2Dゲーム向けエンジン『GameMaker』がVersion 2023.11へアップデート。レイヤーに対するドロップシャドウフィルターや、テキストに適用したエフェクトのアニメーション化など

2023.12.22
ニュースお役立ち情報ツール紹介GameMaker
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!

この記事の3行まとめ

  • 『GameMaker』がVersion 2023.11へアップデート
  • レイヤーに新しいフィルター『Hard Drop Shadow』が追加
  • シーケンスエディタでテキストにエフェクトを適用し、アニメーション化できるように

YoYo Gamesは、2Dゲーム向けエンジン『GameMaker』のVersion 2023.11をリリースしました。

主なアップデート項目は以下の通りです。

  • NEW CHANGELOG SYSTEM
  • DROP SHADOW FILTER
  • SDF EFFECTS IN SEQUENCES
  • TYPED REFERENCES
  • GAME STRIPS
  • GENERAL GML CHANGES
  • LIVE WALLPAPER METRICS

NEW CHANGELOG SYSTEM

リリースノートGitHubマイルストーンに置き換えます。マイルストーンを使うことで、既知の問題の確認や新しいバグの報告、リリースされた変更の詳細を確認することができます。

また、マイルストーンのページ上部にあるShow Moreをクリックすると、GML言語の全ての変更を含むリリースの概要を確認できます。

画像は公式ブログより引用

DROP SHADOW FILTER

レイヤーに新しいフィルター『Hard Drop Shadow』が追加されました。

画像は公式ブログより引用

レイヤーを選択してインスペクターから適用することができます。

画像は公式ブログより引用

SDF EFFECTS IN SEQUENCES

Version 2023.8で導入されたテキスト用のエフェクトを、シーケンスエディタを用いてテキストに適用し、アニメーション化できるようになりました。現在利用可能なエフェクトはアウトライン/グロー/ドロップシャドウです。

画像は公式ブログより引用

機能を使うには、シーケンスに追加したテキストのフォントに対してSDFが有効になっている必要があります。

パラメーターリストからパラメータートラックを追加するか、トラックが選択された状態でインスペクターからエフェクトを変更します。

画像は公式ブログより引用

TYPED REFERENCES

Version 2023.8アセットdata structureに紐づけられるIDが型の情報を保持するようになりました。今回のバージョンから、以下のリソースも型の情報を保持するようになります。

  • Buffers
  • Vertex Buffers
  • Vertex Formats
  • Surfaces
  • Time Sources

そのほか、Opera GX ブラウザ用のGame Stripエクスポート、Windows用のGX Live Wallpapersを作成する際の継続的なメトリクス受信、実行時のパフォーマンス向上・テクスチャのコンパイル速度向上を含むGMLの変更などが行われています。

アップデートの詳細は、公式ブログまたはマイルストーンをご確認ください。

GameMaker Version 2023.11 機能紹介GameMaker-Feature-Requests 2023.11 Milestone

関連記事

忍者や騎士などのキャラクターに合う、レトロな効果音アセットが無料で公開中。2Dゲーム向けエンジン『GameMaker』公式サイトにて
2024.02.05
GameMakerでゲームを最適化するためのチュートリアルが公開。テクスチャをグループ化する方法や配列を初期化する際のTIPSなどジャンル別に解説
2024.01.26
ピクセルキャラクター4体のモーション付きアセットバンドルが『GameMaker』で新たに無料公開。以前のバンドルも無料で利用可能
2024.01.04
GameMakerが料金プランを変更、非営利目的では使用料が無料に。従来のクリエイター/インディープランはライセンス買い切りに変更
2023.11.22
「第2回GYAAR Studio インディーゲームコンテスト」の受賞15作品が発表。プラチナ賞は、悪徳商人からオタカラを盗むアイテム収集アクションゲーム『BANDIT KNIGHT』が受賞
2024.03.04
「シリアスゲーム」の成り立ちから開発方法、課題や展望まで事例を交えて解説。コロナ社がシリアスゲーム入門書籍を発売
2024.03.04

注目記事ランキング

2024.02.27 - 2024.03.05
1
『フォートナイト』で動く本格的なゲームが作れるツール「UEFN」とは?従来のクリエイティブモードから進化したポイントを一挙紹介!
2
【CHALLENGE1】「クリエイター ポータル」を使って、UEFNで作成した島を世界中に公開する
3
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
4
UEFNで使えるプログラミング言語「Verse」のノウハウが集結。『UEFN.Tokyo 勉強会 03 Verse Night』レポート
5
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧
6
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.1「アイテム系」
7
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.5「島の設定」
8
フォートナイトとUEFNがv28.30にアップデート。「NPCスポナー」が、スポーン・撃破時のエフェクトや移動速度のカスタマイズに対応
9
【STEP2】UEFNの基本的な使い方を覚えよう
10
【CHALLENGE2-1】フレンドと一緒にゲームを作ろう――UEFNプロジェクトをチームメンバーとリアルタイムで共同編集する
11
【STEP1】「UEFN」を入手しよう
12
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
13
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.4「ゲームシステム系」
14
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part1
15
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.2「ユーティリティ系」
16
フルカラー書籍「UEFN(Unreal Editor For Fortnite)でゲームづくりを始めよう!」、ついに本日発売!全国書店で好評発売中!
17
【CHALLENGE3】UEFNの機能「ランドスケープ」を使ってオリジナルの地形を作る
18
NIKEのAir Maxをテーマにしたフォートナイトの島『Airphoria』、制作に関するチュートリアルが公開
19
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part1
20
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part2
21
『フォートナイト』で建築ビジュアライゼーション!?UEFNでオリジナルの世界観をどう作り上げたか、その手法を解説【UNREAL FEST 2023 TOKYO】
22
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.3「プレイヤー系」
23
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.6「チーム・対戦系」Part1
24
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part2
25
フォートナイトとUEFNがv26.30にアップデート。ロビー画面が一新され、クリエイターが島ごとにロビー背景を自由にカスタムできるように
26
【STEP6-1】「オリジナルキャラクターを登場させよう」――Fabでアセットをダウンロードしよう
27
「UEFN」って実際どうなの? 編集部が3時間で「みんなで遊べるアクションゲーム(?)」を作ってみた
28
【STEP5-1】スタート時のカウントダウンを作る
29
【STEP4-1】コース外に出たらデスする仕組みを作る
30
【STEP4-2】リスポーンとチェックポイントの仕組みを作る
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

レンダリング(Rendering)
レンダリング コンピューターグラフィックスにおける、各種データ(3Dモデルなど)をプログラムを用いて計算し、画像として表示すること。レンダリングを行うプログラムをレンダラー(Renderer)と呼ぶ。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!