【STEP6-3】「オリジナルキャラクターを登場させよう」――キーボーとムラスケのメッシュをインポート

2022.01.01
ゲームづくりの知識チュートリアルクリエイティブモードフォートナイトUEFN
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!

UEFNは「Fab」を利用するほかに、データを直接インポートする機能も備えています。今回は、特別に用意したキーボーとムラスケの3Dモデルを、あなたのプロジェクトにインポートしてみましょう!

目次

配布データのダウンロード

まず最初に、アセットとしてインポートするデータを用意しましょう。

今回のチュートリアルのために、キーボーとムラスケの3Dモデルデータを配布しています。以下のリンクからダウンロードしましょう。

3Dモデルデータ ダウンロード

ダウンロードしたデータをインポートする

ダウンロードしたキーボーとムラスケのデータを、プロジェクトにインポートしましょう。

まずは、アセットを入れるフォルダを新しく作成します。コンテンツドロワーの空いているところを右クリックすると、メニューが表示されます。メニューから「新規フォルダ」を選択すると、新しいフォルダが作成されます。

新規フォルダの名前を「MyAsset」と名付けたら、「MyAsset」に移動しましょう。

名前の入力は、フォルダを選択した状態からF2キーで可能だ

データのインポートは、コンテンツドロワーへのドラッグ&ドロップで行います。先ほどダウンロードしたZipファイルを展開すると、5つのデータが確認できます。そのうち、キーボーの3Dモデルデータである『SK_Keybo.fbx』をコンテンツドロワーにドラッグ&ドロップしましょう。

すると、「FBXインポートオプション」と書かれたウィンドウが表示されます。ここでは、3Dモデルのデータ形式「FBX」をインポートする際の設定を決めます。今回は、何も変更せず「インポート」をクリックしましょう。

FBXインポートオプション

インポートが成功したら、アセットが5つ追加されます。

続けて、同じ手順で『SK_Murasuke.fbx』と『AS_Murasuke_Move.fbx』をひとつずつインポートします。今回も設定を変えず「インポート」で構いません。

このとき、オプションの「Skeleton」に『SK_Keybo_Skeleton』が指定されている。これは、UEFNが自動的に、キーボーとムラスケのアニメーションを共有させてくれる仕組みによるものだ

キーボーとムラスケがコンテンツドロワーに現れたら、インポートは成功です!

インポートしたアセットたち。これらがそろっていれば成功だ

これで、ゲームでオリジナルアセットを使用する準備が整いました。次のSTEPでは、キーボーとムラスケのアセットを使って、仕掛けの見た目を差し替えます。

なお、3Dモデルのほかに、画像データや音声データも同様の手順でインポート可能です。

NEXT STEP >> 【STEP6-4】「オリジナルキャラクターを登場させよう」――インポートしたアセットを使ってギミックを作る

発展編:オリジナルの3Dモデルを作ってインポートする

今回は用意された3Dモデルを使用しましたが、もちろん自作したアセットもインポート可能です。モデリングに興味のある方は、アセットの自作に挑戦してみましょう!

関連記事
ゼロから分かるBlender講座 Vol.01ーキャラクターモデルを自作してゲームエンジンで動かすまでの最短チュートリアル
2022.06.03
『UEFNを始めよう!』に戻る

関連記事

フォートナイトとUEFNがv28.30にアップデート。「NPCスポナー」が、スポーン・撃破時のエフェクトや移動速度のカスタマイズに対応
2024.02.26
UEFNで使えるプログラミング言語「Verse」のノウハウが集結。『UEFN.Tokyo 勉強会 03 Verse Night』レポート
2024.02.22
NIKEのAir Maxをテーマにしたフォートナイトの島『Airphoria』、制作に関するチュートリアルが公開
2024.02.15
フォートナイトとUEFNがv28.20にアップデート。「キーの長押しによるチャージシステムの実装」などを実現する「入力トリガーの仕掛け」が登場
2024.02.08
フォートナイトとUEFNがv28.10にアップデート。UEFNにのみ早期アクセス版としてNPCスポナーの仕掛けが追加
2024.01.24
2023年アドベントカレンダーから、ゲームメーカーズ編集部が注目した16記事を一挙紹介!
2023.12.26

注目記事ランキング

2024.02.27 - 2024.03.05
1
『フォートナイト』で動く本格的なゲームが作れるツール「UEFN」とは?従来のクリエイティブモードから進化したポイントを一挙紹介!
2
【CHALLENGE1】「クリエイター ポータル」を使って、UEFNで作成した島を世界中に公開する
3
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
4
UEFNで使えるプログラミング言語「Verse」のノウハウが集結。『UEFN.Tokyo 勉強会 03 Verse Night』レポート
5
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧
6
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.1「アイテム系」
7
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.5「島の設定」
8
フォートナイトとUEFNがv28.30にアップデート。「NPCスポナー」が、スポーン・撃破時のエフェクトや移動速度のカスタマイズに対応
9
【STEP2】UEFNの基本的な使い方を覚えよう
10
【CHALLENGE2-1】フレンドと一緒にゲームを作ろう――UEFNプロジェクトをチームメンバーとリアルタイムで共同編集する
11
【STEP1】「UEFN」を入手しよう
12
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
13
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.4「ゲームシステム系」
14
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part1
15
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.2「ユーティリティ系」
16
フルカラー書籍「UEFN(Unreal Editor For Fortnite)でゲームづくりを始めよう!」、ついに本日発売!全国書店で好評発売中!
17
【CHALLENGE3】UEFNの機能「ランドスケープ」を使ってオリジナルの地形を作る
18
NIKEのAir Maxをテーマにしたフォートナイトの島『Airphoria』、制作に関するチュートリアルが公開
19
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part1
20
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part2
21
『フォートナイト』で建築ビジュアライゼーション!?UEFNでオリジナルの世界観をどう作り上げたか、その手法を解説【UNREAL FEST 2023 TOKYO】
22
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.6「チーム・対戦系」Part1
23
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.3「プレイヤー系」
24
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part2
25
フォートナイトとUEFNがv26.30にアップデート。ロビー画面が一新され、クリエイターが島ごとにロビー背景を自由にカスタムできるように
26
【STEP6-1】「オリジナルキャラクターを登場させよう」――Fabでアセットをダウンロードしよう
27
「UEFN」って実際どうなの? 編集部が3時間で「みんなで遊べるアクションゲーム(?)」を作ってみた
28
【STEP4-1】コース外に出たらデスする仕組みを作る
29
【STEP4-2】リスポーンとチェックポイントの仕組みを作る
30
【STEP5-1】スタート時のカウントダウンを作る
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

レンダリング(Rendering)
レンダリング コンピューターグラフィックスにおける、各種データ(3Dモデルなど)をプログラムを用いて計算し、画像として表示すること。レンダリングを行うプログラムをレンダラー(Renderer)と呼ぶ。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!