Steamの「実績解除」を手軽に実装。インディーゲーム開発者のザクロスケ氏、Unity用ビジュアルノベル制作ツール「宴」のプラグインを無料公開

2024.04.16
ニュースUnity
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • Unity用ビジュアルノベル制作ツール「宴」向けに、Steamの実績解除を実装するプラグインをザクロスケ氏が無料公開
  • Excelファイルにコマンドを記載することで、実績解除を実装できる
  • 宴用の「名前入力プラグイン」「言語変更プラグイン」なども公開中

インディーゲーム開発者のザクロスケ氏(@zakurobento)は2024年4月13日(土)、ビジュアルノベル制作ツール「宴」向け「スクリプトからSteam実績解除プラグイン」を、同氏のpixivFANBOXにて無料公開しました。

は、Unity上で動作するビジュアルノベル制作アセットで、シナリオデータをExcelで書けるといった特徴を備えています。

ザクロスケ氏が今回公開した無料プラグインは、Excelファイルにコマンドを記載することで、Steamの実績解除を実装できます。

また、デバッグ用機能として、過去に解除した実績をリセットする機能も用意されています。

プラグインを実装したサンプル動画。なお、ザクロスケ氏が早期アクセスとして無料公開している作品『Romp of Dump』でも、同プラグインが導入されている(動画はpixivFANBOXより引用)

本プラグインの導入方法は、ザクロスケ氏のpixivFANBOXにて動画などを交えて丁寧に解説されています。同ページには利用規約も掲載され、利用規約に準拠していれば商用利用も可能とのこと。

ザクロスケ氏は本プラグインのほかにも、宴用の「名前入力プラグイン」「言語変更プラグイン」などをpixivFANBOXで無料公開しています。

Unity宴プラグイン「スクリプトからSteam実績解除プラグイン」配布ページザクロスケ氏 Xアカウント

関連記事

「Unity 6 Preview」がリリース。レンダリングのパフォーマンス向上、ライティング機能の強化など多岐にわたるアップデート
2024.05.03
Unity公式のパズルゲーム『Gem Hunter Match』、URPの学習などに役立つサンプルプロジェクトとして無料公開
2024.04.30
Unity上でセリフの音声合成ができる「A.I.VOICE for GAMES」でリップシンクが可能に。キャラの口がセリフに合わせて自然に動く
2024.04.26
Unityのプロジェクトをインポートできるプラグインも無料公開。3DゲームやVRアプリの開発に向いた「UNIGINE Engine」、バージョン「2.18.1」がリリース
2024.04.25
【GDC 2024】Unity Technologies講演の日本語吹き替え動画、5/8(水)より順次公開予定。Unity Japan公式YouTubeチャンネルにて
2024.04.24
Unity Technologies、HDRPを解説した無料の電子書籍をUnity 2022 LTS版にアップデート。進化した水面の表現やSpeedTreeを組み合わせたTerrainの使い方を183ページにわたって紹介
2024.04.19

注目記事ランキング

2024.05.14 - 2024.05.21
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

フォワードシェーディング(Forward Shading)
フォワードシェーディング オブジェクト毎にライティングの計算を行い、その計算結果を描画するレンダリング手法。フォワードレンダリングともいう。ディファードシェーディング(Deferred Shading)に比べてポストプロセスの自由度は低いが、(何も物を配置しなかった際にかかる)最低限の描画コストが低く、アンチエイリアス処理などにおいてフォワードシェーディングの方が有効な分野も存在する。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!