『Unreal Engine 5.1 Preview 1』がリリース。Lumen、Nanite、VSMなど多数の項目を更新

2022.10.07
ニュースアンリアルエンジン
この記事をシェア!
Twitter Facebook LINE B!
Twitter Facebook LINE B!

この記事の3行まとめ

  • Unreal Engine 5.1がプレビューリリース
  • Lumen、Nanite、VSMなどのパフォーマンスが向上、World Partitionに新機能が追加
  • VRのNaniteとLumenへの対応、リボンエミッターのGPU対応なども行われている

2022年10月6日、Unreal Engine 5.1 Preview 1がリリースされました。

今回のPreview 1ではLumenNanite仮想シャドウマップ(VSM)のパフォーマンスの向上やWorld Partitionに新機能が複数追加、インカメラVFXのパフォーマンスや操作性などの改善が発表されています。

また、Enhanced Inputプラグインが正式版となりました。Unreal Engine 5.1パブリックロードマップに沿ってテンプレートにおける入力関連がEnhanced Inputによるものに切り替わるNiagaraリボンエミッターのGPU対応アウトライナーの表示などの改善VRのLumenとNaniteへの対応などが更新されている模様です。

新しいサードパーソンプレイヤーのプループリントノード。Enhanced Inputによる制御により、スマートさが増した

NiagaraのリボンエミッターもGPUに対応。上の画像のSpawn Rateは100,000ほど

VRのLumenによるリアルタイムグローバルイルミネーション・反射の様子

Unreal Engine 5.1パブリックロードマップについてはこちらの記事もご確認ください。

関連記事
Unreal Engine 5.1のロードマップが公開。多数の機能の機能改善、パフォーマンス最適化に加え複数の新機能が追加予定
2022.08.18
『Unreal Engine 5.1 Preview 1』リリースアナウンス『Unreal Engine 5.1』パブリックロードマップ

関連記事

Unreal Engine 5.4.3がリリース。Mac向けにパッケージ化する際に起こるエラーの修正や、BaseDeviceProfiles.iniの2024年発売のiPadへの対応など
2024.07.17
50代からゲーム開発を始めた第21回UE5ぷちコン最優秀賞作『ヘコむス』開発者インタビュー。約40年前の「床をヘコませてボールを転がす」アイデアをUEで実現!
2024.07.16
エピック ゲームズ ジャパンによる講演も行われた「第2回 Unreal Engine KYUSHU LT会 in 鹿児島」、アーカイブ動画および一部のスライド資料が公開
2024.07.11
ゲーム開発者必見のカンファレンス10選【GDC・CEDEC・Unreal Fest・U/Dayなど】
2024.07.11
「Unreal Engine」2024年7月の無料マーケットプレイスコンテンツが公開!何千ものポーンを制御するプラグインや、スタイライズされた環境アセットのバンドルなど
2024.07.03
クロスシミュレーションツール「Marvelous Designer」が1年間無料で使用可能。Epic Games、UEFNクリエイターに向けてライセンスを期間限定で提供中
2024.06.25

注目記事ランキング

2024.07.10 - 2024.07.17
VIEW MORE

連載・特集ピックアップ

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

ラグドール(Rag Doll)
ラグドール ぬいぐるみを意味する英語。 ゲームにおける、キャラクターの全身が脱力したかのような挙動を行う物理シミュレーション。ラグドール物理。 例えば、上空からの落下やキャラクターが死亡した際に用いられる。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!