Nintendo SwitchでRPG制作!『RPG MAKER WITH』は作ったマップや武器を他の人と「シェア」できる

2024.04.12
ニュース
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • 「RPG Makerシリーズ」最新作『RPG MAKER WITH』のNintendo Switch版が発売
  • 「アセットシェアリング」機能で他のユーザーが公開したアセットを自分のゲームに取り入れることが可能に
  • オンラインストアで無料配信中のプレイヤーをインストールすれば、『RPG MAKER WITH』がなくても作ったゲームをプレイできる

2024年4月11日、Gotcha Gotcha GamesRPG Maker(旧:RPGツクール)シリーズ最新作『RPG MAKER WITH』のNintendo Switch版を発売しました。価格は8,580円(税込)。本タイトルは、PlayStation版の発売も予定されています。

YouTube動画「Nintendo Switch™『RPG MAKER WITH』 Longプロモーション映像」

RPG Maker」シリーズは、プログラミングの知識がないユーザーでも“主人公のパラメータ”や“敵の動き”、“マップ”といったゲームを構成するパーツの設定を組み合わせることで、ゲームを制作できるツールです。

『RPG MAKER WITH』ではネットワークを介してマップやイベントをパーツ単位で公開できる「アセットシェアリング」機能を新たに搭載。

この機能を使って、他のユーザーが公開したアセットを自分のゲームに取り入れることも可能です。ただし、本作では自作したイラストやフリー素材を使うことはできません。

(画像は公式サイトより引用)

関連記事
RPGツクール最新作はSwitchで作って、制作途中段階でゲームを見せられる。『RPG MAKER WITH』が2024年発売をめざし公式サイト公開
2023.10.20

本作を使って制作したゲームは、『RPG MAKER WITH』を持っていないユーザーでも、オンラインストアで無料配信中の専用ゲームプレイヤーソフト『RPG MAKER WITH PLAYER』でプレイすることができます。

『RPG MAKER WITH PLAYER』には『RPG MAKER WITH』の体験版の機能も搭載されています。ダウンロードはこちらのページの「体験版ダウンロード」から行えます。

詳しくは、公式サイトをご確認ください。

『RPG MAKER WITH』公式サイト

関連記事

2D向けゲームエンジン「GameMaker」で2024年にリリースされる機能は?新しいコードエディターやPrefab機能など、提供予定の機能を紹介する記事をYoYo Gamesが公開
2024.05.20
Adobeの「Substance 3D Modeler」のバージョン1.10.50がパブリックベータに。ブーリアンを使った非破壊プリミティブやオブジェクトのアウトライン管理が可能に
2024.05.20
インディーゲーム紹介番組「INDIE Live Expo 2024.5.25」、情報更新。注目作品として『Hotel Barcelona』『けものティータイム』『Hookah Haze』が発表
2024.05.20
iZotope、高機能オーディオリペアツール「RX 11」を発売。機械学習による超強力なノイズ除去ツールの進化など、注目の新機能を紹介
2024.05.17
VESAによるHDRモニターの認証規格「DisplayHDR」がバージョン1.2へ更新。色域要件の厳格化が行われたほか、新たなテスト手法の追加も
2024.05.17
ゲーム開発者から多く寄せられたSteamの質問と回答をValveが公開。Steam内でゲームが表示される仕組みなど、8つの質問に回答
2024.05.16

注目記事ランキング

2024.05.14 - 2024.05.21
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

フォワードシェーディング(Forward Shading)
フォワードシェーディング オブジェクト毎にライティングの計算を行い、その計算結果を描画するレンダリング手法。フォワードレンダリングともいう。ディファードシェーディング(Deferred Shading)に比べてポストプロセスの自由度は低いが、(何も物を配置しなかった際にかかる)最低限の描画コストが低く、アンチエイリアス処理などにおいてフォワードシェーディングの方が有効な分野も存在する。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!