PLATEAU、LearningページにBlenderでの活用方法を示したチュートリアル記事を公開。3D都市モデルの読み込み方や編集方法を紹介

2023.02.03
ニュースBlender
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!

この記事の3行まとめ

  • PLATEAU、LearningページにBlenderでの活用方法を示したチュートリアル記事を公開
  • BlenderでPLATEAUの3D都市モデルを読み込む方法、オブジェクトの編集・エクスポートなどについて紹介
  • 応用例としてBlender上でGIS情報を重ねる例も公開

2023年2月3日、PLATEAUはLearningページのTOPIC 8として3D都市モデルをBlenderで活用するチュートリアル記事を公開しました。『TOPIC 8|Blenderで活用する[1/2]|3D都市モデルのBlenderでの読み込み方』と『TOPIC 8|Blenderで活用する[2/2]|Blenderでの3D都市モデルの編集とエクスポート』の2記事を公開しています。

今回公開された記事では、BlenderPLATEAUの3D都市モデルを扱う方法について説明しています。

パート1では、Blenderのインストール方法や3D都市モデルをBlenderに読み込む方法などが紹介されています。

OBJファイルをBlenderにインポートする方法やインポート後の視点調整方法も解説(画像は『TOPIC 8|Blenderで活用する[1/2]|3D都市モデルのBlenderでの読み込み方』より引用)

パート2ではインポートした3Dオブジェクトの編集方法とゲームエンジンにエクスポートする方法などが紹介されています。

データを軽量化する方法やゲームエンジン毎の軸の向きについても触れられている(画像は『TOPIC 8|Blenderで活用する[2/2]|Blenderでの3D都市モデルの編集とエクスポートより引用)

TOPIC 8|Blenderで活用する[2/2]|Blenderでの3D都市モデルの編集とエクスポート』の記事では、応用例としてBlender上でGIS(※)情報を重ねる例を公開しています。GISデータのダウンロード、Blenderに読み込む手順が解説されており、MIERUNE 西尾悟氏によるBlenderのハンズオンのアーカイブ動画などの参考情報も紹介しています。

※ Geographic Information System。地理情報をコンピューター上に取り組み、地図等に可視化することで分析や管理を可能にする技術

詳細は『TOPIC 8|Blenderで活用する[1/2]|3D都市モデルのBlenderでの読み込み方』、『TOPIC 8|Blenderで活用する[2/2]|Blenderでの3D都市モデルの編集とエクスポート』を参照してください。

PLATEAU Learningページ『TOPIC 8|Blenderで活用する[1/2]|3D都市モデルのBlenderでの読み込み方』PLATEAU Learningページ『TOPIC 8|Blenderで活用する[2/2]|Blenderでの3D都市モデルの編集とエクスポート』

関連記事

セル画調・イラスト調にレンダリングするBlender用アドオン「PSOFT Pencil+ 4 Material for Blender」、ピー・ソフトハウスが発売
2024.02.27
『Blenderジオメトリノードではじめるプロシージャルモデリング』が2023年12月下旬にボーンデジタルより発売
2023.11.23
Wonder Studio、「Maya」「Blender」向けの新たなアドオンを導入。3Dモデルデータの互換性をローカル環境で検証
2023.11.17
Blender 4.0がリリース。ライトを当てるオブジェクトを選択できる「Light Linking」や、ジオメトリノードを使ってオリジナルツールを作れる「Node Tools」が導入
2023.11.15
「Blender」、最新の長期サポート版「Blender 3.6 LTS」がリリース。ジオメトリノードにシミュレーション機能が実装され、より複雑な表現が可能に
2023.06.28
KitBash3Dが3Dアセット管理ツール「Cargo」をリリース。10,000種類以上のアセットを1クリックでインポートできる
2023.05.18

注目記事ランキング

2024.02.26 - 2024.03.04
1
『フォートナイト』で動く本格的なゲームが作れるツール「UEFN」とは?従来のクリエイティブモードから進化したポイントを一挙紹介!
2
【CHALLENGE1】「クリエイター ポータル」を使って、UEFNで作成した島を世界中に公開する
3
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
4
UEFNで使えるプログラミング言語「Verse」のノウハウが集結。『UEFN.Tokyo 勉強会 03 Verse Night』レポート
5
フォートナイトとUEFNがv28.30にアップデート。「NPCスポナー」が、スポーン・撃破時のエフェクトや移動速度のカスタマイズに対応
6
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧
7
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.1「アイテム系」
8
【STEP2】UEFNの基本的な使い方を覚えよう
9
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.5「島の設定」
10
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part1
11
【CHALLENGE2-1】フレンドと一緒にゲームを作ろう――UEFNプロジェクトをチームメンバーとリアルタイムで共同編集する
12
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
13
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.4「ゲームシステム系」
14
【STEP1】「UEFN」を入手しよう
15
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.2「ユーティリティ系」
16
NIKEのAir Maxをテーマにしたフォートナイトの島『Airphoria』、制作に関するチュートリアルが公開
17
フルカラー書籍「UEFN(Unreal Editor For Fortnite)でゲームづくりを始めよう!」、ついに本日発売!全国書店で好評発売中!
18
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part1
19
【CHALLENGE3】UEFNの機能「ランドスケープ」を使ってオリジナルの地形を作る
20
『フォートナイト』で建築ビジュアライゼーション!?UEFNでオリジナルの世界観をどう作り上げたか、その手法を解説【UNREAL FEST 2023 TOKYO】
21
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part2
22
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.3「プレイヤー系」
23
【STEP6-1】「オリジナルキャラクターを登場させよう」――Fabでアセットをダウンロードしよう
24
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.6「チーム・対戦系」Part1
25
フォートナイトとUEFNがv26.30にアップデート。ロビー画面が一新され、クリエイターが島ごとにロビー背景を自由にカスタムできるように
26
「UEFN」って実際どうなの? 編集部が3時間で「みんなで遊べるアクションゲーム(?)」を作ってみた
27
【STEP5-1】スタート時のカウントダウンを作る
28
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part2
29
【STEP4-1】コース外に出たらデスする仕組みを作る
30
【STEP4-2】リスポーンとチェックポイントの仕組みを作る
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

ローパスフィルター(Low-Path Filter)
ローパスフィルター
  1. 電気信号のうち、指定した周波数(カットオフ周波数)以下の信号を通し、それより上を大きく低減させるフィルター。
  2. ゲーム開発において、基本的にはサウンド用語として用いられる。例として、特定のセリフをローパスフィルターによってくぐもった音に加工することで、隣の部屋や遮蔽物の後ろで話しているかのような表現を行うことができる。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!