Unityの新機能「Audio Random Container」紹介動画、ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンが公開。音量や音程などをランダム化し、効果音に自然なゆらぎを与える

2024.02.06
ニュースUnity
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン、2023.2 Tech Streamの新機能「Audio Random Container」の紹介動画を公開
  • 効果音の音量や音程、再生間隔にゆらぎを与え、より自然に聞こえるような設定が可能
  • ホラーゲームのようなサンプルを例に、足音や水滴の落ちる音を用いてARCを紹介している

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンは2024年2月5日(月)、YouTubeでUnity で効果音に自然な揺らぎを!Audio Random Container を使ってみよう!と題した動画を公開しました。

「Audio Random Container(以下、ARC)は2023.2 Tech Streamから新たに搭載された機能で、効果音にランダム要素を与え、繰り返し再生しても自然に聞こえるようにします。

公開された動画では、ホラーゲームを意識して作ったサンプルを用いて、足音用に4種類、水滴の落ちる音には1種類のAudioClipを使ってARCの機能を紹介しています。

動画の25秒時点から、ARCの未使用・使用時における比較が行われている

ARCは、AudioClipの再生順、Volume(音量)Pitch(音程)TimeのRandomization(間隔)などを設定することで、効果音の幅にゆらぎを与えます。

また、自動再生するサウンドの間隔は、再生開始のタイミングを基準とした「Pulse」と、再生終了のタイミングを基準とした「Offset」の2種類の設定から選択できるといった、ARCの基本的な使い方も紹介されています。

動画の2分2秒から、ARCの基本的な使い方について紹介されている

なお、動画内では、作成したARCは通常のAudioClip同様にAudio Sourceで扱えることも解説されています。

詳細は、動画をご確認ください。

YouTube動画『Unity で効果音に自然な揺らぎを!Audio Random Container を使ってみよう!』

関連記事

Unity Technologies、初心者から上級者まで幅広くカバーしたアニメーションの電子書籍を無料で公開。Blenderからのインポート、AIナビゲーションなど解説
2024.06.14
Unity 6からURPで正式導入される「RenderGraph」、サイバーエージェント「コアテク」が紹介記事を公開
2024.06.11
「シェーダー最適化入門」、サイバーエージェントのゲーム・エンタメ技術組織が新設ブログで公開
2024.06.10
業界のプロも薦めるゲームクリエイター向けの書籍28冊を一挙紹介!【プログラミングからプロデュースまで】
2024.06.04
Unity Technologies、データ指向プログラミングをサポートするUnityの新たなアーキテクチャ「DOTS」について解説した電子書籍を無料公開
2024.05.31
「Unity ゲーミングレポート 2024」、日本語版が無料公開。Unityで開発する約500万人のデータをもとに、AI活用など5つのトピックで動向をレポート
2024.05.30

注目記事ランキング

2024.06.08 - 2024.06.15
VIEW MORE

連載・特集ピックアップ

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

レベル(Level)
レベル
  1. ゲーム開発において、位置情報を持つオブジェクトが配置されている地形。
  2. RPGなどのゲームにおいて、キャラクターの成長度合いを示す数値。レベルアップなど。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!