ゲームメーカーズ初のリアルイベント「ゲームメーカーズ スクランブル」2023年3月4日(土)に東京・大崎にて開催決定!

2022.12.21
ニュースゲームメーカーズ スクランブル2023
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!

「ゲームメーカーズ スクランブル」の最新情報はこちらをご確認ください。

ゲームメーカーズ スクランブル  イベント情報

「ゲームメーカーズ スクランブル」開催決定

202334日(土)に東京・大崎にて「ゲームメーカーズ スクランブル」を開催いたします。

「ゲームメーカーズ スクランブル」は、ゲームづくりに関する講演セミナーや、ゲームエンジンや3DCG制作ツールを触って覚える体験イベント、参加者同士で交流可能な懇親会など、ゲームづくりに関わる方同士で盛り上がるためのリアルイベントです。

開催概要

「ゲームメーカーズ スクランブル」
~ゲームづくりで盛り上がろう!話を聞いて、手を動かして、みんなで交流~

開催日程 2023年3月4日(土)
会場 大崎ブライトコアホール
JR「大崎」駅、りんかい線「大崎」駅より徒歩5分
参加費 無料(事前予約制)
主催 ゲームメーカーズ(株式会社ヒストリア)
ハッシュタグ #ゲームメーカーズスクランブル

参加は無料、途中入退場自由です!

応募ページは2023年1月にオープン予定!

イベントコンセプト

ゲームメーカーズはゲームづくりを行う全ての人を応援するWEBメディアです。

今回は、ゲームづくりを楽しむ人たちが繋がり、ゲームづくりに興味を持っている人たちがその楽しさに触れて貰えるような機会をつくりたいという想いから、リアルイベントとして「ゲームメーカーズ スクランブル」開催を決定しました。

講演ラインナップや体験イベント内容など、最新情報はゲームメーカーズサイト内公式Twitterで順次お知らせいたします。

最新情報は公式Twitter(@GameMakersJP)をチェック!

新型コロナウイルス感染症拡大防止対策について

本イベント運営にあたり、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から以下の対策を行ってまいります。ご来場の皆さまにはご不便をおかけいたしますが、ご理解ご協力のほどお願いいたします。

  • イベント参加者間の適切な距離の確保
  • 会場内の常時換気
  • 会場出入口付近にアルコール消毒液を配置
  • 会場内の定期的なアルコール消毒
  • スタッフのマスク着用
  • 消毒・検温の実施

<ご来場者さまへのご協力のお願い>

  • 正しいマスクの着用をお願いいたします
  • 体調不良及び発熱等の風邪の症状がみられるかたはご来場をお控えください
  • 過去14日以内に感染拡大している地域・国への渡航歴があるかたはご来場をお控えください
  • 途中で体調不良及び発熱等の風邪の症状がみられた場合、必ずお近くのスタッフまでお声がけください

注意事項

※イベント内容は状況により、急遽変更となる場合がございます。
※新型コロナウイルス感染症の影響など、諸事情により事前に予告なく開催中止や入場時間の変更がある場合がございます。あらかじめご了承ください。
※入場時にお待ちいただく際は、お客様同士一定の距離を開けてお並びください。
※会場内でのお食事はご遠慮ください。
※他のお客様のご迷惑になるような行為はご遠慮ください。
※会場内は禁煙です。喫煙スペースがありますのでそちらをご利用ください。
※会場内にて写真、ビデオの撮影や取材を行っております。撮影した写真、画像は今後のイベントの宣伝物などに使用させていただく可能性がございますので、予めご了承ください。
※最新情報は公式WEBサイト及び公式Twitterをご覧ください。

