【STEP4-1】コース外に出たらデスする仕組みを作る

2022.01.01
ゲームづくりの知識チュートリアルクリエイティブモードフォートナイトUEFN
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

前回はアスレチックコースを作成しました。次は、このコースをゲームとして遊べるようにするための仕組みづくりを行いましょう。

現状、コースから落下したプレイヤーは永遠に帰ってこられません。このSTEPで、コース外に落ちたプレイヤーをキルし、リスポーンさせる仕組みを作りましょう。

目次

仕掛け『ダメージボリューム』をコース外に配置する

UEFNにおいて、ゲームの仕組みは主に「仕掛け」を使って組み立てます。仕掛けは、いわばプログラムが組み込まれたオブジェクトのアセットです。

コースから落ちたプレイヤーをデスさせる仕組みは、仕掛け『ダメージボリューム』を使って作ります。『ダメージボリューム』は、大きさの調整できる箱状のゾーン(当たり判定)をもっています。このゾーンに触れたプレイヤーを検知し、ダメージを付与、もしくはキルするプログラムが組み込まれています。

仕掛けが格納されているフォルダを見てみましょう。コンテンツドロワー上で「All > Fortnite > Devices」に移動すると、仕掛けが一覧表示されます。仕掛けのアセット『ダメージボリューム』をドラッグ&ドロップでステージに配置しましょう。

『ダメージボリューム』の設定を変更する

配置した『ダメージボリューム』のゾーンがコースの下側全体を覆い、触れたプレイヤーをキルするように、設定を変えましょう。

オブジェクトを選択すると、画面右下の「詳細」タブにオブジェクトの設定が表示されます。配置した『ダメージボリューム』を選択しましょう。

オブジェクトを選択中は、「詳細」タブでオブジェクトの設定を変更できる

オブジェクトが小さくクリックしにくい場合は、右上の「アウトライナー」からでもオブジェクトを選択できる。検索窓に『ダメージボリューム』と入力すると見つけやすいだろう

「詳細」タブから、『ダメージボリューム』の設定を以下の通り変更しましょう。

ゾーンの幅:100

ゾーンの奥行き:100

ダメージタイプ:撃破

これで、ゾーンの範囲が広がり、ゾーンに入ったプレイヤーはデスするようになりました。

『ダメージボリューム』がコースの下にくるよう移動させる

一時的に、設定の「ゲーム中にゾーンを表示」にチェックを入れると、ゾーンが赤く可視化されます。ゾーンの範囲を見ながら、ゾーンがコースの下を覆うように位置を調節しましょう。

高さは、小さな浮島の少し上くらいが理想だ

調節できたら、「ゲーム中にゾーンを表示」のチェックを外し、ゲームをプレイしてみましょう。プレイヤーがコースから落下してしばらくした後、デスをすれば成功です。

コースから落ちたら、プレイヤーがリスポーンする仕組みができました!

NEXT STEP >> 【STEP4-2】リスポーンとチェックポイントの仕組みを作る『UEFNを始めよう!』に戻る

関連記事

ゲームメーカーズが作ったUEFNの説明書を公開!仕掛けを組み合わせたギミックの作成手順などを解説【ゲームメーカーズ スクランブル2024】
2024.05.29
フォートナイトとUEFNがv30.00へ大規模アップデート。使用できるフォートナイトキャラクターが800以上になったほか、UEFNのプロファイル機能などが追加に
2024.05.27
フォートナイトとUEFNがv29.40にアップデート。「ゲーム開始時、特定の処理が終了するまでプレイヤーをスポーンさせない」などが実現できるようになった
2024.05.07
フォートナイトとUEFNがv29.30にアップデート。すでに公開した島をプレイできないようにする機能が導入される
2024.04.24
フォートナイトとUEFNがv29.20にアップデート。見下ろし視点でもプレイヤーキャラクターの向きを操作できるようになった
2024.04.10
【UEFN】よく使うショートカットまとめ
2024.04.05

注目記事ランキング

2024.05.23 - 2024.05.30
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

ビヘイビアツリー(Behavior Tree)
ビヘイビアツリー AIの思考、行動をツリー状の構造図で定義したもの。およびそのシステム。挙動の優先順位や条件を定義していくことにより、複雑なAI挙動をシンプルに実現できる。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!