UEで作る短編映像作品コンテスト『Unreal チャレンジ:Creep It Real』が開催。応募期限は2022年10月30日12:59まで

2022.10.04
ニュースアンリアルエンジン
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • 2022年9月30日(金)、Unreal Engineの短編映像作品コンテスト『Unreal チャレンジ:Creep It Real』が開催
  • 大賞を受賞すると1,000ドルの賞金や豪華賞品も。学生向けに賞も用意
  • 応募期限は日本時間2022年10月30日12:59まで

2022年9月30日(金)、Epic GamesUnreal Engineで作られた短編映像作品のコンテスト『Unreal チャレンジ:Creep It Real』を開催し、作品の受付を開始しました。

『Unreal チャレンジ:Creep It Real』は、「Creep It Real」というテーマの下、「レベルデザイン」、「環境デザイン」、「コンポジション」、「ムード/雰囲気の伝わり」、「テーマの使用」の5つの観点で評価される個人向けコンテストです。

Unreal Engineを使って解像度1920×1080以上で10~60秒の映像を作り、Unreal Engine公式のフォーラム内「Unreal Challenge: Creep It Real」に投稿すると応募が完了します。応募期限は日本時間10月30日12:59まで。なお、追加のソフトウェアやポストプロダクションツールは使えず、既成アセットを使う場合は提出時に注記する必要があります。

コンテスト上位者には賞が用意され、大賞を受賞すると 1,000ドルの賞金ArtStationマーケットプレイスギフトカード(100ドル分)KitBash3DのDieselpunk World Kit(個人向けライセンス、199.99ドル)SketchfabのSketchfab Pro/1年プラン(180ドル)など豪華な賞品が贈られます。

また、コミュニティ投票による最高得点を獲得した作品に贈られるCommunity Recognition Award賞や学生向けの賞も用意されています。

詳細はUnreal Engine公式ブログ、『Unreal チャレンジ:Creep It Real』の公式規定をご確認ください。

Unreal Engine公式ブログ『新しい Unreal チャレンジ Creep It Real が始まります』『UnrealチャレンジCreep It Real公式規定』

関連記事

mocopiのモーションデータをリアルタイムでMayaに送れる公式プラグインが公開。併せて、UE版プラグインがUE5.4に対応
2024.06.21
UEでローカルLLMを実装するプラグイン、「技術書典16」でUE技術書を販売した挑戦の記録など。技術勉強会「UE Tokyo .dev #3」の講演資料が公開
2024.06.19
Epic Games、UEとUEFNにおけるオーディオ技術の紹介記事を公開。メタバースのサウンド構築に使える「MetaSounds」、音楽制作ツールセット「Patchwork」なども解説
2024.06.18
500以上のアニメーションを同梱。UE5.4の「Motion Matching」学習に役立つサンプルプロジェクトをEpic Gamesが無料公開
2024.06.13
「Unreal Engine」2024年6月の無料マーケットプレイスコンテンツが公開!バイキングの家をイメージしたアセットや、インベントリを実現するブループリントアセットなど
2024.06.05
Unreal Engine 5.4.2がリリース。「Motion Design」のClonerにおける機能改善や、リターゲットに関する不具合の修正など
2024.06.05

注目記事ランキング

2024.06.18 - 2024.06.25
VIEW MORE

連載・特集ピックアップ

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

プラットフォーム(Platform)
プラットフォーム
  1. サービスやシステムを動作させるための共通基盤とその環境のこと。
  2. ゲームにおいては、特定のゲームハードやゲームを販売しているストアのことを示す。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!