謎の施設から脱出するために協力するのは……100匹の動物!? アクションアドベンチャーゲーム『百獣エスケープ』【TGS2023】

2023.09.21
注目記事イベントレポート東京ゲームショウ2023
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!

2023年9月21日(木)から24日(日)の4日間、幕張メッセで開催されている『東京ゲームショウ 2023』。展示されたゲームの中から、今回は「woof」が開発するパズルアドベンチャーゲーム『百獣エスケープ』を紹介するとともに、同作品の開発者 せをはやみ氏に開発コンセプトやアイデアについてお聞きました。

TEXT /じく

目次

動物たちの能力を借りてギミックを突破するアクションアドベンチャー

『百獣エスケープ』はプレイヤーキャラクターである謎の施設に閉じ込められた少女を操作し、なぜか同じように閉じ込められている動物たちと協力して脱出を目指すアクションアドベンチャーです。

動物たちとの会話やマップ上のギミック、ミニゲームなどをクリアしてゲームを進めていきます。プレイ中はチュートリアル的に登場するミミズクが随時アドバイスをくれるので、「何をすればいいか分からない」ということもなく気軽に楽しくプレイできます。

動物たちに個性があり、選択肢も交えた掛け合いのような会話が楽しい

サイゆえに「賽は投げられた」などネタも豊富なミニゲームの数々

また、中には暴走してしまっている動物たちもおり、その場合はバケツ1杯の水をかぶせてあげれば正気に戻せる、などのゲーム性もあります。

なぜ動物? なぜ100匹? 開発者に聞く「百獣」である理由

本作を開発したのは、woofのせをはやみ氏。せをはやみ氏自身は個人のインディゲーム開発者で、本作をリリースする際に社員として所属するwoofがパブリッシャーとなったそうです。

開発環境はUnity・Maya・Blenderなどで、一部のアートワークを手伝ってもらった以外はほぼひとりで開発したとのことです。「100日で開発する」という企画上で開発され、まずはSteam・Google Play・App Storeでリリース、追ってNintendo Switch版のリリースとなりました。

なぜ動物たちを登場させたか伺ったところ、「お笑いや会話が好きなのですが、ゲーム上で人間が話すと生々しく感じることがあります。そういった人間的なセリフを動物が話すことで、それがシュールな笑いになっていくのです」と発想の原点を語ってくれました。

本当に100匹登場するのかについては、「つがい(ライオンのオスとメスなど)などのバリエーション違いも1匹とすれば100匹で、純粋な種類では70匹くらいです。開発期間100日で100匹を制作するのは大変で、アートワークの一部は手伝ってもらうこともありました」とのこと。

そして、”百獣”を扱うゲームを開発したせをはやみ氏に、自身は動物が好きなのか伺ったところ、「実は自分自身は動物が大好きというわけではありません。強いて言えば、二足歩行のペンギンが好きです」と笑って明かしてくれました。

“百獣”にふさわしく多くの種類の動物が登場する。なお壇上に立つのは、せをはやみ氏が「動物の中では好き」というペンギン

本作をプレイしていくと分かるのですが、動物たちを仲間にすると彼らは少女の後ろを付いてくるようになります。

実は一番気になっていたのが「もしかして100匹付いてくるの?」という点だったのですが、ブースに展示されていたPVで回答が出ました。

ガチで100匹が少女の後を付いてくる、大名行列ならぬ百獣行列!

この大胆さもおそらく計算済みで、お笑いが好きというせをはやみ氏ならではの発想でしょう。すでに各プラットフォームでリリース済みですので、TGS2023会場での試遊や、実際に購入してのプレイをおすすめします。

(2023/9/22追記)「SENSE OF WONDER NIGHT ポッキー賞」を受賞し、ブースにトロフィーも展示中!

