Intel初のAI専用プロセッサを備える「Core Ultra」搭載のAlienware最新ノートPC2機種が発表。新製品発表会で実物に触れてきた

2024.02.28
注目記事周辺機器・ハードウェアキーボード
この記事をシェア!
twitter facebook line B!
twitter facebook line B!

デル・テクノロジーズは2024年2月27日、東京・KITTE(JPタワー)の1階にあるアトリウムにて、「Inspiron & Alienware 新製品発表会」を開催した。本稿ではAlienwareシリーズのゲーミングノートPCを中心に、キーボードやマウスなども併せて紹介しよう。

TEXT / 松井 ムネタツ
EDIT / 神谷 優斗

目次

AlienwareハイパフォーマンスのゲーミングPCブランドで、1996年の創業時から2006年にデル傘下に入ってからも、ずっと最高級のゲーミングPCを作り続けている。ゆえに価格帯は少し高めだが、日本トップYouTuberのヒカキン氏が愛用するPCとしても有名で、世界中に多くのファンがいる(筆者のPCもAlienware)。

発表会の前半はInspironシリーズの説明。AI機能の「Copilotキー」が搭載

後半はAlienware新製品の説明に

今回発表されたAlienwareのゲーミングノートPCは、「New Alienware m16 R2」と「New Alienware x16 R2」の2機種。いずれも3月上旬発売予定となっている。

New Alienware m16 R2

New Alienware x16 R2

Alienware新製品説明コーナーでは、まず日本のゲームユーザー別マーケット規模の説明があった。角川アスキー総合研究所の調査によると、2022年の日本国内ゲーム人口は5,400万人で、そのうちPCゲームユーザーは1,406万人ほどだそう。PCで遊んでいる世代も幅広く、またゲーム以外にさまざまなクリエイティブな活用をしている人も多い。

日本のゲーマー人口は5,400万人(発表会時のスライドより)

そんな説明があったうえで、2つの新製品紹介に移った。

New Alienware m16 R2は初めてゲーミングPCを買う人向け

New Alienware m16 R2(以下、m16 R2)は、カジュアルゲーマーで「ちょっと本格的なゲーミングPCを体験してみたい」人に向けた、1年前の2023年3月に発売されたAlienware m16 R1(以下、m16 R1)の後継機だ。デザインも含め、変更点が多いモデルとなっている。

前世代と比べてパワーアップした箇所には、以下が挙げられる。

(1)CPUがCore iシリーズからCore Ultraシリーズに変更
(2)エアフロー効率が43%向上
(3)奥行きが14%縮小
(4)パームレストとタッチパッドがサイズアップ

(1)については、Intelが昨年末に発表した最新CPUのCore Ultraを搭載。この時期に発売されるゲーミングPCであれば当然の仕様だろう。

(2)と(3)については、基板設計から見直された。その結果、本体内のエアフローが改善されて冷却性能が向上。さらには本体奥行きが14%(約4cm)ほど縮まりポータビリティが向上した。

そうした設計見直しによって、(4)パームレスト部分とタッチパッドが広くなり、より快適に操作できるようになった。

本機から搭載される「ステルスモード」は、F2キーを押すことで「ゲーミング」と「ビジネス」、ふたつのモードを瞬時に切り替えられるというもの。

ゲーミングモードでは、ハイパフォーマンスでAlienFX RGBライトもハデに点灯する。ビジネスモードへと切り替えると、CPUパワーなどパフォーマンスを下げて静音になり、ライティングも白のバックライトのみと落ち着いた外観になる。

仕事と遊びのオンオフを見た目にすぐ切り替えて使いたい……なんてときにはいいかもしれない。

搭載されているモニタは、QHD+2,560×1,600)でリフレッシュレート240Hz100% sRGBDolby Vision™対応と申し分なし。SSD搭載容量は最大8TBとなり、順当にアップデートしている。

前世代からパワーダウンした箇所があるとすれば、m16 R1では搭載可能なGPUがNVIDIA GeForce RTX 4060 8GBから4090 16GBまでだったのに対し、m16 R2はNVIDIA GeForce RTX 4050 6GBから4070 8GBになった点だろう。本体サイズが小さくなったことで発生する熱を少しでも抑えるべく、搭載できるGPUのランクを少し下げたようだ。ターゲットを「カジュアルゲーマー向け」としていることも関係しているのだろう。

ハニカムデザインの吸気口。裏側の吸気口は、左右からの排熱を吸い込まないよう工夫が施されている

RJ-45イーサネット ポート(2.5 Gbps)とヘッドセット ジャック

MicroSDカード スロットとUSB 3.2 Gen 1 Type-A(5Gbps)のポートが2つ

Type-C(Thunderbolt 4.0、USB 3.2 Gen 2、DisplayPort 1.4、15W(3A/5V) Power Delivery対応)、Type-C(USB 3.2 Gen 2、DisplayPort 1.4)と、HDMI 2.1出力ポート、電源ポート

m16 R2(左)とm16 R1(右)の比較。R2では後ろの出っ張り部分約4センチがなくなっている

Alienware最高峰のNew Alienware x16 R2

もうひとつの新製品、New Alienware x16 R2(以下、x16 R2)は、AlienwareのゲーミングノートPCの最上位機種「Alienware x」シリーズの最新モデル。前世代からCPUがCore Ultraになった部分はm16 R2と同様だ。

