設定漏れも一目で分かる。おかず氏、Actor・PrimitiveComponentを条件で色分けできるUE5.4用プラグイン「Custom Actor Coloration」を公開

2024.05.14
ニュースお役立ち情報ツール紹介アンリアルエンジン
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • おかず氏、Actor・PrimitiveComponentのプロパティが特定の条件を満たしているかを可視化する「Custom Actor Coloration プラグイン」を公開
  • UEの機能「Actor Coloration」を活用している
  • 本プラグインの解説も行った「Unreal Engine Meetup Connect – Vol.2 – UETipsLT編」の講演資料も公開中

おかず氏は2024年5月2日(木)、Unreal Engine 5.4(以降、Unreal EngineはUEと表記)において各Actor・PrimitiveComponentのプロパティが満たしている特定の条件を可視化する「Custom Actor Coloration プラグイン」を公開しました。

「Custom Actor Coloration」は、Actor・PrimitiveComponentのプロパティが特定の条件を満たしているかを視認可能にするプラグインです。

NaniteやCast Shadowの有効・無効といった、プロパティの設定状況を色分けして、視覚的に判別できます。

Cast Shadowの有効・無効といったプロパティの設定状況を色分けにより識別できる(画像はGitHubより引用)

本プラグインは、UE3より搭載されている機能「Actor Coloration」を活用しています。

UE3の時点では、「Actor Coloration」の使用にはC++が必要でしたが、UE5.4でアップデートが行われたことで、EditorSettings系のiniファイルに設定を追記すれば自動的にエディタのUIに反映されるようになりました。

また、UE3の時点では、高度な条件設定を施すにはエンジンの改造が必要でしたが、アップデートにより、エンジンの改造をしなくてもC++の簡易なコーディングで実装可能になりました。ただし、この場合も画面上に何も描画しないActor / Scene Componentを直接チェックすることはできません。

「Custom Actor Coloration」の操作画面。プロパティの設定状況をUI上で色分けできる(画像はGitHubより引用)

なお、UEの勉強会「Unreal Engine Meetup Connect – Vol.2 – UETipsLT編」において、Actor Colorationおよび本プラグインについて解説する講演を行っています。

同イベントの配信アーカイブはYouTubeで視聴可能です。また、講演で使用されたスライド資料がドクセル上に公開されています。

関連記事
マテリアルについて知る講演、UE5.4で改良されたActor Coloration機能の解説も。UE勉強会「Unreal Engine Meetup Connect」第2回の講演資料が公開
2024.05.09

「Custom Actor Coloration プラグイン」の詳細はGitHubリポジトリをご確認ください。

「CustomActorColoration プラグイン」GitHubおかず氏 Xアカウント

関連記事

「ゼロから始めるプロシージャル入門!」など、Epic Gamesが講演した技術セミナー「Epic Games Conference 2024」の講演資料が公開
2024.05.09
マテリアルについて知る講演、UE5.4で改良されたActor Coloration機能の解説も。UE勉強会「Unreal Engine Meetup Connect」第2回の講演資料が公開
2024.05.09
「Unreal Engine」2024年5月の無料マーケットプレイスコンテンツが公開!東京をイメージした環境アセットや、魚群をシミュレーションできるプラグインなど
2024.05.08
対戦TPS『FOAMSTARS』開発に活用したUE4の「エフェクトのプール機能」、トイロジックが紹介記事を公開
2024.05.08
Unreal Engine 5.4.1がリリース。新機能「Modular Control Rig」の改善、MSVCの不正利用時にエラーが検出されない不具合などが修正
2024.05.02
UE5.4の実験的機能「Motion Design」の公式チュートリアル記事が公開。モーショングラフィックスの作り方を学べる
2024.05.01

注目記事ランキング

2024.05.14 - 2024.05.21
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

フォワードシェーディング(Forward Shading)
フォワードシェーディング オブジェクト毎にライティングの計算を行い、その計算結果を描画するレンダリング手法。フォワードレンダリングともいう。ディファードシェーディング(Deferred Shading)に比べてポストプロセスの自由度は低いが、(何も物を配置しなかった際にかかる)最低限の描画コストが低く、アンチエイリアス処理などにおいてフォワードシェーディングの方が有効な分野も存在する。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!