公式サイト https://www.woof.tokyo/feature-game/
販売サイト(ストアページ) Steam https://store.steampowered.com/app/2172410/100animalease/

Google Play https://play.google.com/store/apps/details?id=com.woof.HundredAnimalsEscape

App Store https://apps.apple.com/us/app/100animalease/id1609541758

Nintendo Switch https://store-jp.nintendo.com/list/software/70010000066385.html

リリース時期 発売中
『百獣エスケープ』公式サイト東京ゲームショウ2023公式サイト
じく

ゲーム会社で16年間、マニュアル・コピー・シナリオとライター職を続けて現在フリーライターとして活動中。 ゲーム以外ではパチスロ・アニメ・麻雀などが好きで、パチスロでは他媒体でも記事を執筆しています。 SEO検定1級(全日本SEO協会)、日本語検定 準1級&2級(日本語検定委員会)、DTPエキスパート・マイスター(JAGAT)など。

関連記事

8年越しに完結するビジュアルノベル『世界滅亡共有幻想マミヤ』。コミケで出会ったパブリッシャーと二人三脚でリリースを目指す【TGS2023】
2023.10.06
実はFlashで作ってます。制作期間11年探索型・科学ADV『NONUPLE NINE: ASYMPTOTE』【TGS2023】
2023.10.04
推理を面白くする鍵は「70:30」。ヒントもログも一切なしの本格捜査『Scene Investigators』メイキング【TGS2023】
2023.09.29
昭和アニメとPC-9800シリーズへの愛が詰まったADV『機動戦艦ガンドッグ 太陽系物語』はイギリス産。開発者に制作秘話を聞いてきた【TGS2023】
2023.09.29
錬金術師シミュレーター『Alchemist: The Potion Monger』開発元のCEOにインタビュー。4回以上直したポーションづくりの変遷を聞く【TGS2023】
2023.09.28
学生の工夫とアイデアが幕張メッセに集結! ゲームアカデミーコーナーから3作品をピックアップ【TGS2023】
2023.09.26

注目記事ランキング

2023.11.26 - 2023.12.03
1
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
2
『フォートナイト』で動く本格的なゲームが作れるツール「UEFN」とは?従来のクリエイティブモードから進化したポイントを一挙紹介!
3
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧
4
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.1「アイテム系」
5
【CHALLENGE1】「クリエイター ポータル」を使って、UEFNで作成した島を世界中に公開する
6
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.5「島の設定」
7
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.4「ゲームシステム系」
8
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part1
9
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.2「ユーティリティ系」
10
【STEP2】UEFNの基本的な使い方を覚えよう
11
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part1
12
【CHALLENGE2-1】フレンドと一緒にゲームを作ろう――UEFNプロジェクトをチームメンバーとリアルタイムで共同編集する
13
フォートナイトとUEFNがv26.30にアップデート。ロビー画面が一新され、クリエイターが島ごとにロビー背景を自由にカスタムできるように
14
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part2
15
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.3「プレイヤー系」
16
フォートナイトとUEFNがv27.10にアップデート。プレイヤーに与える武器のマガジン内に入っている初期弾薬量を設定するオプションが追加
17
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.6「チーム・対戦系」Part1
18
『フォートナイト』で建築ビジュアライゼーション!?UEFNでオリジナルの世界観をどう作り上げたか、その手法を解説【UNREAL FEST 2023 TOKYO】
19
日産自動車、UEFNで作られたマップ『Electrify the World』を期間限定公開。EVコンセプトカーが登場する世界を楽しめる
20
【CHALLENGE3】UEFNの機能「ランドスケープ」を使ってオリジナルの地形を作る
21
【STEP4-2】リスポーンとチェックポイントの仕組みを作る
22
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part2
23
【フォートナイト クリエイティブ】ドリフトボードで駆け巡る!タイマー付きのレースゲームを作ってみよう
24
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
25
フォートナイト上にオリジナルゲームを開発・公開できるPC専用エディタ『Unreal Editor For Fortnite(UEFN)』、ついにリリース!
26
【STEP3】オリジナルのアスレチックコースを作ろう
27
「UEFN」って実際どうなの? 編集部が3時間で「みんなで遊べるアクションゲーム(?)」を作ってみた
28
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.8「ゾーン系」
29
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.9「建築物系」Part1
30
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.9「建築物系」Part2
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

リグ(Rig)
リグ 3Dモデルを動かす場合に、すべてのボーンを編集するのではなく、少ない編集箇所で直感的に動作などを付けるために作られたコントローラーやコントロールする仕組み。 またスケルトン自身をリグと呼ぶ場合もある。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!