Alienwareは、ゲーミングノートPC最高峰のパフォーマンスを目指すべく、とにかく冷却に力を入れている。CPUやGPUが発熱してしまうのはしょうがないのだが、これを十分に冷やす機能が備わっていないと性能をフルに発揮できない。たとえRTX 4090を積んでいたとしても、冷却機構が中途半端だと宝の持ち腐れになってしまう。

x16 R2では、レーザー溶接されたフラット エンド ヒートパイプにより冷却機構がさらに効率化され、ゲーミングパフォーマンスの向上に成功。本来のハードウェア性能を存分に味わいたいなら、こうした冷却のこだわりこそが大事となってくるはずだ。

モニターは、m16 R2と比較してDCI-P3を100%カバーしている点に優位性がある。サウンドについては、前世代のx16 R1から引き続き6つのスピーカーが搭載されてDolby Atoms対応といった贅沢な作り。これも最高峰を謳っているからこそのこだわりと言える。

上のハニカムデザイン部分は吸気口。サイドにあるスリットはスピーカー。手前部分も含めて全部で6つのスピーカーが搭載されている

m16と比べて裏側の吸気口は広くとられており、全体の半分近くを占める

排気口。ここから出た空気を裏側の吸気口から吸い込まない設計になっている

MicroSDカード スロット、Type-C(Thunderbolt™ 4.0、USB4、15W(3A/5V)Power Delivery対応、DisplayPort 1.4)、Type-C(USB 3.2 Gen2、15W(3A/5V)Power Delivery対応、DisplayPort 1.4)、HDMI 2.1出力ポート、USB 3.2 Gen 1 Type-A(5Gbps)が2つ、Mini DisplayPort 1.4出力ポート、電源ポート、ヘッドセット ジャック

モニター、キーボード、マウスにもAlienwareらしさあり

この日の発表会で紹介されたモニターやキーボード、マウスについても触れていこう。

まずはゲーミングモニター2機種。いずれも2024年2月6日発売の新製品だ。「AW3225QF」は31.5インチの4K(3,840×2,160) QD-OLEDで、1700Rの湾曲スクリーン。最大240Hzのリフレッシュレート、0.03ミリ秒の応答速度、現世代の家庭用ゲーム機にも対応と、至れり尽くせり。

31.5インチのAW3225QF

27インチのゲーミングモニター「AW2725DF」は、QHD(2,560×1,440)のQD-OLEDで最大360Hzのリフレッシュレート。応答速度はAW3225QFと同様で0.03ミリ秒と、こちらも高性能な一品だ。

27インチのAW2725DF

関連記事
量子ドット有機ELパネルを搭載。Alienwareブランドのゲーミングモニター「AW3225QF」「AW2725DF」が発売
2024.02.08

2024年2月27日に発売となった「Alienware Pro ワイヤレス ゲーミング キーボード」は、新しいAlienware リニア メカニカル スイッチを採用した、プロ仕様のキーボード。Alienwareがサポートしているプロゲーミングチーム「Team Liquid」からフィードバックを受けて開発された。

キースイッチが交換可能で、自分好みのタッチに変更できるのは嬉しいポイント。接続方法は2.4GHzワイヤレスとBluetooth、有線(USB-C)が用意されており、無線では72時間のバッテリー駆動が可能だ(RGBオフなら798時間)。

キー配列は英語版のみ

裏側にはBluetooth接続先の切り替えスイッチがある

自分好みのキースイッチに変更可能。キートップやキースイッチの引抜工具も付属している

同じく2月27日発売の「Alienware Pro ワイヤレス ゲーミング マウス」は、バッテリー込みで60g未満の超軽量タイプ。実際に触って持ち上げてみたが、バッテリー搭載型とは思えないほどの軽さでビックリ。

こちらもTeam Liquid監修のもと、勝つためのゲーミングマウスとして開発され、ワイヤレスなら0.25ミリ秒、有線なら0.125ミリ秒のレスポンスタイムを実現している。

左サイドにボタンが2つ

バッテリーは4KHzで最大32時間、1KHzなら120時間連続使用可能。5分ほど充電すれば、1KHzで6時間のプレイができる

持った印象としてはとにかく軽い。クリックスイッチはAlienware独自の光学スイッチ付き磁気浮上式キープレートを使用

本稿で紹介した商品および価格は以下の通り。

New Alienware m16 R2:3月上旬発売予定:価格未定

New Alienware x16 R2:3月上旬発売予定:価格未定

AW3225QF:発売中(2月6日発売):159,800円(税込み)

AW2725DF:発売中(2月6日発売):119,800円(税込み)

Alienware Pro ワイヤレス ゲーミング キーボード:発売中(2月27日発売):26,980 円(税込み)

Alienware Pro ワイヤレス ゲーミング マウス:発売中(2月27日発売):19,880 円(税込み)

