『Metro Exodus』の開発環境が無料で配信。実際に使われたものと同等のシステムでMODや独自コンテンツを作成可能

2023.01.30
ニュース
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • 4A Gamesが『Metro Exodus』のフル開発キットを無料で公開
  • 実際の開発で使用されたものと同じ機能が使える
  • 非商用目的に限り利用可能。また、利用には『Metro Exodus 2019』または『Enhanced Edition』が必要

2023年1月25日、FPS『Metro』シリーズの開発で知られる4A Gamesは、『Exodus SDK』の無料公開を発表、配信しました。

『Exodus SDK』は、Metroシリーズ最新作である『Metro Exodus』の開発キットです。4A Engineが構築した『Metro Exodus』の開発エディターと同等なものとして、シーンエディター、AIナビゲーション、ビジュアルスクリプトなど、さまざまな機能を使えます。

これによりMODはもちろん、オリジナルのスタンドアロンコンテンツも制作可能です。

(画像は公式発表ページより引用)

記事執筆時点で『Exodus SDK』PC版のみに対応し、SteamGOGEpic Gamesストアにて配信されています。

公式ドキュメントも用意されており、導入用のチュートリアルやそれぞれの機能の詳細、ライセンス条項などが記載されています。

公式ドキュメントに書かれている通り、Steam版『Exodus SDK』はツールとして提供されている(画像はSteamクライアントのスクリーンショット)

4A Gamesによる公式発表EULAによると、このSDKは非商用目的に限り利用可能で、制作物はmod.ioにアップロードして共有できるとのことです。また、あらかじめ『Metro Exodus 2019』もしくは『Metro Exodus Enhanced Edition』がPCにインストールされている必要があることにご注意ください。

詳しくは、『Exodus SDK』発表ページまたは公式ドキュメントをご確認ください。

『Exodus SDK』発表ページ『Exodus SDK』公式ドキュメント

関連記事

UEでローカルLLMを実装するプラグイン、「技術書典16」でUE技術書を販売した挑戦の記録など。技術勉強会「UE Tokyo .dev #3」の講演資料が公開
2024.06.19
Niantic、Web上で3D/XRコンテンツを制作できるビジュアルエディター「Niantic Studio」パブリックベータ版を無料リリース。3Dスキャンアプリ「Scaniverse」も更新
2024.06.19
ロジクールで「最もポータブル」を謳うワイヤレスキーボード。最薄部4.3mm、重さ222gの「Keys-to-Go 2」、6/27(木)に発売
2024.06.18
Epic Games、UEとUEFNにおけるオーディオ技術の紹介記事を公開。メタバースのサウンド構築に使える「MetaSounds」、音楽制作ツールセット「Patchwork」なども解説
2024.06.18
株式会社ホットスタッフ・プロモーション コヤ所長(小山 順一朗)氏による「【公開】ヒット作品のつくり方」の講演動画・スライドを公開!【ゲームメーカーズ スクランブル2024】
2024.06.18
スクワッドスターズ株式会社 岡田 和也氏による「猫でも分かる ゲームエンジンのサンプルを面白くする方法」の講演動画・スライドを公開!【ゲームメーカーズ スクランブル2024】
2024.06.18

注目記事ランキング

2024.06.13 - 2024.06.20
VIEW MORE

連載・特集ピックアップ

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

マージ(Merge)
マージ 何か複数のものをまとめて1つに融合・統合すること。ゲーム開発において、多くの場合、異なる作業者が同一のファイルを編集したのち、ひとつに統合する作業のこと。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!