Unity向けAR開発用SDK『ToF AR』が一般公開!AI処理により手や指の動きまでスムーズに描画可能

2022.06.16
ニュース
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • ソニーセミコンダクタソリューションズ株式会社がAR開発用SDK「ToF AR」を一般公開
  • ハンドジェスチャーやMeshing機能などを持ったARアプリをUnity上で開発可能
  • モバイルゲームの他、服や靴のフィッティングアプリや部屋のレイアウトアプリへの活用が期待される

ソニーセミコンダクタソリューションズ株式会社は、Developer World(※)にてAR開発用SDK「ToF AR」を一般公開しました。

※Sony Europeが運営する、ソニーがサポートする開発プログラムのポータルサイト

「ToF AR」は、スマートフォンやタブレットに搭載されているToFセンサーやLidarセンサーの深度情報を用いたARアプリ開発を効率化するUnity向けツールキットライブラリ。ソニーグループ株式会社 R&Dセンターと共同開発したAI処理技術により、ハンドジェスチャー機能や身体の動きを認識してアニメーションを描画するアプリケーションなどをUnity上で実現可能です。

ハンドジェスチャー機能

身体の動きを認識して滑らかに描写する機能

3Dデータを作成するモデリング機能

深度情報を元に周りの環境を構築するメッシュ処理(Meshing)機能

また、ARを活用したモバイルゲームの他、「バーチャル・フィッティング」や「バーチャル・レイアウト」、「新感覚コミュニケーション」など、さまざまな用途で活用が期待されています。

服や靴のサイズが自分に合うか確認できる「バーチャル・フィッティング」

部屋を計測して寸法のあった家具を選べる「バーチャル・レイアウト」

「ToF AR」の技術的な特徴は以下の通りです。

進化した深度情報のマッピング

ToF ARの進化した深度マッピングは、仮想空間オブジェクトのディテールや位置をより正確にキャプチャーし、仮想空間のリアリティを向上させます。

ハンドトラッキング

指、関節の認識により正確なジェスチャートラッキングでアバターコントロールを実現。途中で指が隠れるケースでもハンドサイン、空中描画等が可能です。

Unityで開発可能

Unityにライブラリを組み込み、ToFセンサーを使ったモバイルARアプリを簡単に開発できます。ゲームからビデオ製作、インダストリアルまで、幅広く活用できます。

ARCore / ARKit と補完関係

ToF ARは、デファクトスタンダードのARエンジンであるARCore / ARKit と共存できます。

ToF ARツールキットはDeveloper World内のダウンロードページから入手可能です。

AR開発用SDK「ToF AR」 一般公開発表ページDeveloper World「ToF AR」 公開ページ

関連記事

株式会社ノイジークローク 坂本英城氏による「ゲームサウンドクリエイターという仕事」スライドを公開!
2024.06.14
500以上のアニメーションを同梱。UE5.4の「Motion Matching」学習に役立つサンプルプロジェクトをEpic Gamesが無料公開
2024.06.13
ゲーム業界を目指す学生のCEDEC2024/TGS2024参加をサポート。IGDA日本、「スカラーシッププログラム」参加者を募集中
2024.06.13
株式会社デジタルハーツ 渡辺 栄宏氏による「全開発者におくるデバッグ入門! 個人開発でも使えるQA Tipsや基礎的な考え方をご紹介」のスライドを公開!【ゲームメーカーズ スクランブル2024】
2024.06.13
プロデューサー ディレクター 脚本家 山中拓也氏による「心に残る物語のつくりかた」の講演動画・スライドを公開!【ゲームメーカーズ スクランブル2024】
2024.06.13
Blender4.2 LTSのベータ版がリリース。EEVEEの改善やレンダリングの強化による主要な既存機能の変更をピックアップ
2024.06.12

注目記事ランキング

2024.06.07 - 2024.06.14
VIEW MORE

連載・特集ピックアップ

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

フレームレート(Frame Rate)
フレームレート 1秒あたり何回フレームを表示するかを示す数値。フレームレートの単位のことをFPS(frames per second)と呼ぶ。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!