Microsoft提供のポリゴン削減ツール「Simplygon」の新バージョンがリリース

2022.06.30
ニュース
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • Microsoft提供の3Dモデル最適化ツール「Simplygon」がメジャーアップデート
  • 四角ポリゴンを四角ポリゴンのままリダクションする機能の追加やUE5への正式対応など
  • Unreal EngineやUnityといったゲームエンジン、各種3DCGソフトウェアに対応

Simplygon Studiosは、Microsoft提供の3Dモデル最適化ツール『Simplygon』の新バーション『Simplygon 10』のリリースを発表しました。

Simplygonは3Dモデルのポリゴン数を自動で減らし、ゲームやVRコンテンツなどで動かすのに適したモデルやLODに変換するためのツールです。

450以上のAAAゲームタイトルで採用されており、2016年10月にはインディー開発者や個人向けとして無料版SDKがリリースされ、大きく注目を集めました。

SIMPLYGON公式紹介動画

今回のアップデートの主な修正点は以下になります。

Quad reducer

新しいポリゴン削減処理が導入され、四角形ポリゴンを四角形のまま削減することができるようになりました。

Modular seams optimizer

モジュール化された3Dモデルのポリゴン削減を行う際に、モジュール同士の継ぎ目を保ったままポリゴン削減できるようになりました。

UE5への正式対応

Unreal Engine 5に正式対応しました。導入までの詳しい手順については公式の動画が公開されています。

その他、詳しい修正点は公式ブログ公式リリースノートを参照してください。

現在、SimplygonはUnreal Engine、Unity、3ds Max、Mayaなどに正式対応しており、また、BlenderやHoudiniなどでもプレビューとして利用可能です。

これらゲームエンジンやツールへの導入方法については、Simplygonの公式Youtubeチャンネルで解説されています。

「Simplygon」公式サイト「Simplygon 10」リリースについての公式ブログページ「Simplygon 10」公式ドキュメント

関連記事

「Unity ゲーミングレポート 2024」、日本語版が無料公開。Unityで開発する約500万人のデータをもとに、AI活用など5つのトピックで動向をレポート
2024.05.30
Unity開発者向け技術カンファレンス「U/Day Tokyo 2024」、7/1(月)に渋谷で開催。Unity 6の展望や最新サービスの紹介など、9講演が実施予定
2024.05.29
リリース済の2Dランアクション作品をベースにゲームづくり。「GameMaker」用テンプレート『Super Chicken Jumper』が無料公開
2024.05.29
Googleマップの地理情報をもとにリアルな3Dマップを作成可能。Google Maps JavaScript APIの新機能「Photorealistic 3D Maps」、試験運用開始
2024.05.28
静音性を高めた磁気スイッチを採用。エレコム、75%サイズのキーボード「VK720A」シリーズの予約販売を開始
2024.05.28
フォートナイトとUEFNがv30.00へ大規模アップデート。使用できるフォートナイトキャラクターが800以上になったほか、UEFNのプロファイル機能などが追加に
2024.05.27

注目記事ランキング

2024.05.23 - 2024.05.30
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

ビヘイビアツリー(Behavior Tree)
ビヘイビアツリー AIの思考、行動をツリー状の構造図で定義したもの。およびそのシステム。挙動の優先順位や条件を定義していくことにより、複雑なAI挙動をシンプルに実現できる。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!