Meta Questの次回アップデートv56にて、ハンドトラッキングが改善。速い動作に対する遅延が最大75%低減

2023.07.21
ニュースVR・AR・MR
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!

この記事の3行まとめ

  • Meta Quest『v56ソフトウェア・アップデート』更新内容が公開
  • ハンドトラッキング2.2導入により、遅延が大幅に低減
  • ライブキャプション機能やFacebookでのライブ配信機能が追加される

Metaは、Meta Questシリーズ向けに配信する「v56ソフトウェア・アップデート」の内容を発表しました。アップデートは2023年7月24日(月)(現地時間)より順次配信されます。

今回のアップデートでは、主にハンドトラッキングの改善、ライブキャプション機能やFacebookでのライブ配信機能の追加が行われています。

ハンドトラッキングの改善

「v56ソフトウェア・アップデート」より、ハンドトラッキング2.2が導入されます。これにより、通常で最大40%、速い動きでは最大75%、トラッキングの遅延が低減します。

これに伴い、新たなデモアプリ『Move Fast』がリリースされています。

『Move Fast』は、腕を激しく動かすフィットネス系アプリ

なお、ハンドトラッキング機能は、今秋発売予定の『Meta Quest 3』で更なる改善が施されるとのこと。

ライブキャプション機能

リアルタイムで音声に字幕をつける「ライブキャプション機能」が追加されます。アナウンス時点では「Meta Quest TV」、「発見」タブ、「Meta Questストア」でのみ利用でき、今後対応範囲を拡大していくとのこと。

なお、現在ライブキャプション機能は英語のみの対応となっています。

(画像は公式サイトより引用)

Facebookでのライブ配信機能

Meta QuestからFacebookでのライブ配信ができるようになりました。配信中にライブチャットを表示させることも可能です。

同機能は、FacebookアカウントをMetaアカウントと同じアカウントセンターに追加することで使用できます。ただし、まだ実験的に開始された段階であり、すべてのユーザーが利用できるわけではありません。

そのほか、今回のアップデートには、キーバインドの変更機能の追加や、充電時のソフトウェア自動アップデート、すべてのアプリでのローカルディミング(※)対応(Meta Quest Pro限定・試験的機能)などが含まれます。
※ 画面をいくつかの領域に分割し、各領域に映す画像の明るさに応じてバックライトの明るさを調節する機能。暗いシーンでのコントラストをはっきりさせる効果がある

アップデートの詳細は公式ブログおよびリリースノートをご確認ください。

Meta Quest v56ソフトウェア・アップデート|Meta 公式ブログMeta Quest リリースノート

関連記事

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン、Apple Vision Pro向けOS「visionOS」サポート開始を発表。有料プランユーザーがUnity 2022 LTS以降のバージョンで利用可能に
2024.02.02
「Apple Vision Proデベロッパの事例とQ&A」、Appleが公開。visionOSアプリの開発チームの紹介や、Q&Aページを集約
2024.01.31
「mocopi」のトークライブで、1月18日リリースのVer2.0.0の内容発表。VR機器併用時のトラッキング精度の改善や配信時などに適した上半身集中モードを実装予定
2024.01.15
スタンドアロンヘッドセットに最適化された『VIVEトラッカー(Ultimate)』発売。2台の広角カメラを搭載し、ベースステーションなしでのトラッキングを実現
2023.12.01
NianticのUnity向けAR開発ツール「Lightship ARDK」が3.0にアップデート。VPS導入により、現実で近くにいるプレイヤー同士によるマルチプレイに対応
2023.11.03
MR機能を強化したヘッドセット「Meta Quest 3」が10/10に発売。12月には「Xbox Cloud Gaming」への対応も
2023.09.28

注目記事ランキング

2024.02.27 - 2024.03.05
1
『フォートナイト』で動く本格的なゲームが作れるツール「UEFN」とは?従来のクリエイティブモードから進化したポイントを一挙紹介!
2
【CHALLENGE1】「クリエイター ポータル」を使って、UEFNで作成した島を世界中に公開する
3
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
4
UEFNで使えるプログラミング言語「Verse」のノウハウが集結。『UEFN.Tokyo 勉強会 03 Verse Night』レポート
5
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧
6
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.1「アイテム系」
7
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.5「島の設定」
8
フォートナイトとUEFNがv28.30にアップデート。「NPCスポナー」が、スポーン・撃破時のエフェクトや移動速度のカスタマイズに対応
9
【STEP2】UEFNの基本的な使い方を覚えよう
10
【CHALLENGE2-1】フレンドと一緒にゲームを作ろう――UEFNプロジェクトをチームメンバーとリアルタイムで共同編集する
11
【STEP1】「UEFN」を入手しよう
12
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
13
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.4「ゲームシステム系」
14
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part1
15
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.2「ユーティリティ系」
16
フルカラー書籍「UEFN(Unreal Editor For Fortnite)でゲームづくりを始めよう!」、ついに本日発売!全国書店で好評発売中!
17
【CHALLENGE3】UEFNの機能「ランドスケープ」を使ってオリジナルの地形を作る
18
NIKEのAir Maxをテーマにしたフォートナイトの島『Airphoria』、制作に関するチュートリアルが公開
19
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part1
20
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part2
21
『フォートナイト』で建築ビジュアライゼーション!?UEFNでオリジナルの世界観をどう作り上げたか、その手法を解説【UNREAL FEST 2023 TOKYO】
22
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.6「チーム・対戦系」Part1
23
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.3「プレイヤー系」
24
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part2
25
フォートナイトとUEFNがv26.30にアップデート。ロビー画面が一新され、クリエイターが島ごとにロビー背景を自由にカスタムできるように
26
【STEP6-1】「オリジナルキャラクターを登場させよう」――Fabでアセットをダウンロードしよう
27
「UEFN」って実際どうなの? 編集部が3時間で「みんなで遊べるアクションゲーム(?)」を作ってみた
28
【STEP4-2】リスポーンとチェックポイントの仕組みを作る
29
【STEP5-1】スタート時のカウントダウンを作る
30
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.6「チーム・対戦系」Part2
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

レンダリング(Rendering)
レンダリング コンピューターグラフィックスにおける、各種データ(3Dモデルなど)をプログラムを用いて計算し、画像として表示すること。レンダリングを行うプログラムをレンダラー(Renderer)と呼ぶ。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!