KitBash3Dが3Dアセット管理ツール「Cargo」をリリース。10,000種類以上のアセットを1クリックでインポートできる

2023.05.18
ニュース3DCGBlenderMayaアンリアルエンジン
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!

この記事の3行まとめ

  • KitBash3Dが3Dアセット管理ツール「Cargo」をリリース
  • KitBash3Dが提供する10,000以上のモデルやマテリアルのライブラリにアクセス、1クリックでインポートできる
  • Unreal Engine 5、Blender、Maya、3ds Maxなどにインポート可能

2023年5月17日、KitBash3Dは、3Dアセット管理ツールCargo」をリリースしました。

3Dモデルやマテリアルを1クリックでインポート可能

Cargo」では、KitBash3Dが提供する10,000種類以上の3Dモデルやマテリアルのライブラリにアクセスできます。

すべてのアセットをシームレスに検索、フィルタリングでき、1クリックでUnreal Engine 5BlenderMaya3ds Maxといった3Dコンテンツ作成ツールにインポート可能です。

また、Cinema 4DUnityHoudiniに対するインポートのサポートが近々予定されています。

「Cargo」ではモデルやマテリアル単位で検索が可能。鍵のアイコンが表示されたアセットを利用するには、有料プランの登録か、キット(アセットパック)を購入する必要がある

アセットを選択し「IMPORT」をクリックすると、設定したプロジェクトにインポートできる

Unreal Engineの場合、レベルに自動でインポートされる

無料アセットが付属

Cargo」には、無料で利用できるアセットが付属しています。

崩壊したビルやサイバーパンクがテーマのアパートなどが無料で使用可能

インポート対象の追加方法

Cargo」内のアセットを各種ツールにインポートするには、「Cargo」のアカウント設定画面から登録を行います。

アカウント設定画面の「User Software Settings」から「Add New Software」を選択

インポート先として登録したいソフトウェアやプロジェクトを指定する。Unreal Engineの場合、この手順でインポート先のプロジェクトを追加する

利用可能な3つのプラン

Cargo」には、以下のプランが用意されています。

Cargo Basic無料。過去に購入したキットの管理や無料のアセットの利用が可能

Cargo Pro月額119ドルまたは年額780ドル(ひと月あたり65ドル)KitBash3D全ライブラリにアクセス可能。毎月リリースされるアセット群『KitBash3D World Kit』と『Cargo Exclusives』が利用できる

Cargo Teams2人以上のチームが対象。Cargo Proと同等の権利に加え、チーム管理機能が利用できる。価格は応相談

『Cargo Exclusives』の紹介画像(画像は製品ページより引用)

そのほか、「Cargo」に関する詳細は、公式ブログ上のリリースニュース記事「Cargo」の特徴を紹介する記事製品ページをご覧ください。

「Cargo」リリースニュース記事「Cargo」製品ページ

関連記事

VRM用アニメーションファイル形式「VRMA」が正式リリース。あらゆるVRMモデルでアニメーションを共有可能
2024.02.22
「Steam Audio」がオープンソース化。UnityやUEに統合できる、ゲームやVRアプリ用の空間オーディオツール
2024.02.22
実写映像を3Dアニメーション化するAIツール「Wonder Studio」にUEエクスポート機能追加。カメラやキャラクターアニメーションなどの要素に分解も可能
2024.02.16
Unreal Engine向けゲーム制作コンテスト『第21回UE5ぷちコン』開始!テーマは「おす」。応募締切は4/7(日)
2024.02.16
揺れ物を手軽に「かわいく」揺らせる疑似物理プラグイン「KawaiiPhysics」がアップデート。ボーン間の距離を維持して、モデルのスカート貫通問題を緩和しやすく
2024.02.12
「Unreal Engine」2024年2月の無料マーケットプレイスコンテンツが公開!Steam APIを活用したブループリントアセットや、ファンタジックなインテリアを集めた環境アセットなど
2024.02.07

注目記事ランキング

2024.02.19 - 2024.02.26
1
UEFNで使えるプログラミング言語「Verse」のノウハウが集結。『UEFN.Tokyo 勉強会 03 Verse Night』レポート
2
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
3
『フォートナイト』で動く本格的なゲームが作れるツール「UEFN」とは?従来のクリエイティブモードから進化したポイントを一挙紹介!
4
【CHALLENGE1】「クリエイター ポータル」を使って、UEFNで作成した島を世界中に公開する
5
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.1「アイテム系」
6
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧
7
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.5「島の設定」
8
NIKEのAir Maxをテーマにしたフォートナイトの島『Airphoria』、制作に関するチュートリアルが公開
9
【STEP2】UEFNの基本的な使い方を覚えよう
10
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part1
11
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part1
12
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.4「ゲームシステム系」
13
【CHALLENGE2-1】フレンドと一緒にゲームを作ろう――UEFNプロジェクトをチームメンバーとリアルタイムで共同編集する
14
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.2「ユーティリティ系」
15
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
16
【CHALLENGE3】UEFNの機能「ランドスケープ」を使ってオリジナルの地形を作る
17
フォートナイトとUEFNがv28.20にアップデート。「キーの長押しによるチャージシステムの実装」などを実現する「入力トリガーの仕掛け」が登場
18
フルカラー書籍「UEFN(Unreal Editor For Fortnite)でゲームづくりを始めよう!」、ついに本日発売!全国書店で好評発売中!
19
【STEP6-1】「オリジナルキャラクターを登場させよう」――Fabでアセットをダウンロードしよう
20
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part2
21
【STEP4-1】コース外に出たらデスする仕組みを作る
22
『フォートナイト』で建築ビジュアライゼーション!?UEFNでオリジナルの世界観をどう作り上げたか、その手法を解説【UNREAL FEST 2023 TOKYO】
23
フォートナイトとUEFNがv26.30にアップデート。ロビー画面が一新され、クリエイターが島ごとにロビー背景を自由にカスタムできるように
24
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.3「プレイヤー系」
25
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.6「チーム・対戦系」Part1
26
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.9「建築物系」Part1
27
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part2
28
【STEP3】オリジナルのアスレチックコースを作ろう
29
【STEP4-2】リスポーンとチェックポイントの仕組みを作る
30
【STEP5-1】スタート時のカウントダウンを作る
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

ワイヤーフレーム(Wire Frame)
ワイヤーフレーム
  1. 3Dモデルのエッジ情報のみを表示するレンダリング手法。ゲーム開発においては、3Dモデルやシーンのポリゴン構造を確認することに用いることが多い。
  2. UIやWebページなどのレイアウトを決めるための設計図。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!