【STEP3】オリジナルのアスレチックコースを作ろう

2022.01.01
ゲームづくりの知識チュートリアルクリエイティブモードフォートナイトUEFN
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

前回はプロジェクトを作成し、ゲームをプレイするところまでを達成しました。このSTEPでは、ステージ上に道となるオブジェクトを並べて、オリジナルのアスレチックコースを作りましょう。

目次

【STEP3-1】「コンテンツドロワー」からオブジェクトを配置する

コンテンツドロワーは、ステージ上に配置するオブジェクトなどの置き場所として利用するエリアです。今回は床オブジェクトをいくつか配置してステージを作りたいので、コンテンツドロワーから「床(floor)」を取り出してみましょう。

このパネルが「コンテンツドロワー」。左側にプロジェクトのフォルダ階層が表示される。ショートカット[Ctrl+Space]でも表示が可能

画面左下の「コンテンツドロワー」をクリックして開きます。中央に並んで表示されているものが「アセット」です。ドロワー(引き出し)という名前の通り、この中には3Dモデルやサウンド、マテリアルといったさまざまな種類のアセットが入っています。

3Dモデルのアセットをステージに配置する

コンテンツドロワーから床となるアセットをステージに配置してみましょう。左側のフォルダ階層から「All > Fortnite > GrayBox > Floors」に移動します。

フォルダ内にある「GrayBox Floor」ゲーム画面にドラッグ&ドロップしてみましょう。

直方体のパネルのようなものがステージ上に見えていれば成功です。これで、ステージにオブジェクトを配置することができました。

【STEP3-2】オブジェクトの選択・編集・削除の仕方を理解する

床オブジェクトを並べて道を作るために、オブジェクトの移動や拡大、削除の仕方を覚えましょう。

まずは配置したオブジェクトを動かします。オブジェクトを左クリックすると、オレンジ色のラインで囲まれます。これがオブジェクトの選択状態です。

選択状態では、オブジェクトがオレンジ色のラインで囲まれる。選択したオブジェクトに対して、移動や複製、削除など、さまざまな操作が行える

選択すると、3方向に伸びた矢印が特徴の「移動ツール」が表示されます。

中央にある3つの矢印が「移動ツール」

GrayBox Floorを横に移動させてみましょう。緑色の矢印にマウスカーソルを合わせて、左右どちらかにドラッグします

もとの場所に戻したい場合は、[Ctrl]+[Z]で手順をひとつ巻き戻すことができます。こうしたショートカットは便利なので、少しずつ覚えていくとよいでしょう。また、配置したオブジェクトがいらなくなったら、選択して「Delete」キーを押すことで削除できます。

「オブジェクトのスナップ」について

UEFNは最初からオブジェクトのスナップがONになっています。スナップとは、オブジェクトの位置や回転、スケールを一定の間隔ごとに吸着させる機能です

(左)スナップあり(右)スナップなし

スナップをONにすると、オブジェクトを正確に整列させられますが、微調整ができなくなります。状況に応じて、スナップのON/OFFを切り替えながら制作しましょう。

スナップの切り替えには、画面右上にある、下図のアイコンをクリックします。

左から、グリッド(移動の)スナップ、回転のスナップ、スケールのスナップ。アイコン右の数字は、スナップの強さを示している

これ以降、このチュートリアルでは「スナップをOFF」にして進行します。

オブジェクトを横に拡大して道にする

配置した床のオブジェクトを横に伸ばして、長い道にしましょう。

オブジェクトを選択したままRキーを押すと、移動ツールの矢印の形が変化します。これは「スケーリングツール」と呼ばれ、オブジェクトを拡大・縮小することができます。

陸の外側に向いている軸にマウスカーソルを合わせて、ドラッグしてみましょう。オブジェクトが軸の方向に引き延ばされ、道のようになりました。

また、選択状態でEキーを押すと、オブジェクトを回転させる「回転ツール」に変化します。

回転ツール。操作方法は前述した2つのツールと同じだ

オブジェクトを操作するツールは、以下のキーで切り替えることが可能です。この3つの機能を使い分けて、ステージを作っていきましょう。

移動ツール:Wキー

回転ツール:Eキー

スケーリングツール:Rキー

ツールは右上のボタンからも切り替えられるが、ショートカットを使うほうが早く作業を進めることができる

【STEP3-3】一本道のアスレチックコースを作る

いよいよここからステージづくりを行います。

テンプレートから選んだケビン浮島には、大きな浮島が2つあります。低い浮島がスタート、高い浮島がゴールになるようにGrayBox Floorを空中に並べ、アスレチックコースの土台を作りましょう!

コースの例。激しい坂道を作ったり、ループを作ったり、思うままに道を繋ごう

ある程度コースができたら、ゲームをプレイして走ってみましょう。実際にキャラクターを操作して走ってみると、エディタ画面で見たときより遊びやすかったり、難しかったりすると思います。エディタとフォートナイトを行ったり来たりしながら、コースを調整していきましょう。

コースができたら次のステップに進みます。今回作成したコースにギミックを付けて、よりゲームらしく仕上げていきましょう。

NEXT STEP >> 【STEP4-1】コース外に出たらデスする仕組みを作る『UEFNを始めよう!』に戻る

関連記事

フォートナイトとUEFNがv30.20にアップデート。公開した島のインプレッションを確認できる「分析」タブの追加、「MetaHuman」と「Marvelous Designer」を活用したテンプレートが公開
2024.06.25
クロスシミュレーションツール「Marvelous Designer」が1年間無料で使用可能。Epic Games、UEFNクリエイターに向けてライセンスを期間限定で提供中
2024.06.25
Epic Games、UEとUEFNにおけるオーディオ技術の紹介記事を公開。メタバースのサウンド構築に使える「MetaSounds」、音楽制作ツールセット「Patchwork」なども解説
2024.06.18
フォートナイトとUEFNがv30.10にアップデート。従来のアクターとは異なるオブジェクト構成システム「Scene Graph」が実験的機能として導入
2024.06.14
Epic Gamesが開発中のプログラミング言語「Verse」って知ってる?編集部員が感じる2つの特徴「ロールバック」「非同期処理」などを解説
2024.06.12
ゲームメーカーズが作ったUEFNの説明書を公開!仕掛けを組み合わせたギミックの作成手順などを解説【ゲームメーカーズ スクランブル2024】
2024.05.29

注目記事ランキング

2024.07.10 - 2024.07.17
VIEW MORE

連載・特集ピックアップ

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

ラグドール(Rag Doll)
ラグドール ぬいぐるみを意味する英語。 ゲームにおける、キャラクターの全身が脱力したかのような挙動を行う物理シミュレーション。ラグドール物理。 例えば、上空からの落下やキャラクターが死亡した際に用いられる。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!