアルエフェクトとポストプロセッシングの技術面の詳細な解説

原文は英語ですが、pdfファイルとしてダウンロードできるため文字情報のコピー&ペーストが可能です。また、Unityのフォーラムスレッドでは、本ドキュメントに関するフォローアップも行われています。

Unity 2Dゲーム開発に関するeブック 公式ブログの記事Unity 2Dゲーム開発に関するeブック ダウンロード先Unity 2Dツール 公式サイト

関連記事

Unity 6からURPで正式導入される「RenderGraph」、サイバーエージェント「コアテク」が紹介記事を公開
2024.06.11
「シェーダー最適化入門」、サイバーエージェントのゲーム・エンタメ技術組織が新設ブログで公開
2024.06.10
業界のプロも薦めるゲームクリエイター向けの書籍28冊を一挙紹介!【プログラミングからプロデュースまで】
2024.06.04
Unity Technologies、データ指向プログラミングをサポートするUnityの新たなアーキテクチャ「DOTS」について解説した電子書籍を無料公開
2024.05.31
「Unity ゲーミングレポート 2024」、日本語版が無料公開。Unityで開発する約500万人のデータをもとに、AI活用など5つのトピックで動向をレポート
2024.05.30
Unity開発者向け技術カンファレンス「U/Day Tokyo 2024」、7/1(月)に渋谷で開催。Unity 6の展望や最新サービスの紹介など、9講演が実施予定
2024.05.29

注目記事ランキング

2024.06.07 - 2024.06.14
VIEW MORE

連載・特集ピックアップ

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

フレームレート(Frame Rate)
フレームレート 1秒あたり何回フレームを表示するかを示す数値。フレームレートの単位のことをFPS(frames per second)と呼ぶ。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!