なお、この発表会が行われたKITTEのアトリウム(1階)では、2月22日より3月7日までデル・テクノロジーズ ポップアップストアがオープン。AlienwareのゲーミングPCやキーボード、マウス、モニターはもちろん、XPSやInspironなどデルのPCを体験できる場所となっている。オープン時間は11時から20時まで。

「New Alienware m16 R2」ストアページ「New Alienware x16 R2」ストアページ
松井 ムネタツ

パソコンゲーム雑誌、アーケードゲーム雑誌、家庭用ゲーム雑誌を渡り歩き、現在はフリーのゲーム系編集/ライター。マイベストゲームは『ウィザードリィ 狂王の試練場』で、最近だと『Forza Horizon』シリーズに大ハマリ。メインPCはAlienware Aurora。セガ・レトロゲーム系メディア「Beep21」副編集長をやりつつ、ボードゲームメディア「BROAD」編集長も兼任。

「BROAD」Webサイト

関連記事

ASUS、メカニカルキーボード『ROG Falchion RX Low Profile』を3/8(金)発売。ロープロファイルで65%レイアウト、3種類の接続方法に対応
2024.03.05
CORSAIRの75%メカニカルキーボード「K65 PLUS WIRELESS JP」、2/29(木)発売。2.4GHzワイヤレス接続対応、最大266時間の連続駆動が可能
2024.02.26
タイピング日本一を決める大会「REALFORCE TYPING CHAMPIONSHIP 2024」、東プレが開催
2024.02.05
DAC・ヘッドホンアンプを搭載した“HiFiミュージックメカニカルキーボード”「KB3 HiFi USB」、2/2(金)に発売
2024.01.30
ウルトラロープロファイルスイッチを採用した薄型・軽量の65%メカニカルキーボード「Mistel AIRONE」、予約販売開始
2023.12.14
「ラピッドトリガー」モードも搭載。光学式スイッチ採用のキーボード「Razer Huntsman V3 Pro」シリーズ3製品の予約を開始
2023.11.02

注目記事ランキング

2024.04.09 - 2024.04.16
1
フォートナイトとUEFNがv29.20にアップデート。見下ろし視点でもプレイヤーキャラクターの向きを操作できるようになった
2
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧
3
『フォートナイト』で動く本格的なゲームが作れるツール「UEFN」とは?従来のクリエイティブモードから進化したポイントを一挙紹介!
4
【CHALLENGE1】「クリエイター ポータル」を使って、UEFNで作成した島を世界中に公開する
5
【2022年5月版】今から始めるフォートナイトの「クリエイティブ」モードープレイ開始から基本的な操作方法まで解説
6
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.1「アイテム系」
7
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.5「島の設定」
8
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part1
9
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.2「ユーティリティ系」
10
『フォートナイト』で建築ビジュアライゼーション!?UEFNでオリジナルの世界観をどう作り上げたか、その手法を解説【UNREAL FEST 2023 TOKYO】
11
【CHALLENGE3】UEFNの機能「ランドスケープ」を使ってオリジナルの地形を作る
12
【CHALLENGE2-1】フレンドと一緒にゲームを作ろう――UEFNプロジェクトをチームメンバーとリアルタイムで共同編集する
13
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.7「NPC系」Part2
14
UEFNで使えるプログラミング言語「Verse」のノウハウが集結。『UEFN.Tokyo 勉強会 03 Verse Night』レポート
15
【STEP2】UEFNの基本的な使い方を覚えよう
16
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.6「チーム・対戦系」Part1
17
まるで『マイクラ』?ボクセル地形を生み出す無料アセット「VoxelPlugin Free」で”地形を掘ったり積み重ねたり”して遊んでみよう
18
フルカラー書籍「UEFN(Unreal Editor For Fortnite)でゲームづくりを始めよう!」、ついに本日発売!全国書店で好評発売中!
19
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.10「UI系」Part1
20
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.4「ゲームシステム系」
21
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.3「プレイヤー系」
22
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.8「ゾーン系」
23
フォートナイトとUEFNがv29.10にアップデート。プレイヤーのジャンプや射撃などの入力を無効化するオプションが追加
24
【STEP1】「UEFN」を入手しよう
25
【STEP5-1】スタート時のカウントダウンを作る
26
「UEFN」って実際どうなの? 編集部が3時間で「みんなで遊べるアクションゲーム(?)」を作ってみた
27
【STEP3】オリジナルのアスレチックコースを作ろう
28
【STEP4-2】リスポーンとチェックポイントの仕組みを作る
29
フォートナイト クリエイティブとUEFNで使える仕掛け一覧 Vol.9「建築物系」Part2
30
GDC 2024で行われた「State of Unreal」UEFN関連の発表内容まとめ。UEFNがMetaHumanを正式サポート
VIEW MORE

イベントカレンダー

VIEW MORE

今日の用語

マーケットプレイス(Market Place)
マーケットプレイス
  1. インターネット上で売買を行う仕組みやウェブサイト自体を示す。
  2. Epic Games LauncherやアンリアルエンジンのWebサイトからアクセスできる、アンリアルエンジン用のオンラインストア。アセットやプラグインなどの販売・購入が可能。
VIEW MORE

Twitterで最新情報を
チェック!