ゲームメーカーズ 公式Twitterゲームメーカーズ 公式Facebook

関連記事

スクウェア・エニックス 時田 貴司氏による「『作り方』から考えるゲームデザイン」の講演動画を公開!【ゲームメーカーズ スクランブル】
2023.03.27
アカツキゲームス 田﨑 大也氏による「ゲームエンジンからステップアップ!”オブジェクト指向”早わかりガイド」の講演動画・スライドを公開!【ゲームメーカーズ スクランブル】
2023.03.27
Too Kyo Games 小高 和剛氏による「世界観とキャラクターの作り方」の講演動画を公開!【ゲームメーカーズ スクランブル】
2023.03.24
イリンクス 田中 宏幸氏による「ゲーム業界のワークフローに学ぶ、ゲームを作り始める前に知っておくべきこと」の講演動画・スライドを公開!【ゲームメーカーズ スクランブル】
2023.03.23
バンダイナムコオンライン 太田垣 沙也子氏による「ゲームのUIってどうやって作るの? ~チラ見せ!プロの開発テクニック~ 」の講演動画・スライドを公開!【ゲームメーカーズ スクランブル】
2023.03.22
ヒストリア 佐々木 瞬氏による「【2023年版】ゲーム制作の現場でよく使うツールをまるっと紹介 ~エディターからバージョン管理ツールまで~」の講演動画・スライドを公開!【ゲームメーカーズ スクランブル】
2023.03.22

注目記事ランキング

2024.04.14 - 2024.04.21
1
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
2
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧
3
『フォートナイト』で動く本格的なゲームが作れるツール「UEFN」とは?従来のクリエイティブモードから進化したポイントを一挙紹介!
4
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.1「アイテム系」
5
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.5「島の設定」
6
【CHALLENGE1】「クリエイター ポータル」を使って、UEFNで作成した島を世界中に公開する
7
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.2「ユーティリティ系」
8
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part1
9
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.6「チーム・対戦系」Part1
10
フォートナイトとUEFNがv29.20にアップデート。見下ろし視点でもプレイヤーキャラクターの向きを操作できるようになった
11
【CHALLENGE3】UEFNの機能「ランドスケープ」を使ってオリジナルの地形を作る
12
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.4「ゲームシステム系」
13
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part2
14
UEFNで使えるプログラミング言語「Verse」のノウハウが集結。『UEFN.Tokyo 勉強会 03 Verse Night』レポート
15
フルカラー書籍「UEFN(Unreal Editor For Fortnite)でゲームづくりを始めよう!」、ついに本日発売!全国書店で好評発売中!
16
『フォートナイト』で建築ビジュアライゼーション!?UEFNでオリジナルの世界観をどう作り上げたか、その手法を解説【UNREAL FEST 2023 TOKYO】
17
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part1
18
【STEP2】UEFNの基本的な使い方を覚えよう
19
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.3「プレイヤー系」
20
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.9「建築物系」Part1
21
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part2
22
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.8「ゾーン系」
23
GDC 2024で行われた「State of Unreal」UEFN関連の発表内容まとめ。UEFNがMetaHumanを正式サポート
24
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
25
【CHALLENGE2-1】フレンドと一緒にゲームを作ろう――UEFNプロジェクトをチームメンバーとリアルタイムで共同編集する
26
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.9「建築物系」Part2
27
【STEP1】「UEFN」を入手しよう
28
フォートナイトとUEFNがv29.00にアップデート。Verse上でセーブデータが定義可能になったほか、ポストプロセスを制御する仕掛けが登場
29
【STEP4-2】リスポーンとチェックポイントの仕組みを作る
30
「UEFN」って実際どうなの? 編集部が3時間で「みんなで遊べるアクションゲーム(?)」を作ってみた
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

フォワードシェーディング(Forward Shading)
フォワードシェーディング オブジェクト毎にライティングの計算を行い、その計算結果を描画するレンダリング手法。フォワードレンダリングともいう。ディファードシェーディング(Deferred Shading)に比べてポストプロセスの自由度は低いが、(何も物を配置しなかった際にかかる)最低限の描画コストが低く、アンチエイリアス処理などにおいてフォワードシェーディングの方が有効な分野も存在する。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!