年間総収益100万ドル超のノンゲーム企業はUE5.4以降サブスク必須に価格変更。「Twinmotion」「RealityCapture」の個別利用は一定条件下で無料に

2024.03.13
ニュース3DCGアンリアルエンジンモデリング映像制作
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!

この記事の3行まとめ

  • 「Unreal Engine」「Twinmotion」「RealityCapture」の価格が4月下旬に変更
  • 新価格形態の「Unreal サブスクリプション」は年間総収益が100万ドルを超えるノンゲーム企業が対象で1シート年間1,850ドル予定
  • 「Twinmotion」「RealityCapture」を個別に利用する場合は、年間総収益が100万ドル未満なら無料に

2024年3月12日(火)、Epic Gamesは4 月下旬からUnreal Engine、Twinmotion、および RealityCapture の価格を変更することを公式ブログにて発表しました。

4月下旬のUnreal Engine(以下、UE)5.4のリリース以降、ゲーム以外を制作している企業向けにUEの価格が変更されます。なお、今回の価格変更でUEの利用料金が上昇する可能性があるのは年間総収益が100万ドルを超える企業のみです。

以下の基準を満たしている場合、年間1,850ドル(※1)のサブスクリプションシート(※2)「Unreal サブスクリプション」を購入する必要があります。
※1 予定。また、一部の国や地域では地域ごとの価格が適用される
※2 シートとはアクティブユーザーのこと。クラウドサービスなどではサービスに加入しているユーザー数ではなくシート数単位で課金することがある

  • 年間総収益が100万ドルを超える企業である
  • ゲームを制作していない
  • サードパーティのエンドユーザーにライセンス供与し、ランタイム時にUnreal Engineコードに依存するアプリケーションを作成していない

Unreal サブスクリプションでは、シートごとに1人のユーザーが、UE 5.4以降のバージョンに加えて、TwinmotionおよびRealityCaptureにアクセスすることができます。

価格変更はUE 5.4以降でのみ適用されます。現在UE 5.3以前のバージョンを使用している場合は、UE 5.4以上にアップグレードしない限り、価格の変更は適用されません。

また、今回の変更に併せて、TwinmotionおよびRealityCaptureをそれぞれ個別に購入する場合の価格もサブスクリプションシート制に変更となります。

年間総収益が100万ドルを超える企業は、Twinmotionでは2023.2.4 以降のユーザーを対象に年間445ドルRealityCaptureではRealityCapture 1.4以降のユーザーを対象に年間1,250ドルがかかります。年間総収益が100万ドル未満(※)の企業および学生、教育者、アマチュアデベロッパーは無料になります。
※ 編集部註:ソースのまま記載しています

これまでに購入した永続ライセンス版の利用可能範囲など詳細は各ツールの公式ブログをご確認ください。

「4 月下旬の Unreal Engine、Twinmotion、および RealityCapture 価格変更のお知らせ」Unreal Engine公式ブログ「4月後半に TWINMOTION の価格が改定されます」TWINMOTION NEWS「We are updating RealityCapture pricing in late April」RealityCapture News

関連記事

AIはイテレーションを回すために活用すべし!中割りの生成やリアルなエフェクトのアニメ調変換など、エフェクト制作へのAI活用を模索したR&Dの苦労と展望をインタビュー【CAGC2024】
2024.04.16
「3ds Max 2025」の新機能や更新を紹介する動画がYouTubeで公開。カラー管理にOCIO追加、Retopology Toolの処理速度アップなど
2024.04.12
「ZBrush 2023」から「ZBrush 2024」までの新要素を解説する公式動画が公開。「Anchorブラシ」や「スライムブリッジ」などの新機能をおさらい
2024.04.11
ヒストリア、日本で唯一「Unreal Engine サービス パートナー プログラム」で「ゴールド ステータス」を獲得。Epic Gamesが定める技術支援プログラム
2024.04.11
Adobe、「Substance 3D Connector」をオープンソースとして公開。Blender・Maya・3ds MaxやUE5・Unityなどの間でのアセット共有を目指す
2024.04.08
UE5で流体シミュレーションを行うプラグイン「Niagara Fluids」の公式チュートリアル4点が公開。波立つ水面や煙の揺れを表現可能
2024.04.06

注目記事ランキング

2024.04.09 - 2024.04.16
1
フォートナイトとUEFNがv29.20にアップデート。見下ろし視点でもプレイヤーキャラクターの向きを操作できるようになった
2
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧
3
『フォートナイト』で動く本格的なゲームが作れるツール「UEFN」とは?従来のクリエイティブモードから進化したポイントを一挙紹介!
4
【CHALLENGE1】「クリエイター ポータル」を使って、UEFNで作成した島を世界中に公開する
5
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
6
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.1「アイテム系」
7
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.5「島の設定」
8
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part1
9
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.2「ユーティリティ系」
10
『フォートナイト』で建築ビジュアライゼーション!?UEFNでオリジナルの世界観をどう作り上げたか、その手法を解説【UNREAL FEST 2023 TOKYO】
11
【CHALLENGE3】UEFNの機能「ランドスケープ」を使ってオリジナルの地形を作る
12
【CHALLENGE2-1】フレンドと一緒にゲームを作ろう――UEFNプロジェクトをチームメンバーとリアルタイムで共同編集する
13
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part2
14
UEFNで使えるプログラミング言語「Verse」のノウハウが集結。『UEFN.Tokyo 勉強会 03 Verse Night』レポート
15
【STEP2】UEFNの基本的な使い方を覚えよう
16
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.6「チーム・対戦系」Part1
17
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
18
フルカラー書籍「UEFN(Unreal Editor For Fortnite)でゲームづくりを始めよう!」、ついに本日発売!全国書店で好評発売中!
19
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part1
20
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.3「プレイヤー系」
21
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.4「ゲームシステム系」
22
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.8「ゾーン系」
23
【STEP1】「UEFN」を入手しよう
24
フォートナイトとUEFNがv29.10にアップデート。プレイヤーのジャンプや射撃などの入力を無効化するオプションが追加
25
【STEP5-1】スタート時のカウントダウンを作る
26
「UEFN」って実際どうなの? 編集部が3時間で「みんなで遊べるアクションゲーム(?)」を作ってみた
27
【STEP4-2】リスポーンとチェックポイントの仕組みを作る
28
【STEP3】オリジナルのアスレチックコースを作ろう
29
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.9「建築物系」Part2
30
GDC 2024で行われた「State of Unreal」UEFN関連の発表内容まとめ。UEFNがMetaHumanを正式サポート
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

マーケットプレイス(Market Place)
マーケットプレイス
  1. インターネット上で売買を行う仕組みやウェブサイト自体を示す。
  2. Epic Games LauncherやアンリアルエンジンのWebサイトからアクセスできる、アンリアルエンジン用のオンラインストア。アセットやプラグインなどの販売・購入が可能。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!