バンダイナムコ研究所とACES、AI研究開発用の3Dモーションデータセットを販売。商用利用可能

2023.06.26
ニュースAI
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • バンダイナムコ研究所とACES、AI研究開発用の3Dモーションデータセットを制作
  • 実用的な計42種類のモーションが120FPSで収録されている
  • 商用利用も可能

2023年6月23日(金)、バンダイナムコ研究所ACESはAI研究開発用の3Dモーションデータセットを制作、ACES公式サイトにて販売を開始しました。

バンダイナムコ研究所とACESは、2022年1月にAIによるキャラクターのモーション生成に関する研究開発プロジェクトを発足しています。

(画像はバンダイナムコ研究所のニュースリリースより引用)

本プロジェクトでは、モーション生成にAI技術「モーションスタイル変換」を利用。同技術は、モーションを動作の内容を表す「コンテンツ」(例:歩く)と動作のニュアンスを表す「スタイル」(例:楽しそうに)に分解。

これら2つのモーションをかけ合わせた際、片方の「コンテンツ」を維持しつつ、もう一方の「スタイル」を反映した新しいモーション(例:楽しそうに歩く)を作成する技術が、モーションスタイル変換です。

(画像はバンダイナムコ研究所のニュースリリースより引用)

モーションスタイル変換モデルに必要な3Dモーションデータセットも制作されています。2022年4月には研究やAIの検証などで利用可能な非商用向けのライセンスとして、一部のデータセットがGitHubにて無料公開されました。

(画像はバンダイナムコ研究所のニュースリリースより引用)

今回販売を開始した3Dモーションデータセットは、より高品質なデータや商業利用に関する要望に応えるために制作。とくに、エンターテインメント分野において実用的で希少性の高いモーションを中心に制作されているとのこと。

(画像はACES公式サイトより引用)

(画像はACES公式サイトより引用)

収録内容は、ダンスの動作を表す6種の「コンテンツ」と、「かわいい」「荒々しい」などのキャラクター性を反映した7種類の「スタイル」を組み合わせた、計42種類のモーションで構成。

モーションは120FPSで収録されており、計1,475,826フレームのデータが含まれます。

(画像はACES公式サイトより引用)

本データセットはモーションAI技術の研究開発での利用を想定されていますが、3Dアニメーション制作やゲーム開発にも活用できると発表されています。なお、本データセットの商用利用も可能。

詳細は、ACES公式サイトバンダイナムコ研究所のニュースリリースをご確認ください。

ACES公式サイトニュースリリース(バンダイナムコ研究所)

関連記事

スクウェア・エニックスのAI開発陣によるゲームAIの解説書『スクウェア・エニックスのAI』、ボーンデジタルより7/30(火)に発売予定
2024.07.02
NVIDIA、AIがゲームプレイをサポートする「Project G-Assist」を発表
2024.06.03
「次世代のAI PC」向けアプリの開発キット「Snapdragon Dev Kit for Windows」、Microsoft Buildで発表
2024.05.22
AI活用の最適化を掲げる「Copilot+ PC」、Microsoftが発表。行動履歴から目的の情報を探し出せる「Recall」などを利用可能
2024.05.21
Unity上でセリフの音声合成ができる「A.I.VOICE for GAMES」でリップシンクが可能に。キャラの口がセリフに合わせて自然に動く
2024.04.26
AIはイテレーションを回すために活用すべし!中割りの生成やリアルなエフェクトのアニメ調変換など、エフェクト制作へのAI活用を模索したR&Dの苦労と展望をインタビュー【CAGC2024】
2024.04.16

注目記事ランキング

2024.07.11 - 2024.07.18
VIEW MORE

連載・特集ピックアップ

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

パッケージ化
パッケージカ ゲーム開発において、ゲームの実行に必要なデータのみを、実行ファイルとそれに付随するデータの形式に変換すること。プラットフォームに合わせたファイルフォーマットに変換するほか、この段階でアセットファイルを再利用や改ざんすることができないように暗号化することが多い。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!